CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「よなかの散歩」角田光代 | main | メグ・ライアンの 男と女の取扱説明書 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カールじいさんの空飛ぶ家
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
(2010-04-21)

JUGEMテーマ:映画


原題: UP
製作年度: 2009年
監督: ピート・ドクター
上映時間: 103分

カール・フレドリクセンは78歳のおじいさん。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった家で、一人きりで暮らしていた。ある日、カールはトラブルを起こし、老人ホームに強制収容されることに。その時、彼はエリーとの「いつか南米を冒険しよう」という約束を果たすため、人生最初で最後の冒険の旅に出ることを決意する。そして、大切な我が家に無数の風船をつけて、家ごと旅立った。目指すは南米の秘境、伝説の場所、パラダイスの滝!苦々しいこれまでの生活からようやく離れられ、久しぶりに穏やかな表情を取り戻したカールだったが、空を飛んでいる家の外からドアをノックする音が。空けてみるとそこには「お年寄りお手伝いバッジ」を手に入れて自然探検隊員のランクアップを目指す少年ラッセルがいた。やっかいなことになった、と思いながらも、カールはパラダイスの滝を目指す。思いもよらぬ運命が待ち続けているとも知らずに・・・。
子供だったカールがその後妻になるエリーと出会ってから現在に至るまでの思い出のシーンがすごく良かった。こんな風にお互いを想いあえたらいいなぁ。

空に飛び立ち、思いがけずついてきてしまった少年ラッセル。妻との約束を実行するために頑張っているカールじいさんの邪魔ばかりするラッセルに最初はイラつきました。が、次第にラッセルとのドジが微笑ましく感じ、2人のやり取りが楽しく思えてきたから不思議。杖を突いてヨボヨボあるいていたカールじいさんが、後半気がついたらすごく元気なおじいさんになっていて、笑っちゃいました。

| 見る:洋画(か行) | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:51 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2443
トラックバック