CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 4月に読んだ本、観た映画 | main | 「よなかの散歩」角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「麒麟の翼」東野圭吾
JUGEMテーマ:読書


寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

あぁ、またやってしまいました。加賀さんが出てくる小説を読むたびに「最初から読まなきゃ」って思うのに、一番最初は「卒業」だって知っているのに、ついつい新刊を手にしてしまうんです。これで3冊読んだかな。どれも読んだ後に加賀さんって本当に素敵だなって思うんです。

高速道路の下にある石造りの美しい橋「日本橋」ある晩、フラフラと歩いていた男がその日本橋の二体の麒麟像の台座にもたれて動かなくなった。胸にナイフが突き刺さっていたのだ。男は病院に運ばれたが助からなかった。
その後、現場付近でパトロールをしていた警官を振り切って逃げた若い男が車にはねられこん睡状態に。その男は被害者の財布と書類鞄を持っていた。捜査の過程で次第に明らかになる被害者と容疑者の関係。事件はこのまま決着するかに見えた。だが、なぜ被害者は交番の前を通りながら、助けを求める事無く日本橋まで行ったのか?
被害者青柳の家族はなぜ青柳が日本橋にいたのかわからないという。遺留品の眼鏡ケースに目をつけた加賀刑事。それは「甘酒横町」にある手作り工芸品の店で扱っている品だった。青柳はどうやら日本橋界隈を歩き回っていたらしい。事件当日は誰かと喫茶店にいた事も確認できた。

一方、車にはねられた男・八島は青柳が勤める会社で半年前まで働いていたが派遣期間が終了し、現在は無職。同性している女性によると、その日は仕事の面接があるといって出かけて行ったらしい。

八島は青柳が勤める会社の工場で働いていた時に怪我をしたが、労災隠しのために不当に解雇されたのでは?その事を恨んで青柳を刺したのでは?というのが警察の見解。一度、そういうストーリーが出来上がったら、その物語を完璧なものにする為の証拠探しやアリバイ探しをする警察。

だけど加賀刑事は違うんです。労災隠しのために刺されたのか?という青柳の妻の質問に「労災隠しは犯罪です。…しかし、殺されてもいい人間なんて、この世には一人もいません」って言うのです。たくさん歩いて、たくさん話を聞いて、そして何が真実なのかを突き止める加賀刑事。本当に素敵です。

加賀と一緒に調べる捜査一課の松宮。この人はたしか加賀の親戚で「赤い指」にも出ていました。あの時、加賀のお父さんが亡くなったんですよね。
| 本:は行(東野圭吾) | 21:58 | comments(6) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 21:58 | - | - |
コメント
ななさん、こんにちは。
以前別の記事でトラックバックをさせていただきました。

僕も加賀恭一郎が大好きで、「麒麟の翼」もとても面白かったと思います。
加賀の行動力、信念、慧眼、どれをとっても素晴らしいですね。松宮も今回は成長したなぁと思いました。

ななさんのブログにはちょくちょくお邪魔させていただいています。
東野さん以外にも、海堂尊さんや伊坂幸太郎さんが好きなので、
楽しく読ませていただいております。

それではまた遊びに来ます。
今後ともよろしくお願いします。
| RYOJI | 2011/05/19 2:48 PM |
RYOJIさん、こんばんは。

加賀さん、いいですよね。
まだ数冊しか読んでいませんが、人情深いと思います。

こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願いします。
| なな | 2011/05/19 11:03 PM |
加賀シリーズを読まれていたら「卒業」を読んだら驚くと思います^^;加賀さんが別人のようですもん・・・。人的に。でも面白いのでぜひとも読んでみてください〜。
私は先に「眠りの森」を読んでから「卒業」を読みました^^;

加賀刑事の粘りある捜査が本当に功を奏しましたよね。
他の刑事たちとは全く違う観点を持っているのがやっぱり凄いと思います。
死んでしまった人は帰ってこないけど、被害者と加害者の家族は少しだけでも救われたと思います。
| 苗坊 | 2011/05/22 12:47 PM |
苗坊さん、おはようございます。
「卒業」読んだら驚くんですね。
それは楽しみ(笑)

他の刑事とは違う視点の加賀刑事、好きです。
| なな | 2011/05/24 8:34 AM |
ななさん、こんばんは。
そういえば松宮刑事は『赤い指』から登場したんですね。
ドラマ『新参者』に登場していたので、そこが初登場かと勘違いしていました。
加賀刑事、素敵ですよね。
私もファンです。
他のシリーズを読むと、元教師だったり、恋をしていたりと、いろいろな秘密がわかって楽しいですよ(^^
| ia. | 2011/06/25 12:47 AM |
ia.さん、おはようございます。

加賀刑事、元教師だったり?!恋をしていたり?!
うわ〜やっぱり最初から読まなきゃです。
| なな | 2011/06/26 8:56 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2441
トラックバック
東野圭吾『麒麟の翼』
東野圭吾『麒麟の翼』(講談社) 加賀恭一郎シリーズ
| itchy1976の日記 | 2011/05/09 7:04 PM |
麒麟の翼
東野圭吾著、加賀恭一郎シリーズ第9弾「麒麟の翼」を読み終えた感想です。悲劇からの希望と祈り。ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。加賀シリーズ最高傑作。...
| 東野圭吾さんのファンブログ | 2011/05/19 2:49 PM |
麒麟の翼 東野圭吾
麒麟の翼 (特別書き下ろし)著者:東野 圭吾講談社(2011-03-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2011/05/22 12:53 PM |
麒麟の翼 / 東野圭吾
「新参者」やいろんな話に出てくる加賀刑事シリーズ。日本橋に麒麟(しかも羽がある)のは知らなかった…。 父親が殺された。刺された状態で歩いていったのは、日本橋の麒麟の像 ...
| たかこの記憶領域 | 2011/05/28 2:19 PM |
麒麟の翼
著者:東野 圭吾 出版:講談社  感想: 『麒麟の翼』は『新参者』に続く加賀恭一郎シリーズ。 翼のある麒麟の像の下で亡くなった男性。容疑者が特定され、動機らしきものも浮 ...
| どくしょ。るーむ。 | 2011/06/25 12:38 AM |
“麒麟の翼” 東野圭吾
麒麟の翼 (特別書き下ろし) 東野 圭吾 講談社 発売日:2011-03-03 ブクログでレビューを見る&raquo; ストーリー  *** 映画“麒麟の翼” 公式HPより *** 東京・日本橋で男性が殺害された。 被害者は、胸を刺されたまま8分間も歩き続けた後に
| “寝湖世 NOINU” の クタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題 | 2011/07/03 9:16 PM |
【麒麟の翼】(東野圭吾)を読了!
ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中
| じゅずじの旦那 | 2011/07/26 6:59 PM |
◎読書記録◎ 「麒麟の翼」 東野圭吾
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2011年の出来事{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
| The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから | 2012/02/26 10:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/06/28 8:43 AM |