CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「彼女との上手な別れ方」岡本貴也 | main | 「ビリジアン」柴崎友香 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なくもんか
JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2009年
監督: 水田伸生
上映時間: 134分
出演: 阿部サダヲ, 瑛太, 竹内結子, 塚本高史, 皆川猿時

幼い頃に、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟。兄・祐太は、東京の下町、善人通り商店街で“デリカの山ちゃん”を営む夫婦に愛情いっぱいに育てられた。今では店を継ぎ、ハムカツを名物に“山ちゃん”を超人気店にまで成長させた。一方、弟・祐介は苦難の人生を生き抜く術として笑いを身につけ、やがて赤の他人の金城大介とコンビを組み、兄弟漫才師“金城ブラザーズ”として売り出し人気芸人に。そんなある日、10年以上音信不通だった“山ちゃん”初代店主夫婦の一人娘・徹子が突然帰ってくる。デブでブサイクだった徹子は、明らかにワケありな大変貌を遂げ、見違える美人になっていた。祐太は様々な疑問を胸に仕舞い込み、徹子を温かく迎え入れ、ほどなく2人は結婚することに。そして、ひょんな偶然から、“金城ブラザーズ”の祐介が実の弟であることも判明する祐太だったが…。
クドカン脚本で阿部サダヲ主演。これは観るしかない!って思ったのですが…

色々なところでクスクス笑っちゃうんです。デブの一人娘・徹子がきれいになって帰ってきて、誰も徹子だとは信じないんだけど、夫が亡くなってからボケがすすみ、佑太の事を夫だと思っている初代「山ちゃん」の妻だけは、そんな風に代わってしまった娘・徹子を徹子だと認識したり、山ちゃん秘伝のたれが実はすごくまずかったり。

だけど後半、沖縄に行ってからがどうも好きになれなかったなぁ。最後のシーン。コンビ解消の危機にある弟のピンチを救うため、女装して舞台に上がる佑太。佑介は「なんで、そこまで、あんたはいい人でいられるんだ!」と苛立ちをぶつけます。真顔になる佑太。そして数秒の間…何を言うんだろう?と興味津々だったんだけど、最後の台詞には「え???」っとなりました。
| 見る(邦画) | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2439
トラックバック