CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「本日は大安なり」辻村深月 | main | 「ツリーハウス」角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
食堂かたつむり
JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2010年
監督: 富永まい
上映時間: 119分
出演: 柴咲コウ, 余貴美子, ブラザートム, 田中哲司, 志田未来

倫子(柴咲コウ)がアルバイト先の料理店から戻ると同棲(どうせい)中のインド人の恋人の姿はどこにもなく、部屋は空っぽだった。彼女はあまりのショックで声が出なくなり、スナックを営む折り合いの悪い母親ルリコ(余貴美子)のもとに戻るしか選択肢は残されていなかった。倫子は自活するためにも、実家の物置を利用して小さな食堂を開くことにする。
原作を読んでいたのでストーリーはわかっていました。

始まりからイラストいっぱいでファンタジーなの?と思ったのですが、ちょっと中途半端だったなぁ。どうせならもう少し遊んじゃってもよかったんじゃないかな。

ずっと見守っていてくれた鳩が最後にレストランの前でバサっと死んでいて、それを食べたら声が出ましたって言うのにはちょっとビックリ。本もそんな内容だったっけ?
| 見る(邦画) | 23:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2436
トラックバック
映画・食堂かたつむり
原作を読んだのは一昨年の夏です その時にPCに残しておいた感想を一つ前の記事にしました ほとんど映画とイコールです でも原作では倫子の気持ちが文字として書かれていますのでより理解出来ますね さて 映画です 観終わって フフン♪ってなれる映画でした 私生児
| お花と読書と散歩、映画も好き | 2011/04/28 1:26 PM |