CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ハニーズと八つの秘めごと」井上荒野 | main | 「本日は大安なり」辻村深月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「いと―運命の子犬」原田マハ
原田 マハ,秋元 良平
文藝春秋
(2011-03)

JUGEMテーマ:読書


介助犬にならなかった、いと。けれど、その笑顔でみんなに幸せを運んでくれた―『一分間だけ』の原田マハ(文)、『盲導犬クイールの一生』の秋元良平(写真)、珠玉のコンビが贈る奇跡の物語。

「盲導犬クイールの一生」の秋元さんが日本助犬協会で出会った子犬のいと。いとの成長を撮り続けた秋元さんの写真と、原田さんが書くいとが関わった人たちといととの絆の記録。
盲導犬や聴導犬は知っていましたが、介助犬と言うのははじめて聞きました。障害者の手助けをする犬。携帯を取ってあげたり、ドアを開けたり、車椅子に載っている人が倒れたら家族を呼んだり。

いくら家族だからと言っても「ちょっとそれ取って」とか「ドアあけて」とかいいにくいものなんですね。それで外に出るのが億劫になると。実際に介助犬と暮らす人の話がありましたが、介助犬が来てくれてから外に出れるようになったし、家族が幸せになったと。

そしていと。まずはパピーホームとして1年間面倒を見た家族の話。そしてその後訓練所で介助犬の適性がないと判断され、飼い犬へのキャリアチェンジ。そして飼われた家でのいとの役割。

介助犬になるには色々な適性が必要だそう。いとは見知らぬ人に対しての警戒心が強く、音に敏感に反応してしまう。そんないとにこれ以上の訓練を強いるのはかわいそうだと、介助犬からキャリアチェンジしたいと。このキャリアチェンジって言葉もよく考えられています。以前はリジェクト犬って呼ばれてたそうだけど、それじゃ犬がかわいそうだって。色んな事が犬の気持ちになって考えています。

褒められると嬉しくて、さらに頑張ろうとする犬。パピーホームのお母さんは人間だって同じ事だって言います。確かにそうなのかも知れない、と反省。

飼い主の顔を嬉しそうに見る犬。そんな描写がすごくかわいらしかったです。
| 本:は行(原田マハ) | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |
コメント
 御紹介、ありがとうございます。
 「いと」が紡ぐ縁・・が
 また、ひとつ広がりました。
 たくさんの方々に知っていただきたい
 「介助犬」のこと、「いと」のこころ・・
 「普通」のたいせつさを感じていただければ
  幸いです。
            R.Akimoto  
| R.Akimoto | 2011/04/22 9:43 PM |
秋元さん、コメントありがとうございました。
写真の中の人たちの優しい目、温かい空気が印象的でした。

「普通」のたいせつさ…本当にそうですね。
| なな | 2011/04/25 8:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2432
トラックバック