CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎 | main | 「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 」リリー・フランキー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「卵の緒」瀬尾まいこ
卵の緒
卵の緒
瀬尾 まいこ


卵の緒
瀬尾 まいこ


「卵の緒」
自分は捨て子じゃないかと思っている育生。ある日、学校でへその緒の存在を知り、自分のへその緒を見せてほしいと母にお願いする。

「7's blood」
七子と七生。今は亡き父の愛人の子供が突然うちにやってきた。顔はそっくり。母が入院し、二人の共同生活が始まる。大人の顔をうかがいながら生きている七生が腹立たしい七子。

血がつながっていようが、いまいが関係ない家族の絆の物語。二つとももの凄く温かい。「7's blood」の中に「幸せな家庭で両親の愛情をたっぷり受けて育った人間は揺るがない温かさを持っていて、時折それを滲み出させる」って文章が印象的でした。私がいつも思っていることだから。両親はきちんとそろっているし、愛情を受けなかったわけではないんだけど、子供の頃からずっと寂しがりだった。「愛情をたっぷり受けて育った人」ってすぐに見分けられるし、羨ましく思ってた。だから、この本の二つの話はとてもとても好き。あとがきに瀬尾さん自身も「『家族』というものに憧れがあった。手に入らないとわかってるからこそ、焦がれていた。」と書いていた。瀬尾さん、ますます好きになりました。

それにしても、毎度の事ながら、瀬尾さんの本に出てくる食べ物は美味しそうです。外がカリカリで中がジューシーなハンバーグ。食べたい。「美味しいものを食べた時に、人間は二つのことが頭に浮かぶようにできているの。一つは、ああ、なんておいしいの。生きててよかった。もう一つは、ああ、なんておいしいの。あの人にも食べさせたい。で、ここで食べさせたいと思うあの人こそ、今時分が一番好きな人なのよ」と君江さんが言う。そうそう、そうなんだよ。私は今食べさせたいって思う人がいないなぁ。

「卵の緒」

母との二人暮し。父については口にしないほうがいいと悟っている育生。母の恋話にも適当に付き合う。まっすぐにきちんと育っている。こんないい子がいたら自分の子供にしたい!

そして母親の君子がさらに素敵。「人生の楽しみの半分は食にあるんだから、愛する育生のためとてそれは譲れないわ」という。登校拒否してる育生の友人に何度も「登校拒否児」って呼びかける。楽しい事があったら学校を休ませちゃう。いいなぁ。人生を楽しんでいる感じ。こんな母親には到底なれないけど、一つだけ共通点発見。降水確率が高くても、家を出る時に大雨が降っていない限り、傘を持たない。「どうなるかわからならない先のことののために、あんな重いもの持って歩けないし、雨ってわざわざ傘で防がないといけないものじゃないでしょう」私も同じ考えで、よく濡れます。

「7's blood」

「七子と七生」って読んだ時に頭の中に「知ってる!」って気持ちが。こんなドラマがあったような気がします。テレビ欄を見たのが次の日で「あぁ見たかった」って思ったのですが、なんだか面白そうなドラマだなぁと思ってました。瀬尾さんのお話を元に作ってたんだ。七子と七生~姉と弟になれる日~七子と七生~姉と弟になれる日~
DVDが出てるみたいなので、借りてみたいなぁ。

異母兄弟。父が愛人との間に作った子。その子の母親が傷害事件を起こし、刑務所に入った為に七子の家に居候する事になった。七子は高3、七生は小6。干からびたケーキをきっかけに少しずつ距離を縮めていく二人。なんだか「そんなにがんばらなくてもいいんだよ」って声をかけたくなります。二人がパジャマのままで旅にでるシーンは、孤独がひしひしと二人を取りまいて、ちょっと鳥肌がたつくらい。


| 本:さ行(瀬尾まいこ) | 10:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 10:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「卵の緒」 瀬尾 まいこ
卵の緒 (新潮文庫)/瀬尾 まいこ ¥420 僕は捨て子だ。 それでも、母さんは誰よりも僕を愛してくれる。「親子」の強く確かな絆を描く表題作。 家庭の事情から、二人きりで暮らすことになった異母姉弟の物語「7’s blood」も収録。 ◆◆◆
| じぶんを たいせつに。 | 2012/03/18 10:31 PM |