CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< クライマーズ・ハイ | main | 「空家再生ツアー」岸本葉子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「やわらかなレタス」江國香織
JUGEMテーマ:読書


ここにあるのは幸福な魂の食事。食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。

とにかく全ての事を江國さんのフィルターを通してじっくりと観察し、そして自分なりの解釈をつけて、キチンと分類しているところがすごいなって思いました。

食べ物だって果物一つひとつがこういう印象っていうのがあったり、節分の豆まきは子どもの頃からキッチリと執り行っていたり(本当にキッチリと、やっているというより「執り行っている」っていう言葉がぴったりのような気がします)電気製品との相性が悪く掃除機を持っていないというのには驚いた。

パッケージに書いてある宣伝文句にビックリして立ち止まってしまうというのも江國さんらしいけど、そんな風にカップ麺を持ったまま立ち止まってしまった江國さんを見て「欲しいと思って立ち止まっていた」と思い、そのカップ麺をカゴにいれてしまう旦那さん。昔「いくつもの週末」という御主人との結婚生活を書いたエッセイを読んだのですが、夫婦も日々進化するものなのねって感心しました。御主人とのエピソードとしては、昔は二人で外食をするとき、昔はお店に入って注文を済ませたら2人で会話をするものだと思ってたのに、一人で新聞を取り出して読み始める御主人にビックリしたらしいが、今では江國さんもすかさず小説を取り出して、2人で外出中となると。そうやって折り合いをつけていくものなんですよね。

| 本:あ行(江国香織) | 22:04 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |
コメント
こんにちは。
江國さんのエッセイを読むのは初めてでしたが、雰囲気がとても好きでした。本当に生活の中で訪れるものを一つ一つ大事にしているようなそんな気がしました。
旦那様との生活も素敵ですよね。
カップ麺の話と、外食をして注文をした後の過ごし方は私も印象に残っています。
カップ麺は最後のオチが可愛かったです^^
もったいないと思っているからかなかなか食べない江國さんを見て5個買ってくる旦那様って素敵ですよね。
| 苗坊 | 2011/05/18 10:54 AM |
苗坊さん、こんにちは。
日々を大切に生きている、そんな印象ですよね。

旦那さんとの話、微笑ましかったです。
カップ麺を5個も買ってきちゃう旦那さん、愛があるんだろうけど、でも方向が違う(というか、江国さんの心の中をわかっていない)それが夫婦なんですよね。

| なな | 2011/05/18 12:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2408
トラックバック
やわらかなレタス 江國香織
やわらかなレタス著者:江國 香織文藝春秋(2011-02)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ここにあるのは幸福な魂の食事。食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2011/05/18 10:52 AM |