CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「風のマジム」原田マハ | main | 2月に読んだ本、観た映画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「想い雲―みおつくし料理帖」高田郁
JUGEMテーマ:読書


土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった―。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第三弾。

シリーズ第三弾。東京の支店をつぶしてしまった若旦那。その理由がわかったり、謎の浪人だった小松原さんの素性がわかったり。今回も面白かったです。
「豊年星―『う』尽くし」
土用「丑の日」が近づくが、女料理人澪のお店「つる家」は零細店なので高価なうなぎは買えない。そこでうなぎの代わりに「う」尽くしの料理として、<卯の花和え>、<梅土佐豆腐>、<瓜の葛ひき>、<埋(うず)め飯>を土用料理として考案。

新しく登場した泥鰌髭の坂村堂の店主。いつも不機嫌な戯作者の清右衛門と一緒にやってきて「うまい。うまい」と連発するキャラが和ませます。その坂村堂が連れてきたのが、今は行方不明となっている『天満一兆庵』の若旦那佐兵衛が東京でやっていたお店で働いていた富三。若旦那の消息に倒れてしまう芳ですが、その富三がどうも胡散臭い。

「想い雲―ふっくら鱧の葛叩き」
鰻も鱧も血に毒がある。ある日吉原「翁屋」の楼主伝右衛門が源斎に鱧の調理が出来る料理人を連れてきて欲しいとお願いした。源斎は澪を連れて行くが、伝右衛門は女料理人の作るものを大切な客に出すわけにはいかないという。ところが、つれてきた料理人は捌くことが出来ずに澪が料理をする事に…

鰻や鱧の血が毒だとは知りませんでした。鱧って食べたことないかも…そして西瓜を切っておいておいて蝿避けにするというのが面白かった。美緒さんは源斎先生に会いたいからと毎日つるやに通います。料理を作り終わった後、吉原名物の花魁道中の白狐の『俄』行列で幼馴染の野江と手をふれ合い、蛤の片貝を受け取るシーンは映像を見ているかのようにきれいでした。そして切ない。

「花一輪―ふわり菊花雪」
江戸の料理番付に載った「つる家」を真似しそっくりな料理を作り、形ばかりの女料理人を置きく店が増えてきた。火事になる前につる屋があった場所におなじ名前の店を見つけた澪。その店は食あたりを出してしまい、つる屋にも客が寄り付かなくなった。澪はめげることなく三のつく日にお酒を出すイベント「三方よし」を発案実行するとともに、山芋料理「ふわり菊花雪」を作りその見た目の美しさと味で好評を博し、客足も徐々に戻る。

今も昔もはやる店があれば、まねする人が出てくるし、噂がまわるのも早いって事ですね。又次が手伝いに来てくれて、店先で秋刀魚を焼いてその匂いで客を呼び込むのです。上手い!そして新料理も又次の言葉が決め手になっていました。

 
「初雁―こんがり焼き柿」
父親の借金の肩代わりに料理屋「登龍楼」に奉公する健坊が、奉公の辛さを苦にして奉公先を出る。姉を頼ってきた健坊をきつく返してしまったふき。「つる家」一同は店を休んで数日探すが見つからない。そのうち心労と疲れで姉のふきはなにも食べられなくなって寝込んでしまう。澪は幼い時に母が作ってくれた、「こんがり焼き柿」をふきに作ってやると、そのとろとろした甘さにふきの食欲は戻る。

健坊を思うふきの気持ち。そして澪をはじめ周りの人たちの気持ちが温かいです。手伝いに来てくれたりうが「澪はお店を開けるべきだ」と言うのです。なんだかこうやって正しいことを言ってくれる人がいるのっていいですね。



| 本:た行(その他の作家) | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2396
トラックバック