CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「毒吐姫と星の石」紅玉いづき | main | ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「3652―伊坂幸太郎エッセイ集 a decade」伊坂幸太郎
JUGEMテーマ:読書


「喫茶店」で巻き起こる数々の奇跡、退職を決意したあの日のこと、「青春」の部屋の直筆間取り図、デビュー前のふたりの恩人、偏愛する本や映画に音楽、「干支」に怯える日々、恐るべき料理、封印された「小説」のアイディア―20世紀「最後」の「新人作家」が歩んできた10年。
10年間、新聞や雑誌、業界紙などに書いたエッセイをまとめたものです。注釈で今の気持ちだったり、状況などを丁寧に説明してあるのが親切だなぁって思います。2度楽しめます。

中日新聞夕刊に書いている干支エッセイ。注釈によるとすごく苦労していらっしゃるそうですが、普通に読んでいる分にはどこら辺が苦労なのかがわかりません。面白いもん。

「チルドレン」の中で伝えたかったのは「大人が恰好悪いからダメなんじゃないの」って事だったそうですが、私はそういう風に読んだのかな???もう一度読んでみたくなりました。

| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2375
トラックバック