CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「どんぐり姉妹」よしもとばなな | main | 「虹色の皿」拓未司 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブタがいた教室
JUGEMテーマ:映画



製作年度: 2008年
監督: 前田哲
上映時間: 109分
出演: 妻夫木聡, 原田美枝子, 大杉漣

6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する。校長先生(原田美枝子)にも相談し、卒業までの1年間26人の生徒が子ブタの面倒を交代でみることになる。最初は戸惑っていた子どもたちも、“Pちゃん”と名付けた子ブタを次第にかわいがるようになり……。
ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化したモノだそうです。実際の子供達はどんな選択をしたんだろう。

4月に子豚を飼うことにした。小屋をつくりPちゃんと呼んでそのブタをかわいがった。最初は「くさい」っていってたお掃除だってちゃんとこなすようになり、嵐の日には心配になって見に来た生徒が何人もいた。

卒業が迫り、Pちゃんをどうするのか議論します。
「先生が最初に言ったように食べるのか?」
「Pちゃんは、もう友達だから食べたくない。」
「俺は、もう一生ブタ肉を食べなくてもいい。」
「Pちゃんは特別だから、他のブタは食べてもPちゃんは食べられない。」
「育てて食べようって言ったんだから、ちゃんと食べるべきだ」
「このままにするのは無責任だ」
「農場で飼ってもらおう」
「下級生に引き継いでもらえないか聞いてみよう」
色々な意見がでます。下級生に聞いたところ3年生が飼ってくれるというのですが、大きくなったPちゃんをもてあます3年生。フンの処理だってちゃんと出来ません。卒業ギリギリまで相談する6年2組。最後の投票でも意見は真っ二つにわかれ、最後に先生の1票で決める事にするのです。

出た結論が「食肉センターに連れて行く」なのですが、あれは子供達が食べるって訳じゃないのかしら。

どこからか引っ越してきて制服を着ていた女の子がPちゃんの世話をしているうちに、だんだんとまわりに溶け込みいつの間にか普通の服を着ていました。あの子が制服を着ていた事情などがわかったらもっと面白かったのに。


| 見る(邦画) | 22:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |
コメント
ご鑑賞ありがとうございます!
| O | 2011/01/23 11:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2362
トラックバック