CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「アリアドネの弾丸」海堂尊 | main | ブタがいた教室 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「どんぐり姉妹」よしもとばなな
よしもと ばなな
新潮社
(2010-11)

JUGEMテーマ:読書


姉の名はどん子、妹の名はぐり子。突然の事故で奪われた、大好きだった両親の笑顔。気むずかしいおじいさんの世話をしながら、学んだ大切なこと。苦しい時間を姉妹は手をとりあって、生きてきた。とめどなく広がる人生で、自分を見失わないように。気持ちが少し楽になる居場所、それが「どんぐり姉妹」。「私たちはサイトの中にしか、存在しない姉妹です。私たちにいつでもメールをください。時間はかかっても、お返事をします。」―メールは祈りをのせて。ネットが癒やす物語。

すごく薄い本です。さらっと読めるんだけど、ちょっとこの所気持ちが沈みがちな私にはそれ程響かなかった。残念。またいつか読みたいな。

しかし、産院の中庭にどんぐりが落ちていて、陣痛の間中それを拾っていたからって「どん子」と「ぐり子」なんてへんてこな名前をつける両親って…そういえば知ってる人の娘は「あん」と「みつ」あわせて「あんみつ」です。好きなのかな?

物語を語るぐり子は「このところ妙に内省的な時期に入り家にこもりがちになっていた私は、姉が恋をしはじめたとだんに家の中の空気が全く動かなくなったので、はじめて自分がそうとう静かな状態にあることを知った。何日も外に出ていないと、頭の中の世界のほうが実際の世界よりも少しずつ大きくなってくる。気づくと思い込みの度合いがそうとうまずいことになっていて驚いてしまう。そうしたらちょっとだけ外に出て調整する、そのくり返し。」「自分は身を低くしているだけなのだ、今はそういう時間なのだ。」そんな風に言います。

私も身を低くして今の状態をやり過ごしたい。そんな事考えているんだから、小説を楽しめるはずがない…

恋愛体質で家に風を巻き起こすどん子。そんな姉を見ながら恋愛について考えるぐり子。

ある人から届いたメールは「最愛の夫を亡くし、悲しみがいえない」というものでした。そして同じ頃中学時代に好きだった麦くんの夢を見るぐり子。ぐり子は麦くんが死んでるのでは?と思うのです。そして夢の中で麦くんと出会う。そこらへんがよしもとさんらしいなって思いました。

スーパーで親子がキノコについて話シーン「お鍋にマイタケとしめじのどっちか入れよう」と母が言うと息子は「俺マイタケ嫌い嫌い、しめじにして、しめじのほうがまし」というのです。それに対してお母さんが「食べ物に対して『まし』って言う言い方をするんじゃありません」って言うのです。そのお母さんの言う事が真っ当で素敵だなって思いました。私は息子達にそういう風に正しく接しているかな?

| 本:や行(よしもとばなな) | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2361
トラックバック