CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「みんなのふこう」若竹七海 | main | 「夏目家順路」朝倉かすみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「モルフェウスの領域」海堂尊
海堂 尊
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2010-12-16)

JUGEMテーマ:読書


日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の<凍眠>を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する。

辻褄あわせで出来上がった物語だそうです。第1章は「野生時代」を立ち読みしていたので知っていたのですが、やっと本になったって感じ。

コールド・スリープ・センターと呼ばれている未来医学探究センターで働いている日比野涼子。彼女は子供の頃、各国大使館に日本食糧を納める仕事をしていた父について、さまざまな国に滞在していた為語学が堪能。そして中学の頃アフリカのある国で大使館付きの医務官と親しくなり、医学の手ほどきを受け医学の知識も豊富。そんな涼子は世界初の「コールドスリープ」技術により5年間の眠りについた少年の生命維持管理をしている。涼子は彼をモルフェウスと呼んで世話をしている。



コールドスリープ技術が発表された時、八原則を作ったのが曽根崎。その曽根崎に対してメールを送る涼子。その2人のやり取りが私には難しすぎました。海堂さんの小説って時々こうやって登場人物においてけぼりにされる気がする。頭が良すぎるんだよね…

スリーパーであるモルフェウスを見守る涼子の気持ち。以前の記憶を消してしまえば涼子が側にいることは出来るけど、消してしまうのは死んでしまうのと同じことだと悩む。そんな涼子がアツシが目覚めた後に出した結論。予想通りではありましたが、それでいいのかしら?

アツシはコールドスリープ中に語学や勉強のCDを聞いて、目覚めた時には気がついたら何ヶ国語も話せるようになっていました。

高階病院長が「丸投げ大王」って呼ばれていたのには笑いました。

| 本:か行(海堂尊) | 21:03 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2360
トラックバック
「モルフェウスの領域」海堂尊
海堂尊の最新刊、「モルフェウスの領域」を今日読み終わった。これは医療を土台にした近未来を描いたSFだ。(以下一部ネタばれあり)【送料無料】モルフェウスの領域価格:1,575円...
| りゅうちゃんミストラル | 2011/02/14 8:37 PM |
【モルフェウスの領域】(海堂尊)を読了!
NHKでは「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されてるし、海堂さんものはあいかわらずの人気ですね。でもちょっと、食傷気味でもありますけど・・・「ハイパーマン・バッカス」のアツシが5年の眠りから目覚めた。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング
| じゅずじの旦那 | 2011/04/28 10:07 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/02/17 8:37 PM |