CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「砂の王国」荻原浩 | main | 「ロードサイド・クロス」ジェフリー・ディーバー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「七つの海を照らす星」七河迦南
JUGEMテーマ:読書


様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。

「アルバトロスは羽ばたかない」を読んだ時前作がある事を知って慌てて読みました。あぁ、やっぱりこっちから読んでおけばよかった。ここに名前が出てくる子がたくさん登場していますよね。「アルバトロス」を読んだ時登場する学園の子供達の名前を覚えることが出来なくて、誰だったかな…って前に遡ったりを繰り返していたんです。こちらを先に読んでいたらもっと登場人物が誰なのかがはっきりしたような気がする。

養護施設勤務2年目の春菜が主人公の物語。昔から語られている学園七不思議と似たような事が起こり、その不思議な事について春菜が児童福祉司の海王さんや親友の手を借りて解決するのです。春菜は子供達から「春菜ちゃん」って呼ばれたり「はるのん」って呼ばれたり、怒る時には迫力のある声が出るというのが以外でした。
「今は亡き星の光も」
中二の葉子は他県から小6の時に移ってきた子。最近、食事を取らなかったり、喧嘩をしたりと、職員の皆が手を焼いている。学園一の情報通である亜紀は「葉子は先輩に取り憑かれている。だから他の子たちまで葉子を恐れている」と言う。担当児童福祉司の海王さんに相談する。

「滅びの指輪」
浅田優姫は高3。6年前、廃屋に幽霊が出るという噂が立ち、そこにいたのが戸籍をもたない優姫だった。日々バイトをして進学のためにお金をためている優姫の貯金通帳に大金が振り込まれていた。

発見された時に持っていたポーチに入っていた三条美寿々の名前。小6の女の子が決めた事に驚かされます。ラストにはゾゾっとしました。

「血文字の短冊」
離婚して男手一つで育てていた娘沙羅と息子健人を毎週外泊に連れ出す父親。最近、父親に恋人が出来たらしく、会うことがあるそうだが、ある晩「私は沙羅が嫌いだ」って電話で話しているのを聞いたという。

沙羅と健人ね。英語はちゃんと勉強しておかなきゃ!

「夏期転住」
卒業生の俊樹と美香が結婚する事になったという。が、俊樹は自分が小5だった時に幻の新入生を見たといい、その人が忘れられないという。

回文がいっぱいでした。

「裏庭」
他の学園との交流をもつための行事がなくなるという。各学園にある自治会で色々話し合っていたのだが…

明君!!!ものすごくいい子じゃない。謎の「開かずの門の浮姫」は今ひとつ意味がつかめなかった。

「暗闇の天使」
女の子6人だけで通ると天使の声が聞こえるという古いトンネル。道路工事のため、暫くの間そのトンネルを通らなければいけなくなった学園の女の子達。

「七つの海を照らす星」
今までの6つの物語でチラチラと見えていた女の子の物語。

無関係に見えていた各章の物語が、気がついたら…あぁ、ビックリしました。今でも回文好きなんだね。
| 本:な行(その他の作家) | 20:27 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:27 | - | - |
コメント
こんばんは。
ななさんの『アルバトロス〜』の記事を読んで、この本が気になりました。
こちらが一作目だったんですよね(笑)
こういう連作ってちょっとした仕掛けがあったりして楽しいですね。
次作でどんな繋がりを見せるのかも楽しみです。
覚えているうちに『アルバトロス〜』も読まなくっちゃ。
| ia. | 2011/02/25 11:46 PM |
ia.さん、こんばんは。
そうなんです。こちらが一作目なんです。
こっちを読んでから「アルバトロス」に行くと
登場人物の名前に戸惑う事もないんじゃないかと思います。
| なな | 2011/02/28 10:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
七つの海を照らす星
著者:七河 迦南 出版: 東京創元社 感想: 七河迦南さん、初読みです。 『アルバトロスは羽ばたかない』という赤い装丁の本が気になっていて、この『七つの海を照らす星』がその ...
| どくしょ。るーむ。 | 2011/02/25 11:37 PM |