CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 12月に読んだ本・観た映画 | main | 「昼咲月見草」野中柊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「白銀ジャック」東野圭吾
JUGEMテーマ:読書


「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。

スキー場で子供達のスキースクールの終了を待ちながら読んでいたので、臨場感たっぷりでした。

広世観光会社が運営するスキーリゾート「新月高原スキー場」は、昨シーズン起きたゲレンデでの接触事故死をうけて北月エリアを閉鎖してはいるが、今シーズンは降雪に恵まれスノーボードの国際大会を控え平常に運営していた。そんな時、「複数のゲレンデのどこか一箇所に、積雪前に遠隔操作の爆弾を仕掛けた」という脅迫がメールで届く。要求は三千万円。客の安全を第一にゲレンデの閉鎖と警察への通報を主張する索道部主任の倉田。ところが経営側は営業へのダメージを理由に、内密に犯人の要求に応えることを選択する。パトロール隊によって要求金の受け渡しが終わった後、犯人から届いたのはゲレンデのなかの一部のみ安全という情報と更なる金銭の要求だった。
身代金要求のメールが来た時の経営者側とスキー場運営側の意見の違い。確かに爆弾が仕掛けられていたとなっては次の年から人が来なくなるのは間違いないけど、だけど警察に通報しないなんて…と思ったら、一度目の身代金引渡しの後に更なる要求がきました。

身代金の受け渡しをするのはパトロール隊の根津と絵留。パトロール隊はゲレンデの滑走禁止場所を滑るボーダーたちを追いかけ、二度としないように言い渡す。そこですごく上手いボーダーと知り合いになる。一度目の受け渡しであっさりと身代金を奪われた根津は二度目の時には受け渡しを絵留に任せ、自分は私服に着替え絵留の後を追う。ところが、犯人側の見事な滑りっぷりに驚かされる。

1年前に北月エリアで起こった事故死。ボーダーがゲレンデの場外から飛び出して一人のスキーヤーに接触。怪我をして死亡してしまった。ところが接触したボーダーは名乗り出なかった。亡くなったのは主婦で残された夫と息子がスキー場にやって来たのだ。ひきこもりがちな息子を立ち直らせたいという父。

月北エリアの閉鎖により客足の激減に悩む月北町。観光課の人や町長の息子がエリアをオープンするようにとお願いに来る。そこで聞いた「新月高原スキー場が経営困難のためスキー場の売却先を探している」という噂。

色々な事が起こる中、3度目の受け渡しに失敗し、これが最後と犯人側から言われる。

ここからネタバレしてます。
つかまえた犯人が市長の息子とパトロール隊の新人だったことにも驚きましたが、その脅迫メールを送った真犯人。その意図にはさらに驚きました。スイートに泊まる年配夫婦が怪しいんじゃないかなって思ってたんだけど、予想は見事に外れ。
| 本:は行(東野圭吾) | 22:16 | comments(6) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:16 | - | - |
コメント
こちらにも^^
スキー場が舞台ということで、珍しくて読みやすくて面白く読みました〜^^
私もななさんと同じ人を怪しいと思ったのですが、はずれました・・・。
諸々の真相は驚きでしたよね。
| 苗坊 | 2011/01/07 7:55 PM |
苗坊さん、こんばんは。

面白かったですね。
スキー場で読んだので、臨場感たっぷり。
やっぱりあの人たちが怪しいって思っちゃいますよね。
完全にひっかけなんだろうけど、軽々とのっかっちゃう私です。
| なな | 2011/01/12 10:21 PM |
ななさん こんばんは
面白かったです。
飛行機の中で読みましたが、
旅のお供には最適でした!!!
| yori | 2011/02/23 6:45 PM |
yoriさん、こんばんは。
飛行機の中で読んだら、すごく集中できそうですね。
旅行の時に読んだ本って旅行の事思い出すたびに本の内容も思い出しますよね。
| なな | 2011/02/28 9:51 PM |
私もななさんと同じ人思ってました。
入江親子と実は関係もあるのかと。奥さんの方のご両親とか・・・。
それかもしくは、解禁しないことへの怒り?
だからそっちの方向から来たか!?って感じでした。
でも奥さんの事故の犯人も分かって本当によかった。

個人的には、あの千晶たち従兄三人組、イライラしっぱなしでした。
| じゃじゃまま | 2011/06/27 1:54 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。

あの人、いかにも怪しそうに登場するじゃないですか。
すっかり騙されました。
奥さんの事故、ちょっと無責任すぎますよね。
| なな | 2011/06/30 8:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2350
トラックバック
白銀ジャック 東野圭吾
白銀ジャック (実業之日本社文庫)著者:東野 圭吾実業之日本社(2010-10-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2011/01/07 7:54 PM |
東野圭吾『白銀ジャック』
白銀ジャック (実業之日本社文庫)東野 圭吾実業之日本社 今回は、東野圭吾『白銀ジャック』を紹介します。本書はいきなり文庫版での上梓です。本書の創作秘話を読んでみると、東野版『私をスキーへ連れてって』(私はどんなものかはわからない)見たいなものらしいです
| itchy1976の日記 | 2011/01/20 8:07 PM |
旅のお供は文庫でミステリー
旅のお供と言えば文庫本である。 カバーを外した裸の文庫本を スイングトップのポケットに突っ込んで、 気が向いたとき、ふとした時、取り出して読む。 これが私が若い頃の文庫本の ...
| 活字の砂漠で溺れたい | 2011/02/23 6:50 PM |
白銀ジャック 東野圭吾著。
≪★★★★≫ スキー場に脅迫状が届いた。 「環境破壊を行ったスキー場開発に慰謝料を請求する。ゲレンデに爆発物を埋めている。自由に爆発させることができる。三千万用意しろ」 利用客の安全を一番に考える索道事業本部の倉田は、警察に届けるよう進言するが、社長以
| じゃじゃままブックレビュー | 2011/06/27 1:50 PM |
白銀ジャック (東野圭吾)
“ゲレンデのどこかに爆弾が埋まっている” スキー場に届いた一通の脅迫状。 人質はスキー客全員。 スキー場の事情で警察に通報できず 要求を受け入れざるを得ない幹部達。 犯人の動機もいまいち不明。 そのような状態でも、 スキー客には一切知らされず スキー客は
| 花ごよみ | 2011/11/20 7:53 PM |
現場はゲレンデで!
小説「白銀ジャック」を読みました。 著者 東野 圭吾 スキー場を舞台にしたサスペンス ゲレンデに爆弾を仕掛けたという脅迫があり・・・ 単純に最後まで楽しむて読め 東野さんらしく 読みやすさはピカイチ ミステリよりかはサスペンスですね 犯人やトリックとかよ
| 笑う社会人の生活 | 2012/08/23 9:46 PM |