CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「探偵ザンティピーの休暇」小路幸也 | main | 「ラプソディ・イン・ラブ」小路幸也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「シティー・マラソンズ」
三浦 しをん,近藤 史恵,あさの あつこ
文藝春秋
(2010-10)

JUGEMテーマ:読書


街を走ることは街を知ること。新しい自分と出会うこと人気作家3人によるNY、東京、パリのシティマラソン・アンソロジー。爆笑あり、切なさあり、爽快感ありの豪華ヴァラエティ・ボックス。

すごく薄い本。アシックスがwebサイト及びモバイルサイトで実施した期間限定キャンペーンのために三浦しをんさん、あさのあつこさん、近藤史恵さんが書き下ろしたものだそうです。なるほど。だから「靴」が印象に残る物語だったんだね。

三浦さんの話が一番好きでした。東京マラソンの一般出場に当選するのって宝くじに当たるくらいの幸運だって聞いた事がありますが、NYやパリでは真剣な人もいれば、お祭り騒ぎの人もいるみたいで、楽しそうでした。が、私は走れないだろうなぁ。
「純白のライン」三浦しをん
不動産会社勤務10年の阿部和広は社長命令で急遽ニューヨークシティマラソンに出場することになった。社長の娘が出場するが、文通しているアメリカ人と会わないか見張れといわれた。

突然のNY出張、しかもフルマラソン。さらに、社長の娘を見張る!ネガティブな和広が走りながらどんどん前向きになって行くのです。社長がよかったなぁ。そして社長の娘!!!阿部の和広のこと、意識しているよね???

「フィニッシュ・ゲートから」あさのあつこ
元陸上選手だった悠斗はスポーツメーカーのシューズオーダーメイド部門勤務。中学、高校でいつも自分の控えだった湊から8年ぶりに連絡があった。港は東京マラソンに出場するというのだ。

高校時代には自分が浴びていたスポットライト。だけど…ありそうな話ではあります。オーダーメイド部門の上司・佐伯が素敵です。


「金色の風」近藤史恵
自分にバレリーナーとしての才能はない事を自覚した夕はパリへ語学留学という名目で逃げてきた。パンを買いに行った時見かけたジョギングをするブロンドの女性とゴールデンリトリバー。夕もジョギングを始めた。

バレエに打ち込んで頂点を目指し、でも実らなくて…パリで出会った女性が「でもそんなあなたも「芸術の一部」だ」という言葉が素敵でした。フランスパンがおいしそうだった!
| 本:その他(アンソロジー) | 23:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |
コメント
こんにちは。
この本、短いですけど好きでした。
私もしをんさんの本が1番好きです。
関係はないのですが「風が強く吹いている」のその後のような感じがして、切り離して読めなかったです^^;
本を読んでいると早く走れそうな気がするんですけど、現実はそうではないのが悲しいです・・・
| 苗坊 | 2010/11/27 6:55 PM |
苗坊さん、こんばんは。

そうなんですよね。
私も「風が強く吹いている」を思い浮かべながら読みました。

私、走るのは短距離も長距離も苦手なので
読んでいても走るって言う事を全然想像できなかったです。
辛そう…大丈夫なのかな…そんなことばかり考えてました(笑)
| なな | 2010/11/28 7:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2321
トラックバック
シティ・マラソンズ 三浦しをん あさのあつこ 近藤史恵
シティ・マラソンズ著者:三浦 しをん文藝春秋(2010-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る NY、東京、パリ。アスリートのその後を描く、三つの都市を走る物語。 「純白のライン」三浦し ...
| 苗坊の徒然日記 | 2010/11/27 6:42 PM |