CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「シティー・マラソンズ」 | main | 「チア男子!!」朝井リョウ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ラプソディ・イン・ラブ」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


ろくでなしでも、世間は名優と呼んでくれる。役者とはそういう職業だ。山と海に囲まれた、とある町の古い日本家屋。かつてそこは、日本の映画界を支えてきた笠松市朗が、愛する家族と過ごした家だった。笠松の息子、俳優・園田準一、笠松の前妻であり女優だった園田睦子、そして人気俳優で、笠松の二番目の妻との間に生まれた岡本裕。岡本の恋人である、人気女優の二品真里。バラバラになっていた彼ら五人が笠松の家に集まった。彼らの葛藤と思いが交錯するドラマの幕がいま開く。みな役者という彼らが、ひとつ屋根の下展開していくドラマ。「ラプソディ・イン・ラブ」――監督、紺田がつけたタイトルだ。彼らの言葉は、台詞か、真実か……。

登場人物は5人のみ。まるで映画を観ているような気持ちにもなれるし、監督になった気分にもなれるし、5人の視点にもなれるし、面白かったです。
かつて夫婦だった笠松と睦子。その女優の息子・準一。二番目の妻との間に出来た子・裕とその婚約者の真理。全員が俳優。睦子は準一を産んで引退をしていたので、長いブランクがあるはずなのだが、それでも立派に女優なんです。

そんな5人が集まったのは、かつて笠松と睦子、準一が暮らしていた家。この頃、時々認知症の症状が出てしまうか瑣末の最後の映画を撮る。カメラは常に回っている。脚本は毎日書き換えられ、脚本にそった部分もアドリブもある。

どこからどこまでが演技でどこからが素なのか。驚きながらも、なんでもない演技をしたり。それぞれが計算しながらも、とても自然なんです。そしてお互いに周りの人たちを俳優としてきちんと評価して、認めている。みんながあたたかでした。

小路さんの小説ってこういう風にいい人が素敵な関係を築いていく話が多いですよね。不思議とわざとらしさは感じられず、読んだ後幸せな気持ちになれます。
| 本:さ行(小路幸也) | 22:13 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |
コメント
こんにちは^^
本当に、1本の映画を見ているような感覚でした。
面白かったです^^
私も読んだ後に幸せな気持ちになりました。
小路さんの作品は今年はたくさん読みましたが、良い作品ばかりですね〜^^
| 苗坊 | 2010/12/20 10:01 AM |
苗坊さん、おはようございます。

どこまでが演技でどこからが本音なのか。
映画を見ているような気持ちになりましたよね。

小路さん、今年はたくさん本が出ましたね。
苗坊さんは「東京バンドワゴン」シリーズも
コンプリートでしたよね。
| なな | 2010/12/21 9:39 AM |
ドキュメンタリーって不思議なんですよね。つい見入っちゃう。
もしも笠松市朗や準一のファンじゃなくても、四ノ宮睦子さんて知らなくても、見てしまうでしょうね。

きっと、優しくて懐かしい映画に仕上がったことでしょうね。さすが小路さんです。
| じゃじゃまま | 2011/02/02 1:46 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。
ドイキュメンタリー、ついつい見入っちゃいますよね。
わかります。
この話も、本のはずなのに映画を見ているような気になりましたもん。
| なな | 2011/02/03 3:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2318
トラックバック
ラプソディ・イン・ラブ 小路幸也
ラプソディ・イン・ラブ著者:小路 幸也PHP研究所(2010-10-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ろくでなしでも、世間は名優と呼んでくれる。役者とはそういう職業だ。山と海に囲まれた ...
| 苗坊の徒然日記 | 2010/12/20 9:52 AM |
ラプソディ・イン・ラブ 小路幸也著。
≪★★★★≫ 日本を代表する名俳優、笠松市朗の最期の映画を撮るために、バラバラになっていた家族が集まった。それは家族でもあり、俳優、女優でもある彼らが、夫、父、義父と共に作る最期の「家族」の映画。 引退してしまった伝説の女優四ノ宮睦子、再婚後は園田睦
| じゃじゃままブックレビュー | 2011/02/02 1:28 PM |