CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「セカンド・ラブ」乾くるみ | main | 「優しいおとな」桐野夏生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「チーズと塩と豆と」
井上 荒野,江國 香織,角田 光代,森 絵都
ホーム社
(2010-10-05)

JUGEMテーマ:読書


10月放送の、NHK・BSハイビジョン紀行番組「プレミアム8」に登場する4人の女性作家が、それぞれヨーロッパのスローフードやソウルフードを求めて旅をし、その土地を舞台に書かれる短編小説アンソロジー。その小説は、ドラマ化され、番組に挿入される。井上荒野はピエモンテ州(イタリア)、江國香織はアレンテージョ地方(ポルトガル)、角田光代はバスク地方(スペイン)、森絵都はブルターニュ地方(フランス)。

私の好きな作家さん4人のアンソロジーが出ると知って、急いで図書館で予約したのでした。朝、テレビ番組表を見ていたら森絵都さんの名前が。それで、テレビ番組として企画された本だったんだと知りました。井上さんの回を見逃してしまったのがすごく心残り。

ドラマと小説、私はやっぱり小説の方が好きだな。ただ、ターブル・ドットがどんなところなのか、ブエノワールとは何か?マヌエルとルイシュが泊まってる場所がどんな場所なのか、2人が分けあって食べたデザート(天使のホッペ)の甘そうな感じ。バスク地方のクラブとはどんな場所なのか。そういうことが映像としてきっちりと頭に入ってくるのはいいなって思いました。

テレビで印象深かったのは角田さんが「つねにちゃんと食べているか、お腹が満たされているかを気にするのが家族の定義だと思う」と言ったのと、江国さんが小説を作るときに登場人物の細かい設定まできめるという話をしている時に「神は細部に宿りますからね」と言ったところでした。






「神さまの庭」角田光代
なにかあるとクラブに集って祝いの料理を食べる習性。母が助からない病気になったことを発表したのもクラブで父親が料理を振る舞ってだった。そんなバスクでの暮らしがいやになってバルセロナの大学を選んだアイノア。旅が好きだったアイノハは気がついたらNGO団体アースガーデンの職員になり、数ヶ月単位で旅に出ては難民キャンプで食事を作る。3ヶ月ぶりに恋人が待つバルセロナに帰ってきたが、恋人は空港に迎えに来ていなかった。電話をすると「話がある」と言う…

別れ話をする恋人の前でワインを飲み、料理を食べるアイノア。その姿が昔自分が嫌悪した故郷でのクラブの食事と同じだと気がつき、自分もバスク人なんだって気がつくのです。


「理由」井上荒野
学生だった私とカルロが出会い、結婚したのは私が20歳、カルロが50歳の時。それから14年、幸せに暮らしていたのに…今日も私はミネストローネをもって病院に行く。

脳梗塞をおこしてしまったカルロは病院で植物状態。カルロとの生活がすべてだったアリダは途方に暮れている。でも日々はカルロの不在に関わらず野菜は育ちロバは脱走し…とどんどん進んでいく。そんなのが切ないです。

「ブレノワール」森絵都
母の危篤を聞き6年ぶりに実家に帰ってみると、親戚たちが数々の迷信を口にし母の死を予言する。信心深いブルトン人。母は「お前を認める時がきたら、5枚の花びらの白い花になる」といい死んだ。それからグルメ本の取材でお店に来ていたサラと出会い、2人でターブル・ドットをやる事にした。

そば粉のクレープ、ブレノワール。食べてみたいです。今ではクレープはクレープ屋に買いに行くみたいだけど、昔はどの家にも「ブリッグ」と言ってクレープを焼く為の鉄板があったとか。


「アレンテージョ」江國香織
アンテレージョへ行こうと言ったのはマヌエルだ。度重なるマヌエルの不実に腹をたてていたルイシュはそれでも一緒に行く事にした。予約をしていた民宿へ行くと、オーナーの娘・エレナが家出をしようとして見つかった場面に出くわした。誰にでも誠実に優しくしてしまうマヌエル。分かっているのに信じきれない自分。でも二人はお互いに必要としていて…。

社交的過ぎるマヌエルに腹を立てながらも、でも別れる事も出来ないルイシュ。憎らしいほど愛しているって事なのかしら。夕暮れ時、街角にたたずむ老女数人。あれは何の意味があったんだろう?2人がホテルのレストランで食べた蜜びたしの甘いお菓子、天使のほっぺは見るからに甘そうで私には絶対に食べられないと思いました。テレビでの映像で、その天使のほっぺを一口食べた江国さん。「これは恋愛していないと食べられないデザート」と言ったのが、この物語でこんな風に登場して、作家さんってすごいなって思いました。

| 本:その他(アンソロジー) | 19:15 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:15 | - | - |
コメント
こんばんは^^
私も見逃した回があるんです〜・・・不覚。
小説も良かったですけど、番組がとても好きでした。
作家さんが舞台となる地でその土地の食べ物を食べるっていうのが見ていていいなぁと思いました。
それで一つの物語が生まれるんですから凄いですよね。
| 苗坊 | 2010/11/22 7:26 PM |
苗坊さん、こんばんは。

やっぱりその場所の雰囲気とか、映像を見ているのと観ていないのでは印象が違いますよね。
それぞれの作家さんがノート片手に取材している様子が面白かったです。
私だったら「あぁ、美味しかった。綺麗だった」で終わるところで一つの物語が出来てしまうんだから、本当にすごいです。
| なな | 2010/11/24 9:24 PM |
クレープの機械ってブリッグじゃなくてビリッグじゃないですか?
| 通りすがり | 2010/11/27 5:01 PM |
通りすがりさん、御指摘ありがとうございました。
| なな | 2010/11/28 7:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2316
トラックバック
チーズと塩と豆と 角田光代 井上荒野 森絵都 江國香織
チーズと塩と豆と著者:井上 荒野販売元:ホーム社発売日:2010-10-05クチコミを見る 10月放送の、NHK・BSハイビジョン紀行番組「プレミアム8」に登場する4人の女性作家が、それぞれヨーロッパのスローフードやソウルフードを求めて旅をし、その土地を舞台に
| 苗坊の徒然日記 | 2010/11/22 7:27 PM |