CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ペンギンの台所」小川糸 | main | 「英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission1〉スカウト」ロバート・マカモア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「砂漠の悪魔」近藤史恵
JUGEMテーマ:読書


大学生の広太は小さな悪意から親友を死なせてしまう。平凡な大学生活から一転、極寒の北京で日本人留学生の鵜野と出会い、広大な中国西部を旅することに…。終着地のウイグル自治区で、広太は生きる意味を見いだせるのか。

2年前くらいから読み始めた近藤さんの小説。古い本も読みたいって思いながら新刊が出るとついついそっちを手にしてしまいます。

1冊の本の中に色々な物語が盛り込まれてました。

まずは幼馴染・夏樹のことを疎ましく思っていた広太が憧れの先輩・桂に告白された事から、桂を使って夏樹に嫌がらせをした事で、取り返しのつかないことが起こってしまう。動揺や、桂への気持ちなど。すごく揺れていました。

そして夏樹へした事がヤクザに知られてしまい、脅されて中国へ。1週間滞在して何かものを持って帰る。密輸をする事になるんです。一度で終わったかと思ったら、逃げたら桂や親にまで危害を加えるというヤクザ。広太はどうするんだろう?この先どうなっちゃうんだろう???と読むスピードが進みます。

中国で出会った留学生の雅之。彼に今までの出来事を話した所、逃げた方がいいと。電車に22時間乗って行き着いた蘭州、ところが友だちがそこにいないと知り、別の知り合いがいるという酒泉(チュウアン)へ。そこでユウと娘シィに世話になる。日本から追ってきたヤクザを殺してしまい、新疆ウイグル自治区の西の端にちかいカシュガルに帰るというユイについていくことに。そこからウルムチの近くのトルファンに。そこで世話になる。

22時間の列車の旅のすごさ、トイレに立った時に腰掛けてしまう中国人に雅之が取った行動など、近くても全く違う国なんだなぁって思いました。中国には砂漠があるんだなぁって、地図で見たら気がつくことではあるけど、文章で読んでみてあらためて「なるほどねぇ」って感じです。そしてそこから中国内部の争いについて。色々とあるものなんですね。ホテルの部屋で寝ている広太がお腹に巻いていた貴重品に手を伸ばそうとしていた雅之。パスポートが手に入ったとしても、少しの人しか助けられないけど、日本でジャーナリストに話をしても「書くことは出来ない」と。なんだかその手の話って多いですね、あの国。

広太は日本から遥か遠いトルファンで羊の世話をしている訳ですが、読んでいる私にしても最初の大学生の恋愛がらみのあれこれから中国の社会情勢まで、ずいぶんと遠いところにきてしまったなぁって印象。

日本のヤクザは諦めたわけじゃなく、父が交通事故にあったり、経営する工場が火事で焼けたり。そして刑事である夏樹のお父さんが、どうやら広太がヤクザがらみの何かに巻き込まれているのではと言っていると母親から聞くのです。そこで広太は「葬式の時には怒ってた夏樹のお父さんだけど、今だったら助けてくれるかも」なんて考えて帰国する事にするのです。広太君、ちょっと考えがなさ過ぎ!って思ってしまった。

ラスト数ページに砂漠で起こった出来事、そして日本に帰りついた広太がヤクザの事務所で言った事。タイトルの「砂漠の悪魔」がジワジワと心に効きます。
| 本:か行(その他の作家) | 21:24 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |
コメント
こんばんは^^TBさせていただきました。
本当に怒涛の展開でしたよね。息つく暇がない感じでした。
ちょっとまえまで普通の大学生だったのに^^;
広太は、人殺しではないと思います。
いろいろ人の想いが、1番悪い方向へ行ってしまったからこんな悲劇になってしまったのだと思います。
中国の国の背景がもの凄く伝わってくる作品でした。
最後が衝撃的展開で驚きました。
最後まで読み終えたあとにタイトルを見て、深く心に染み入りました。
| 苗坊 | 2010/11/04 12:56 AM |
苗坊さん、おはようございます。
次から次へと色々なところに行って
最初の先輩に恋する大学生はどこに…って感じでした。
タイトル、読んだ後にズシっときますよね。
| なな | 2010/11/06 8:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2299
トラックバック
砂漠の悪魔 近藤史恵
砂漠の悪魔著者:近藤 史恵講談社(2010-09-30)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 大学生の広太は小さな悪意から親友を死なせてしまう。平凡な大学生活から一転、極寒の北京で日本人留学生の鵜野と出会い、広大な中国西部を旅することに…。終着地のウイグル自治区で
| 苗坊の徒然日記 | 2010/11/04 12:54 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2015/03/23 4:25 PM |