CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ストーリー・セラー」有川浩 | main | 「星守る犬」村上たかし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「よそ見津々」柴崎友香
柴崎 友香
日本経済新聞出版社
(2010-09-23)

JUGEMテーマ:読書


あっちに気を取られ、こっちが気になり…好きなもの、したいこと、わからないこと、今のこの感じ…世界とかかわること。初の本格エッセイ集。

大阪から東京に出てきて5年間。日経新聞夕刊、朝日新聞夕刊、CREA、ベターホーム、そのほかさまざまな媒体に書いたエッセイ。

食べ物のこと、ファッション、東京の事、大阪の事、そして本や映画のこと。同じような事を色々な媒体に書いているので「ん?さっきも読んだ」って言うのもいくつかあります。でも、それだけ柴崎さんの思いがぶれていないって事なんでしょうね。

柴崎さん、20代女性の物語をたくさん書いているのでご本人も「若い」って印象でしたが、もう30代なんですね。ビックリだ。
うどんがすごく好きで、冬になると鍋にして、次の日の昼にうどんを入れて食べる事まで考えながら鍋を作って食べているという話。そうか。うどんか。うちはやっぱりご飯で雑炊なんだなぁ。でも、ものすごくうどんが食べたくなりました。

そしてお父さんの出身が小豆島だから素麺をすごくたくさん食べている柴崎さん。スパゲッティーの代わりに素麺を使ったらすごく美味しかったと。たしかに茹で時間は少ないし料理が早く出来上がるかも。今度、一人の昼ごはんのときにやってみたい。

なんだか食べ物関係の話ばかり書いていますが、それ以外にも印象に残ったものは多々あります。OL時代の話などは、その経験がそのまま物語の一部になっているんだなって思うものがたくさんありました。

| 本:さ行(柴崎友香) | 21:45 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |
コメント
こんばんは^^こちらにも失礼いたします。
いろんな雑誌でかかれたものだから、かぶっているものも多かったのでしょうかね・・・。
でも、柴崎さんの幼少時代やOL時代の事についてを知ったのは初めてだったので新鮮でした。
柴崎さんの何気ない日常の雰囲気が好きです。
| 苗坊 | 2010/10/27 9:19 PM |
苗坊さん、こんばんは。
お母さんが美容師さんで、お父さんがご飯を作ってた話とか
地図を見るのが好きだという話も印象深い。
小説もそうですけど、なんだか文章が映像になって頭に残るから不思議です。
| なな | 2010/10/27 10:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
よそ見津々 柴崎友香
よそ見津々著者:柴崎 友香販売元:日本経済新聞出版社発売日:2010-09-23クチコミを見る ここ5年の間に発表された90篇余りで編んだ初の本格エッセイ集。 東京の木、空の色、おいしいもの、洋服……透き通ったのびやかなまなざしが、ふだんの日々のくらしをいとおし
| 苗坊の徒然日記 | 2010/10/27 9:18 PM |