CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ちょんまげぷりん2」荒木源 | main | 「よそ見津々」柴崎友香 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ストーリー・セラー」有川浩
JUGEMテーマ:読書


小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。

「Story Seller」はすごく面白いって聞いて、慌ててネットで買いました。そしていつものように買っちゃったら安心して読まない。そうこうしているうちに本になっちゃったんですね。
Side:A
妻が、思考した分だけ生命力が削られると言う奇病・致死性脳劣化症候群という世界で一人しかかかっていない病気になる。悪化させないためには物を考えてはいけないという。しかし、妻は作家で夫は彼女の一番のファン。妻は作家を辞めることが出来るのか…

同じデザイン会社で働く男女。男性はアシスタントの仕事を確実にこなす彼女の話す言葉が堅苦しい事が気になっていた。ある朝、男性が出社した時に床で寝ていた女性を踏んでしまった。その時の彼女は彼曰く「猫剥げかけ」の状態だった。ある日、具合が悪そうだった彼女を早退させた後、会社では禁止されているUSBメモリーをデスクの上に見つけた彼。USBメモリに何が書かれているのかを見たら、そこには本読みの彼の好みの物語が書かれていた。そしてそれは彼女が書いたものだという。そんな風に始まる物語。彼女は小説を書くのが好きだけど、全く自信がない。彼はそんな彼女の最初のそして最大のファンとなり励まし、彼女はとうとう作家デビューをする。

こんな風に励ましてもらえたら幸せだろうなぁ。とは言え、一番印象深かったのは彼女の家族の話。認知症を患いながらも行動力や決断力のない父親のせいで一軒屋に放置されている祖母。その家のひどさや、父親のひどさ。

文章は「彼」と「俺」が混ざっていてちょっと読みにくかったかな。1ページにわたる「すき」の告白はちょっとくどいって思いました。一言で十分伝わるんじゃないか。

Side:B
 
次回作を何にしようか決めあぐねている作家の妻に対し、彼女の作品の一番のファンの夫はこう答える。「前は女性作家が死ぬ話だっただろ?今度は女性作家の夫が死ぬ話にしてみたら?」それを、面白そうと思った作家にバチが当たる、…!?

会社の同僚だった二人。ある日、屋上に行こうと思った彼女は屋上から涙目の彼が降りてくるのに出会った。彼が呼んでいた本。それは作家だということを隠している彼女の本だった。彼は昔から彼女の作品のファンだった。彼のアドレスは彼女が昔書いた中篇の小説のタイトルで、その作品が単行本になることを願っているのだ。2人は少しずつ距離を縮め、結婚をし、彼女は作家に専念する。ある日、彼が交通事故に巻き込まれたと連絡があった。そしてその時知らされた事実。

後半「Side:B」に入ると「Side:A」は作中作であることが分かるのです。とにかくこの夫婦が甘い。夫がとても甘い。家事はやるし、昼と夜が逆転している専業作家の妻が彼の時間に合わせておきてこようとするのを止めるのです。

「俺は君を甘やかすのが好きなの。君を甘やかすのが俺の人生の目標と言っても過言じゃないね。どうだ、嬉しいか」
「俺が一番好きな作家の旦那になれたんだよ。溺愛するでしょ」


そんな事をいっちゃう旦那さん、欲しい!
| 本:あ行(有川浩) | 22:49 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |
コメント
こんばんは^^
Aの方は読んでいて本当に辛かったのですが、Bはまだ読めました。
2人の深い深い絆が素敵でそれがいっそう切なかったです。
台詞がくさいですよね〜
でも、言われてみたいです・・・
| 苗坊 | 2010/10/27 12:10 AM |
苗坊さん、こんばんは。

Aは最初から最悪の状態で物語が始まったし、彼女の家族がひどかったですよね。
台詞はたしかにくさい。でも、こんな風に甘やかされてみたい〜〜〜
| なな | 2010/10/27 10:13 PM |
確かに少女マンガちっくですが、ちょっと分かりづらくて入り込めませんでした。
Aの方の会社でのやり取りは、うっそぉ〜っていうくらい少女マンガでしたね。
| じゃじゃまま | 2011/03/25 6:31 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。
少女マンガでしたよね。
こんな男性はいない!絶対にいない!
| なな | 2011/03/28 11:43 AM |
こんにちわ。
涙なしでは読めない作品でした。
こんな夫婦愛っていいですよね。
私もとことん、甘やかされてみたいもんですw
色々な感情が押し寄せた物語でした。
| ゆき | 2011/04/23 11:21 AM |
ゆきさん、おはようございます。
甘やかされたいですよね。
実際は崖から落とされるようなことばかりですが…
| なな | 2011/04/25 9:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2284
トラックバック
ストーリー・セラー 有川浩
ストーリー・セラー著者:有川 浩販売元:新潮社発売日:2010-08-20おすすめ度:クチコミを見るオススメ! 小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上
| 苗坊の徒然日記 | 2010/10/27 12:07 AM |
ストーリー・セラー 有川浩著。
≪★★☆≫ sideAとsideBからなる二つの物語。 sideAは、モノを考えると死に近づいてしまうという、世界でたった一人しかいない致死性脳劣化症候群という病気にかかってしまった小説家の女性と、第一号のファンで夫である男性の物語。 二人の出会いは、会社の同僚と
| じゃじゃままブックレビュー | 2011/03/25 6:28 PM |
ストーリー・セラー
***************************************************** このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。 小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。 極限の選択を求められた彼女...
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  | 2011/04/23 11:19 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/01/25 12:00 AM |