CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「オリーブ」吉永南央 | main | 「背表紙は歌う」大崎梢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「空の冒険」吉田修一
吉田 修一
木楽舎
(2010-08-30)

JUGEMテーマ:読書


映画のタイトルのイメージから紡ぎ出される美しく切ない短編小説。旅先で出会った人々や風景を見つめながら、大切な日記のように心のゆらぎや情感を綴ったエッセイ。日常生活の中で感じる哀しさや愛しさが重なり合って、世界でたったひとつの物語が生まれる。芸術的な筆致で心の機微を描き出すショートストーリーズ。

「あの空の下で」の続きというのかな。ANA機内誌『翼の王国』に2008年の秋から2010年の夏まで掲載された短編とエッセイだそうです。「あの空の下で」の短編は全て映画のタイトルだったのですが、今回もきっとそうなんだよね「オール・アバウト・マイ・マザー」まで気がつきませんでした。知らない映画ばかり。

短編なんだけど、一つひとつの空気がすごく素敵。飛行機の中で読んだら、その間だけ別世界にいけそう。読後感もすごくいいのです。

エッセイも面白かった。外国に行くとふらりと映画館に立ち寄って、現地の言葉の映画を見るという吉田さん。言葉がわからなくても楽しめるらしい。ぎっくり腰の話で「ぎっくり腰経験者は多くて、ぎっくり腰だというと自分の経験と対処法を語ってくれる。」「ぎっくり腰はどうやら人に話したくなるものらしい」と。経験ないけど「ぎっくり腰体験談」はたくさん聞いてる。



短編、きっと綺麗サッパリ忘れてしまうんだろうけど、一応自分の為にあらすじを書いておこう。

「女が階段を上がる時」
みつこ賀働くビストロにやってきた男。彼はみつこが東京に出てくるきっかけを作った人。

「緑の光線」
5泊6日のスイス旅行。契約社員として働く麻美は次の仕事まで2週間の休みがあった。家にいようかと思ったが、夫に旅行を勧められた。ジュネーブからチューリッヒへ向う列車で思い立ってベルン駅で降りてみた。

潔癖症気味の主人公。足を水につけて、日本に帰ったらちょっと気持ちがかわっていたらいいのになって思いました。

「居酒屋」
臨時の集客施設や展示会場を設計する仕事で全国各地を飛び回る武井。色々な場所で美味しいお店を教えてもらって立ち寄る。昔、祖母の家に預けられていた時について周った従姉の思い出。

「火まつり」
大学の後輩だった白井が年の瀬になると届けてくれる地元で取れた海の幸。白井は昔から「いいやつ」なのだ。

「オール・アバウト・マイ・マザー」
大学時代からの親友・久枝との北海道旅行。娘たちは子どもの頃から久枝に懐いている。

定年退職した夫が実は料理も上手で掃除もそつなくこなす。自分よりも手際がいいかもしれないことに腹が立つ主人公になんとなく共感を持ちました。

「山の音」
3年ほど前から数ヶ月に一度、シーズンオフの民宿やペンションで週末を過ごすようになった隆志。天気がよければ散歩をし、彫刻等で木を削る。

「恋人たちの食卓」
新学期、バスの中は新入生ばかりで雰囲気が違う。恋人のビビアンと食堂で待ち合わせ。ビビアンは香港出身の女性。

ビビアンの家は3人姉妹。長女はアメリカ人と結婚し、次女は韓国人と結婚、そしてビビアンが日本人と付き合っていて、国際色豊かな食卓なのです。どんな風に会話が成り立つのか、覗いてみたい。

「ドライ・クリーニング」
文子が働くの洗濯代行サービス店。文子は元々服をたたむのが好きだった。

「青の稲妻」
昨夜、眠りに落ちる前に何かをきめた。ただ、何をきめたのかは起きた時に忘れていた。会社がある千駄ヶ谷まで自転車で通う日々。

「赤い橋の下のぬるい水」
夫が突然買ってきた鉢植えの薔薇に赤い虫が湧いていた。

「ほえる犬は噛まない」
7年間付き合っていた遠距離恋愛の彼に振られた。ふと思い立って韓国に来た里佳はソウルタワーを目指していた。

彼に振られて「ブラリ一人旅」なんてすごくかっこいい感じがする。

「桜桃の味」
会社の同僚に誘われて食事に出かけた。そこで出会った同僚の知り合いの友だち。明日から富良野旅行だというその女性の旅の計画を聞き、星座について聞かれた。

恋が始まりそうな予感の物語。ワクワクしました。

| 本:や行(吉田修一) | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2281
トラックバック