CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ちょんまげぷりん」荒木源 | main | 「結婚相手は抽選で」垣谷美雨 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「つばさものがたり」雫井脩介
JUGEMテーマ:読書


君川小麦、26歳、パティシエール。家族と“天使”の助けもあって、ケーキ屋を開店。

読んだ後、幸せの余韻がいつまでも続く素敵な本でした。

君川小麦は、短大を卒業後有名な洋菓子店で試乗中。10年は修行を積んで、いつかは故郷に亡き父の夢だった洋菓子店を開くのが目標の26歳。ところが、そんな小麦に3年前に治療した癌の再発が。病気の事は母や兄に知らせないまま、予定より4年も早く故郷・北伊豆で洋菓子店を開業する。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢という6歳の息子がいる。叶夢は小さい頃から独り言をいい、静かに遊ぶ子だったが、「レイ」という天使の友だちがいるという。

ケーキショップ開店のため小麦が見つけた店舗物件に対し、オープンは盛況だったものの1ヶ月2ヶ月と立つうちに店は閑古鳥が鳴く状態。叶夢は「ここ、はやらないよ」「レイモンドがそう言ってる」と口にし、小麦、代二郎夫妻を戸惑わせる。しかし、お店はオープンは盛況だったものの1ヶ月2ヶ月と立つうちに店は閑古鳥が鳴く状態。体調不良を無理に押して頑張ったものの、母に病気を気付かれ緊張の糸がぷっつりと切れてしまう。

代二郎と小麦、2人が交互に語ります。

癌の再発を家族に隠しながら自分の洋菓子店で一生懸命働く小麦の様子。お店にお客は来なくて、それは叶夢が言った「レイがそういってる」という言葉通り。自分亡きあとを考えているのか、全くの素人である義姉の道恵に厳しくお菓子作りを伝授しようとする。体が辛いだろうに…とせつなくなりました。

兄・代二郎は息子・叶夢のいう天使のレイモンドの事が信じられない。スポーツインストラクターの自分の息子が運動もしないで家で独り言を言ってる事が理解できない。叶夢がレイはエンジェルテストに合格しないと天使と認定してもらえないといい、代二郎にレイに飛行テスト、クロスカントリー、スラロームの指導をして欲しいと言うのです。レイと一緒に自転車に補助輪ナシで乗る練習をしたり、走ったりする叶夢。レイの存在は信じられないけれど、息子と一緒に何かをすることが楽しい代二郎。

天使の合格試験があるという場所に半信半疑ながらも兄と叶夢と共に訪れる。そこで小麦は天使が光るのを見たような気がした。その日から体調が好転し、もう一度ケーキ作りに挑戦しようと決意する。家族と天使の助けでファボリ・ダンジュという店を新たにオープンした。

そこからラストまでは本当に一気読みでした。味覚の戻ってきた小麦が作り出した自分なりのお菓子。将来の自分まで見据えた道恵の決心、そして近所の有名洋菓子店の息子・中川のさりげなさ。以前の店で働いていた松岡の娘が働いてくれたり。みんなが自然な形で小麦をサポートしていて素敵でした。

ラストはまさかのミラクルもなく、哀しいんだけど穏やかな終わり方。
| 本:さ行(その他の作家) | 21:20 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |
コメント
こんばんは^^TBさせていただきました。
雫井さんの作品は2冊目ですが、文章が優しくて好きです。
とても素敵な家族愛を読むことが出来たと思います。
小麦とはちょうど同い年だったので、まだまだやりたいこともあっただろうなぁなんて思いながら読んでいました。
最後はミラクルはなかったですが、それでよかったんですよね。
| 苗坊 | 2010/11/11 1:03 AM |
苗坊さん、こんばんは。
私も雫井さんはそれ程読んでいないのですが
こういうタイプと違ったタイプと二つあるみたいな気がします。
苗坊さんは小麦さんと同い年なんですね。
それじゃぁ共感する部分がいっぱいあったでしょうね。
ラスト、ミラクル発動はなかったけど、それが良かったと思います。
| なな | 2010/11/11 9:39 PM |
お久しぶりです(汗
ラストは自然で穏やかでしたね。
ファヴォリ・ダンジュという素敵な店名の名付け親が
代二郎とは思えない(笑)
全ての登場人物が優しくて良かったです。
| 琉歌 | 2011/05/13 3:13 PM |
琉歌さん、お久しぶりです!

思いやりがいっぱいつまった物語でしたね。
たしかに代二郎から「フォヴォリ・ダンジュ」が出てくるなんて、笑ってしまいますね。
| なな | 2011/05/14 7:59 PM |
ミラクルなラストではなかったけれど、奇跡の物語ですよね。病身でありながら、お店を二度も開店させて、天使を信じる小麦の奇跡。
駅前商店街、ちょっと寂れた感があるんですけど、天使いないんだろうな〜。(爆)
| じゃじゃまま | 2011/06/27 12:31 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

小麦の一生懸命な姿が素敵な物語でした。

じゃじゃままさんの使う駅の商店街
天使に嫌われちゃってるんですね(笑)
| なな | 2011/06/30 8:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2268
トラックバック
【つばさものがたり】 雫井脩介 著
お父さんと約束した夢は私が叶えてあげる  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には
| じゅずじの旦那 | 2010/10/26 6:46 PM |
つばさものがたり 雫井脩介
つばさものがたり著者:雫井 脩介小学館(2010-07-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢(かなむ)という6
| 苗坊の徒然日記 | 2010/11/11 1:01 AM |
「つばさものがたり」雫井脩介
「クローズド・ノート」の雰囲気が好きだったので購入してみました。 『26歳の小麦が、再発したがんと闘いながらも、父が果たせなかった夢のケーキ屋を出店するも売り上げが伸びない。追い討ちをかけるように体調も悪化していき、ついには閉店。けれどまわりの後押
| BOOKCASE | 2011/05/13 3:04 PM |
つばさものがたり 雫井脩介著。
≪★★★≫ パティシエールになるため東京で修行した君川小麦。病気になり、病を隠して故郷の伊豆で父の夢でもあったケーキ屋を開く。 その背中を母が押し、兄夫婦が支え、甥である叶夢が元気付ける。 叶夢には天使が見える。レイという天使が一人前の天使になる応援
| じゃじゃままブックレビュー | 2011/06/27 12:24 PM |