CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「この国。」石持浅海 | main | 「ひそやかな花園」角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
重力ピエロ
JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2009年
監督: 森淳一
上映時間: 119分
出演: 加瀬亮, 岡田将生, 小日向文世, 鈴木京香, 吉高由里子

泉水と春は、優しい父と今は亡き美しい母の愛情に包まれて育った仲の良い兄弟。兄の泉水は遺伝子の研究をする大学院生。一方、街中で落書き消しの仕事をしている弟の春。彼らが暮らす仙台市内は、頻発する連続放火事件に揺れていた。あるとき春は、放火現場の近くに必ず謎のグラフィティアートが描かれていることに気づく。事件との繋がりを直感した春は、泉水を誘って夜の街で張り込みを開始するが…。
原作を読んだ時には春のした事にどうも今ひとつ納得できずにいたのですが、映画はすんなりと受け入れられました。

兄弟がお互いを思う気持ち、両親が息子達を思う気持ちがすごく素敵です。小さい頃の泉水と春が二段ベッドの上と下で「レイプってなに」「う〜ん。レイプ、グレープ、ファンタグレープ」が微笑ましかった。

加瀬亮、あんなにへんてこりんな髪型とメガネで冴えない青年を演じちゃって。岡田将生は観るたび印象が違うのですが、ちょっと危うげな感じが上手く出ていました。小日向さんは冴えない、でも芯の強いお父さんがはまり役でした。

春を追いかける女「夏子」は登場の仕方がちょっと中途半端だったかな。だけど、ブスだった高校時代の夏子が整形をして綺麗な女性に。「モンスター」を思い出しました。
| 見る(邦画) | 21:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2253
トラックバック
「重力ピエロ」★★★★☆ 伊坂幸太郎作品の映画化。岡田将生が良かった!
「重力ピエロ」 観ました。 (allcinemaで詳細を見る) 映画化が立て続けの大人気作家伊坂幸太郎の同名小説の映画化。  あらすじ 大学...
| 映画大好き(*^▽^*)まっつのヨロズ帖 | 2010/10/03 4:27 AM |