CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< レイチェルの結婚 | main | 「白戸修の狼狽」大倉崇裕 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ビターシュガー」大島真寿美
JUGEMテーマ:読書


アラフォー女性の友情―。市子とまりと奈津の三人は二十年来の交流を続けてきた女友達。ある日、市子のマンションにまりの恋人だった年下のカメラマン・旭が転がり込み、奈津にもまた別居中の彼女の夫・憲吾のことで市子は秘密を抱えてしまう。さらに周囲の人間も巻き込んで、三人の人生に確かな変化が訪れる。恋愛、結婚、離婚、友情。三人の女性たちに芽生えた「幸せの誤差」を、魔法のような流麗な文章で描いた傑作小説。

「虹色天気雨」の3年後の物語。

元モデルの奈津は、夫・憲吾と別居状態のまま。美月は中学2年生に。父親と連絡を取ることを止められている美月は市子の家で父親とメールのやり取りをし、夏休みに市子を巻き込んで長野に住む父親に会いに行こうと計画している。まりは市子のところに15歳年上の内藤さんと「恋に落ちた」「結婚がしたい」と報告しに来た。まりの元恋人の旭が市子の家に居候をしているが、家の修理をしてくれたり料理を作ってくれたりと、まるで弟と住んでいるかのような気楽な関係。
今回もみんながワイワイと集まります。何か困ったことがあると、みんな市子の所にやって来て無理やり押し付けます。市子は驚いて「無理!」って言うんだけど、結局最後には引き受けちゃうんです。

旭との生活。恋愛感情なんて全く、本当に姉弟のように穏やかに暮らす二人がなんとも幸せそうで、このまま旭が出て行かなければいいのにって思いました。結局旭は「出て行って欲しい」って言われたらすぐに出て行くって条件付きで辻房江のマンションに引っ越します。ちょっと残念って思ったんだけど、時々市子の所に来てはご飯を作って食べたりしているようで、ニヤニヤ。

そうそう、辻房子。共通の友だち丹羽重彦と結婚しながら、他の人の事が好きになり、マンションを慰謝料に別れ、その後市子の元彼と付き合ったり。いつも自分の女としての魅力を最大限に使って男を渡り歩く彼女が妊娠。ところが相手は結婚してくれず、丹羽とよりを戻したというのが実に辻房子らしいって思いました。

旭といるときには結婚なんてしたくないって思ってたまりが内藤さんと結婚したいと切実に思ったり、別居していた奈津は離婚した途端、長野によく行くようになったり、人生って本当にわからないもなんだよねって感じる物語。

今回も三宅ちゃんの所で働く小糸ちゃんの結婚パーティー(メガネ屋で働き、自分で服を縫ってしまう旦那さん。不思議な人でした)長野でのりんご狩りに大勢で集まってワイワイ。こんな風に出来たら楽しいだろうなぁ。
| 本:あ行(大島真寿美) | 22:19 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:19 | - | - |
コメント
だから大島さんって好きです〜!
ここんとこちょっと切なかったり、イラッと来る物語もあった大島作品ですが、これはワールド全開ですね。
こういう仲間たちだったら、老後も寂しくないですね。(笑)
市子の周りは、ずっとずっとこんな時間が続きそうで、いいな。
辻房恵!!そっか、丹羽君の方がみんなと知り合いなんですね。それにしても辻房恵!ああいうキャラ、話題に事欠かなくて、絶対いますよね。(笑)
| じゃじゃまま | 2010/09/30 4:01 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

これぞ大島さん!って感じ(って言うほど読んでるかしら…私)
読みながら、読んでから、ずっと幸せな気持ちでいられます。
こういう友だち関係いいですよね。
全員が自由。

辻房恵は前作も今回も強烈でした。
| なな | 2010/09/30 9:01 PM |
人間関係が良かったな〜、と思います。
実際に同じ年頃の私としては、彼女たちの関係がうらやましく思えました。
もし他の方が似たようなお話を書いたら嫌気がするような気がしないでもないのですが、大島さんだから読めた、大島さんらしさ出ていい話になっていたと思います。
| たかこ | 2010/10/03 4:20 PM |
たかこさん、こんばんは。

遠慮がないけど、だけど寄りかかりすぎてもいない。
こんな風につながってる友だち、素敵ですよね。
このシリーズ、もっと読みたいです。

大島さんだからこその物語ですよね。
| なな | 2010/10/03 6:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2229
トラックバック
ビターシュガー 大島真寿美著。
≪★★★★☆≫ 「虹色天気雨」の続編ですね。 大島氏のこういう、なんだか現実にはありえないような、でも大島ワールドというのだろうか、そんな魅力全開の「ビターシュガー」はいい! 市子って、作家か翻訳家だっけ?前作で、夫に失踪された奈津は、まりに紹介された
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/09/30 3:57 PM |
ビターシュガー / 大島真寿美
「虹色天気雨」の続編。虹色天気雨の時にも思ったけれど、なんかいいなぁ。 アラフォーの女友達3人の日常。こんなに元気で好き放題にしつつも、友達関係を続けていられるのは、うらやましい。 みんなの誤差。結婚する時期や離婚する時期、子どもができる時期、本
| たかこの記憶領域 | 2010/10/03 4:17 PM |