CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ハイドラの告白」柴村仁 | main | 「真夜中マイフレンド」斉藤洋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「プラチナデータ」東野圭吾
JUGEMテーマ:読書


犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。犯人は、神楽自身であることを示していた―。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。

さくさくと読めて、まぁ面白かった。でも、内容はすぐに忘れちゃいそうです。

犯人が残したDNAを解析すると体格や髪の毛や目の色、禿げやすい体質かどうかもわかる。国民のDNAを登録したデータベースから犯人の血縁者を見つけ出し、そこから犯人を割り出す。そんなシステム。もちろん、そのシステムはプライバシーに配慮せねばならず、匿名性を持ちながら必要な情報を検出できる必要があった。しかし、そのシステムを使っても犯人が見つからないケースが出てきた。それを可能にした頭脳の持ち主が蓼科早樹であった。しかし、そのデータを持ってしても犯人へ繋がるものが見つからない例が現れるようになった。警察庁特殊解析研究所の神楽龍平はDNAの登録数の不足だと信じていたが、その犯人の連続殺人は続き、システムの開発者である蓼科早樹と兄も殺されてしまった。そして現場に残された毛髪は犯人が神楽だという。全く見に覚えのない神楽だが、自分が無実だと言い切れない理由があった。なぜなら神楽は二重人格者で蓼科兄妹が殺された時、もう一人の人格「リュウ」だったからだ。

DNA解析をさらに進化させた捜査システムが導入され、国民は任意であるが登録を義務づけられる。犯罪を起こした人のDNAを調べ、登録してある人たちの中で近いDNAを持っている人がいるのかを照合する。もし近親者に犯人がいたばあい、世間から白い目で見られるわけですが、「自分の身内から犯罪者を出さないためにDNA登録をしよう」と呼びかけられるのです。

こんな世界、絶対に嫌です。自分が登録したDNAデータから自分の身内が犯人だってわかってしまうなんて…そしてやっぱり抜け道が用意されてしまうんです。

父親の自殺から二重人格者になり、データーが全てをあらわしてくれると思っている神楽。人と接することを嫌う蓼科兄妹と唯一接点を持つ神楽が、蓼科兄からデーターから犯人を見つけられないケースについて話があるといわれたが、蓼科兄妹は殺されてしまう。そして現場に残されていた毛髪を調べたところ自分の物だったことがわかる。リュウがやったことなのか?と思っていたら、次々に神楽に不利な証拠が挙がり、警察に追われることに。その神楽と警察の浅倉、2人が同じような推理をし、動けない神楽の変わりに浅倉が調べる。出会った先に現れたのは…あぁ、やっぱりねって感じではありました。

蓼科が神楽に話をしたかったのはどんなことなのか?アメリカからやってきて、警察に追われる神楽を唐突に助け始める白鳥里沙。彼女が蓼科が取り組んでいた「モーグル」について探り出して欲しいといわれます。白鳥が「モーグル」を見つけたかった理由。それもやっぱり日本と同じなんですね。特権階級の人たちって…

| 本:は行(その他の作家) | 21:52 | comments(0) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2218
トラックバック
『プラチナデータ』 東野圭吾・著 | 新しさと美しさに満足です
ミステリといえば、付き物なのが「美少女」。「天才美少女」「白痴の美少女」「全裸の美少女」etc...他によく出てくる設定に「全寮制の学園」「財閥」「近親相姦」「数学者」「プログラマー」「ハッカー」「多重人格」「双子」「三つ子」「四つ子」…はさすがにないか ^
| 23:30の雑記帳 | 2010/08/27 11:35 PM |
プラチナデータ
東野圭吾さんの「プラチナデータ」の感想です。DNA捜査システムで飛躍的に検挙率が上がる中、DNA捜査を嘲笑うかのような事件が発生する。そんな中、システム開発者が何者かに殺される・・・。...
| 東野圭吾さんのファンブログ | 2011/05/03 12:40 AM |
DNAをめぐる・・・
小説「プラチナデータ」を読みました。 著者は 東野 圭吾 DNAと殺人をめぐるミステリー ある種 SFといえる感じで 管理社会の怖さもあり とはいえ、今作はエンターテイメント作品ですね 飽きることなく 最後まで一気に 深さはそれほどなく 単純に楽しめますね そこ
| 笑う学生の生活 | 2011/07/08 9:44 PM |
『プラチナデータ』 東野圭吾
嫁さんが図書館で借りてきていた「東野圭吾」の長篇作品『プラチナデータ』を読みました。 [プラチナデータ] 『嘘をもうひとつだけ』、『虹を操る少年』、『流星の絆』に続き「東野圭吾」作品です。 -----story------------- 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決
| じゅうのblog | 2011/12/14 8:41 PM |
東野圭吾『プラチナデータ』
プラチナデータ東野 圭吾幻冬舎 今回は、東野圭吾『プラチナデータ』を紹介します。まあ、それなりに面白かったですけど、自分の心に印象深く読んだ印象が残っているかといえば違うかもしれないね。近未来の管理社会についてかかれてあったんだろうけど、管理される側
| itchy1976の日記 | 2011/12/17 8:08 PM |
プラチナデータ 東野 圭吾
DNA捜査が行われることになった近未来、 犯罪に巻き込まれることになった 警視庁特殊捜査機関の科学者、 その科学者を追う刑事。 面白かったです。 追跡する側、逃げる側、 けっこう緊張感があって 先が気になって読むのを 止められません。 図書館で借りてきて
| 花ごよみ | 2012/02/21 1:01 PM |
「プラチナデータ」東野圭吾
遺伝子捜査をテーマにした近未来ミステリー。 理系の東野圭吾らしい作品だ。    【送料無料】プラチナデータ [ 東野圭吾 ]価格:760円(税込、送料別) 科学捜査はここまできた。 DNAにより、容疑者(ほぼ犯人と言っていい)の顔まで判明してしまう。 だが、デー
| りゅうちゃん別館 | 2012/11/08 5:50 PM |