CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 私がクマにキレた理由 | main | 7つの贈り物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「あの日にかえりたい」乾ルカ
JUGEMテーマ:読書


北海道を舞台に、時を超え「あの日」へ帰る人びとの、小さな奇跡と希望を描く、感動の傑作短編集!

乾さん、初読みです。「メグル」を借りて2話くらい読んだんだけど、子供に付き合って図書館に行った時待ち時間に読むつもりだったのにうっかり返却してしまったのです。で、再度予約して「メグル」も手元にあるんだけど、こちらを先に。乾さん、北海道の方なんですね。「メグル」の最初の2つもそうだったんだけど、この中の話も全て北海道が舞台です。

最後の「夜、あるく」が一番素敵でした。
「真夜中の動物園」
いじめられっ子の僕は1学期の成績の事でお父さんとお母さんに怒られ家を出た。丘陵の前についたとき右に行くか左に行くか悩み、丘の中を突っ切ることに。木々の奥に動物園のフェンスが見えてきた。破れているところをくぐると、飼育係のおじさんに出会った。おじさんは怒ることもなく僕に動物園を案内してくれる。

動物園のおじさんと会い勇樹をもらう僕。ただ、帽子のツバで顔が隠れているおじさんの首に黒い穴があいているらしいが、そのおじさんが実は…って言うのはなんとなくわかってしまい、将来…と思うとちょっと残念。

「翔る少年」
靴を履かずに怪我をしてさ迷っている少年・元。彼は地震に遭い、お父さんと新しいお母さんと逃げていたはずなんだけど…公園で出会ったおばさんが作ってくれたちらし寿司を食べ、一緒に将棋をして、海でウニを採った。

すごくいい話でした。お互い相手を大切に思いながらも気持ちが通じ合っていなかった元と義母。そんな2人が15年の時を越えて出会ってしまったのですから。

「あの日にかえりたい」
施設で会った80歳の老人は、介護士の卵でボランティアにきた「わたし」だけには心を開いてくれた。彼の嘘のような失敗続きの半生記にただ聞き入る日々。あるとき老人が呟いたひとこと「あの日にかえりたい」の真意とは……!?

老人が話す病気になった妻の事。「あの日」に帰った老人が取った行動はちょっと驚きましたが、妻の名前とわたしの名前が似ていて、亡くなった日と生まれた日が一緒。老人もどこかで生まれ変わっているといいな。

「へび玉」
高校3年の秋。仲良しだったソフトボール部の5人は引退した日に花火をやった。そして15年後に同じ場所で花火をしようと約束したのだ。由紀子はずっと持っていたへび玉を持って、誰も来る事がないとわかっているその場所へ向った。

なんだかとても寂しそうな主人公の由紀子。4人は来るはずがないって思ってへび玉をやったら、高校時代に戻って4人と再会した。4人が来る事が出来ない理由が後から語られるのですが、読んだ後もなんだかすごく寂しい。

「did not finish」
落ち目のプロスキーヤー大黒鉄平はしまったと思ったがもうすでに遅かった。体は飛ばされ、雪の上に血が大量煮ながれている様子を俯瞰する鉄平。流されるようにそれまでの人生を過去に遡っていく。

子どもの頃に見知らぬ大人の人に言われた言葉を信じ、アルペン競技に全人生を賭けて来た男の物語。過去に遡るたび、子どもの頃の自分に自分が言われたのとは違う言葉を言うんだと思う鉄平だが、でも本当にスキーが好きだったんだな。

「夜あるく」
札幌に転勤になり、ウォーキングを始めた亜希子は中学校の正門で満開のハクモクレンを見つけた。そして帽子をかぶった老女と出会った。

この話が一番素敵でした。15年以上も前に死の淵をさ迷って偶然出合った二人。ハクモクレンが2人を会わせてくれたんですね。そして2人ともこっちの世界に帰ってくることが出来て、またハクモクレンの下で再開。
| 本:あ行(その他の作家) | 21:11 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |
コメント
「夜、あるく」は二人が再会できて嬉しくて、そんなラストが好きでしたけど、「翔る少年」も好きなんですよね〜。悲しい真実もあるんだけど、でも時を超えて会えてよかったね!!みたいな。
乾さんの「プロメテウスの涙」もすごく面白かったですよ。
| じゃじゃまま | 2010/10/16 10:20 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

「夜、あるく」は木蓮の季節に思い出しそうな物語でした。
「翔る少年」義母の視線の温かさが良かったですよね。
どれもこれも素敵な物語でした。
「プロメテウスの涙」も読んでみます♪
| なな | 2010/10/17 9:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2215
トラックバック
あの日にかえりたい 乾ルカ著。
≪★★★≫ 誰しも、かえりたい日がある。もしも、それが叶うのなら。 −時の残酷さと優しさ、時空を超えた小さな奇跡と一滴の希望を描いた渾身の短篇集。− 乾氏は「プロメテウスの涙」が初読みだった。すごかった。なんというか、そういうことか!って衝撃が大きくて
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/10/16 10:16 PM |