CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「七人の敵がいる」加納朋子 | main | 「ブレイズメス1990」海堂尊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「八月の魔法使い」石持浅海
JUGEMテーマ:読書


危険だ。関わりあいになるのはあまりにも危険だ。でも、恋人からのSOSに応えないわけにはいかない。入社7年目の若きサラリーマン、経営陣を揺るがす“あってはいけない文書”の謎に挑む!役員会議室と総務部で同時に提示された“工場事故報告書”が、混乱を引き起こす!これはいったい何だ?たまたま総務部に居合わせた草食系サラリーマンは、役員会議室で事件に巻き込まれた恋人を救えるのか。

すごく石持さんらしい物語だと思いました。主人公の拓馬、よくもまぁこんなに色々考えられるものです。

お気楽なはずの企画部の役員報告会議の席上、プレゼンの資料の中に紛れ込んでいた「工場事故報告書」一方、役員報告会議が開かれている時と同じ頃、総務部の中で定年間際の松本課長から総務部長に提示された「工場事故報告書」たまたま総務部にいた拓馬は松本課長の行動を目撃してしまう。そしてたまたま役員会議に参加していた恋人から会議室で起こっている事を知らされ、恋人を助けなければいけないと思う。

正式なルートで上がってこなかった「工事事故報告書」それは正式なものなのか?だとしたら作成したのは誰で、握りつぶしたのは誰なか?行きがかり上、それを考える事になった拓馬。もうすぐ定年の松本課長は実は昔は「カミソリ」と呼ばれる頭の切れる男だった。

会議室の中では「工事事故報告書」を巡り、副社長候補たちがそれぞれの思惑を胸に秘めながら、喧々諤々と犯人探しの言い合いが繰り広げられます。社長の前で「つい」「うっかり」と口を滑らしてしまい、「副社長候補」から落ちていく役員達。

松本の表情を見ながら「工事事故報告書」について考えていく拓馬。本当に色々と考えるのです。だけど、なんといっても驚いたのは「会社の論理」です。たとえ間違っていることでも「間違っている」とは言えない会社。つねに政治的な配慮をして発言しなければいけないなんて…ストレスいっぱいになりそうです。私には絶対に無理だ!
| 本:あ行(石持浅海) | 22:13 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |
コメント
こんばんわ^^
石持さんらしい作品でしたよね。
いろいろ考えて考えて結論が出て終わるって言う^^;
けなしてはいないです。
よくこんなにいろいろ考えられるなぁと思います。
私もこんな会社はイヤですね〜
| 苗坊 | 2010/09/05 12:02 AM |
苗坊さん、こんばんは。

本当に石持さんらしいです。
私もよく、こんなに色々一人で考えつくなぁって思います。
すごいですよね。
| なな | 2010/09/05 8:53 PM |
一緒になって考えるというよりは、考えを追っていく感じになっちゃいました。
いつもながら、よくこれだけ…って思います。

会社の幹部の人たち、ダメダメでしたね。
| ちきちき | 2010/09/05 9:27 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
そうそう。置いていかれないように頑張る!
そんな感じです(笑)

こんな幹部がそろってる会社、どうなんでしょうね。
| なな | 2010/09/06 8:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2210
トラックバック
八月の魔法使い 石持浅海
八月の魔法使い著者:石持浅海販売元:光文社発売日:2010-07-17おすすめ度:クチコミを見る 危険だ。関わりあいになるのはあまりにも危険だ。 でも、恋人からのSOSに応えないわけにはいかない。 入社7年目の若きサラリーマン、経営陣を揺るがす“あってはいけない文
| 苗坊の徒然日記 | 2010/09/05 12:01 AM |
八月の魔法使い
JUGEMテーマ:読書&nbsp; 危険だ。関わりにあいになるのはあまりにも危険だ。でも、恋人からのSOSに応えないわけにはいかない。入社7年目の若きサラリーマン、経営陣を揺るがす“あってはいけない文書”の謎に挑む!役員会議室と総務部で同時に提示された“工場事
| ぼちぼち | 2010/09/05 9:31 PM |