CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「空を見上げる古い歌を口ずさむ」小路幸也 | main | コストコのマフィン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ひなた」吉田修一
ひなた
吉田 修一

新堂レイ。大路尚純。大路桂子。大路浩一。それぞれが一人称で語る春・夏・秋・冬の出来事。

元ヤンキー、新卒で有名ファッションブランドHの広報に採用された進藤レイ。レイの恋人で大学生の大路尚純。彼の兄で信用金庫で働き演劇サークルに所属する大路浩一。浩一の妻で雑誌の編集部に勤める大路桂子。そして浩一の昔からの親友で離婚間近の田辺。

JJで連載されてたものを大幅加筆・訂正しているようですが、設定がいかにもJJらしい。女の人は「H」社の広報(ずっと「H」社で通してたのに、一度だけエルメスって出てきてますが…替え忘れたのかしら?)や雑誌編集者。誰もがなれるわけじゃない職業で輝いてる「デキル」女。一方男の人は就職活動してない大学生、信用金庫勤務、サラ金にお金を借りてる失業者。浮気するでもない。あぁ、情けない。

4人が淡々と日常を語ります。すごく大きな出来事があるわけじゃなく、普通なんです。ラストだって日々私たちが暮らしてる実際の日常のように最後まで何も解決しない。だけど、4人それぞれが「彼女」「彼」「夫」「妻」以外に見せるプライベートな一面がちゃんと描かれていて、すごく面白かったです。

夫婦の関係、そして「妻」でいる事の不安について考えてしまいました。家族を送り出した後、家で家族の帰りを待ってるときに「なんでこうやって普通に待ってられるんだろう」って不安になった桂子の母の話や、ラストの「自信ない」って言い合う浩一と桂子。日々忙しくしてるときには全く考えないけど、フとした拍子に考えてしまいそう。考えたくないから、忙しくしてるのかもなぁと思いました。

それにしても吉田さん、ホモネタ好きですね。浩一と桂子が別々に語る「7年ぶりに再会した話」を読んだ時ギョっとしました。
| 本:や行(吉田修一) | 22:41 | comments(12) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは♪
『ひなた』遅ればせながら読みました。
大路桂子さん、女性の方が読まれたらずるいと思われるかもしれませんが、男性視点から見てかわいいところがあります(笑)
吉田さんが描くと、女性作家が描くほど角が立たないような気がします。

来月も集英社から新刊出るみたいです。
今度は発売してすぐに読む予定です(笑)
| トラキチ | 2006/05/28 2:06 AM |
トラキチさん、こんばんは。

私は仕事をこんな風にバリバリできるタイプじゃないので
桂子もレイも憧れます。
桂子さん、男性からみたらかわいいんですね。
田辺さんの事も自分のこともサラリと流して生きているような気がしました。

来月も新刊でるんですね。
情報ありがとうございます。
| なな | 2006/05/28 9:14 PM |
ななさん、こんにちは。
たまたま、久しぶりに吉田さん読んでました。
ふだん意識せずに使い分けていることを、
こうして小説で読むと日常がドラマチックに感じられるような気がします。

>桂子の母の話や、ラストの「自信ない」って言い合う浩一と桂子。

先々、自分の生活の中にこういう不安を感じる場面も出てくるかも、ですね。
| 藍色 | 2006/06/22 4:49 PM |
藍色さん、こんばんは。
そうですね。
普段、人は無意識に使い分けているんですよね。

桂子の母の話や「自信がない」は本当に自分の周りがガラガラと音を立てて崩れていきそうな程でした。
不安を感じない結婚生活をずっと続けていく人もいるんです、きっと。
| なな | 2006/06/22 10:53 PM |
吉田さんの作品を読むと、日常って案外あやういバランスで成り立ってるのかも・・と思えてしまって不安になります。
ほんと、考えたくないから忙しくしてるのかもしれません。

一箇所エルメスって出てたんですね。気がつきませんでしたー。(気づかなかったのがちょっと悔しい 笑)
| june | 2006/06/27 10:20 PM |
juneさん、そうなんです。
ついうっかり気がついてしまうと恐ろしいので
考えないように忙しくしている自分。
本をよんで、その「ついうっかり」になってしまいそうで怖かったです。

エルメス。前半部分に出てきたような気がします。
| なな | 2006/06/29 12:24 AM |
Hってエルメスだと思って読んでたら
「エルメス」って出ちゃって
「あ、違うんだ?」って思ってしまいましたが、
ミスなんでしょうかね?
それと最後の感想にある部分は
自分もずっと感じてました。
数作品しか読んでませんが、
良く出てきますよね、ホモネタ・・・。好きなのかな・・。
| す〜さん | 2006/09/09 11:11 PM |
す〜さん、こんばんは。

H、私はミスだと思うんです。
連載されていたのがJJだし、その時にはブランド名が出ていたんじゃないかなって…

吉田さん、ホモネタ好きですよね。
あら!又なの!って思っちゃいます。
| なな | 2006/09/12 9:01 PM |
エルメスって出てきたの、私も気づきましたよ。
あれ、って思いましたもん。
うちは二人とも仕事続けてるから、送り出した後の妻、にはならないのだけど、もしも専業主婦で暇になったらどうするのかな、とはちょっと考えますね。
とりあえず今のところは辞める気はないのだけど、ちらっと辞めることを勧められたりするので、主人に。
「自信ない」多分自信なんてあと30年くらいたったって持てない。
だって、どうしたって他人なのだから。
本気で自信を持てるなら熟年離婚なんてないですよね。
自信、持てるようになったらいいな、とは思いますけど。
| うー | 2006/10/20 11:35 PM |
うーさん、こんばんは。

やっぱり1箇所だけ出てきますよね。
エルメスって。

私もパートで仕事は続けているので今は気になりませんが、
妊娠出産して一時仕事を離れていた時には
スーパーのレジの人も羨ましかったです。
「のんびりしたいなぁ」って思うくらいがいいのかもしれません。

「自信」は全く持てないです。
ただ、私は怠け者なので、今の状態を壊すだけの気力がない。それだけでダラダラと続けていくんだと思います。
だから、いろんな事考えないで生活していたりします。
考え出したら深みにはまっていきそうで怖いです。
| なな | 2006/10/22 10:48 PM |
おはようございます。ななさん。
あはは。そうですね。ホモネタのところは、私も唐突すぎる感じがしました。
こういうシュチュエーションって、必要だったのでしょうか?(笑)
| ゆう | 2006/12/25 9:18 AM |
ゆうさん、ねーねー。
ギョッとして、そしてやっぱり、でたぁー!って
思ってしまいました。
| なな | 2006/12/25 9:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/22
トラックバック
『ひなた』 吉田修一 (光文社)
ひなた吉田 修一 / 光文社(2006/01/21)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog “都会人の持つ空虚感”を的確に描写。 この作品は雑誌“JJ”に連載されていたものを大幅改稿したもの。 やはり女性読者を強
| 活字中毒日記! | 2006/05/28 2:02 AM |
ひなた、吉田修一
カバー写真は安村祟。 1996年「Water」で文学界新人賞最終候補。1997年「最後の息子」で、第117回芥川賞候補。2002年「パレード」で第15回山本周五郎賞受賞。「パーク・ライフ」で第127回芥川賞受賞。
| 粋な提案 | 2006/06/22 4:50 PM |
「ひなた」吉田修一
ひなた よっしゅう(伊坂さんの真似です♪)の本は、何気ない日常を描いたものだと思っていると、思いもしないところで闇を覗くことになったり、軽やかなのにどこか不安な気持ちにさせられます。そして、その不安さや、ざらりと残る感覚がまた妙に気になるのです。こ
| 本のある生活 | 2006/06/27 9:58 PM |
ひなた    〜吉田 修一〜
男女4人がそれぞれ話しを進めていく。 春夏秋冬で1年間をそれぞれがそれぞれの立場で 他の3人と周りを取り囲む人々の現状も踏まえながら話を続けていく。 それぞれが何かしら不安や悩みを抱えながら、 日々の生活
| My Favorite Books | 2006/09/09 11:15 PM |
『ひなた』吉田 修一
四人の視点から見た四季の移り変わり。 複雑な家庭環境は彼も彼女も意味は違うけど同じ。 それぞれに自分の家族を愛している。 気楽に過ごせる場所だと思っている。 その裏に隠された秘密を知っても、やはり家族とはそういうものなのだ。 レイの勤めてるHってエル
| うーうーにっき | 2006/10/20 11:36 PM |
ひなた 吉田修一
有名なブランドの広報に就職を決めたレイ。その彼氏である大学生の尚純。尚純の兄・浩一と、ファッション誌の副編集長である妻の桂子。 この四人のそれぞれの視線を通して、過ぎていく春夏秋冬をリアルに描く物語。 不倫や出生の秘密、借金に暗い過去、貧しく品のない
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/12/25 9:17 AM |