CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夜行観覧車」湊かなえ | main | 7月に観た映画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「月の恋人―Moon Lovers」道尾秀介
JUGEMテーマ:読書


冷徹にビジネスを成功させる青年社長・葉月蓮介が、夜の上海で巡り合った女。ありえない二人の物語は、美貌の中国人モデルや、部下の社員らを巻き込み予測不能の展開に…。

月9は見ていなかったので、ドラマとの違いがどうのとかは全く語れないのですが、あっという間に読めて面白かったです。なんだか蓮介の強くて弱いところがとても魅力的で、ちょっと目がハート。

二十五歳の派遣社員の椋森弥生は、テレビで見た家具メーカーレゴリス社長・葉月蓮介の「ものすごい人生哲学」に感銘を受けたフリーターの恋人・林原翔太から資格試験を受けるための十五万円の通信教材費の借金を頼まれ快諾。しかし、翔太から裏切られ、派遣先の信頼していた社員のミスを被せられたこともあり、全てを忘れ豪遊するために上海行きを決行。レゴリスの上海支店のオープニング記念パーティーの為上海にいた葉月蓮介は「家具の葉月」を営んでる父・泰造から、蓮介が子供の頃、クイズを出されたのを覚えていて、上海支店オープンを祝したFAXを送られる。そこに書いてあった「十円玉四枚合わせて何に見えるか」のクイズは昔蓮介が父親に出したクイズだった。蓮介と弥生はケーキ店で偶然出会う。助けられた弥生は小さな酒場に広報部長・野方風見と食事中の蓮介を偶然見つけ、礼を言おうと近づく。クイズの答がわからない蓮介は弥生にそのクイズを出す。弥生は「アメンボだ!」と答える。そのお礼にケーキを食べさせてやると言われ、デートかと胸ときめかせて出かけると、自分には場違いなレゴリスのオープニング記念パーティーで立腹し、お礼とは一言「ありがとう」と言うものだと啖呵を切り、帰国。上海行きも、豪遊という目的を果たさずして帰国するのも、連介のせいに思え、憤る。
とにかく蓮介が素敵でした。読んでいる間ずっと「弥生が羨ましい」って思っちゃってました(笑)

中国での生活に疲れ東京で成功している父に会いに来たシュウメイ。父ハンヤンは見栄を張っていただけで、借金だらけの貧乏生活をしている父に驚く。そして何とかしなければと誘われていたレゴリスのモデルになった。謎の女性と言うことで、お忍びで生活しながら父の借金を返したシュウメイ。ハンヤンは「ありがとう」という言葉を残して自殺してしまうのですが、遺書を読みながら回想するシュウメイの「あのとき、ハンヤンが一瞬見せた顔。両目が消えて、そこにぽっかりと二つの穴があいているように見えた」はドキっとしました。

弥生が働き出した高畠商会の高畠さん。谷中の北海道料理のみせ「おんちゃん」の鉄二さん。なんだかとてもいい人たちでした。

「10円玉4枚で何に見えるか」や「電車の中でマナーモードの携帯がふるえたんだと思ったら、後ろに立ってた人のオナラだった」とか、「プロムナード」に書いてあった体験話があって、なんだか「知ってる!」っておかしくなりました。
| 本:ま行(道尾秀介) | 21:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |
コメント
あつーい!
やちほは涼しくて良かったのに、帰って来たらまだ夏…。
やちほって、冷房がないのよ!そういうところなんだねー。

月9見てました。
話が随分違うんだなーと、びっくりしたよ。
蓮介はねー、ドラマでは素敵じゃなかったよ。
なんというか、最後まで感情表現が下手で、何考えているかわからず、周りの優しくていい女たちがなぜ好きになるんだろう?と疑問だった。
| ゆうき | 2010/08/03 6:02 PM |
ゆうき、お帰りなさい。

本の蓮介、私は好きだったなぁ。
ドラマと本、別物って考えた方がいいんだね。
| なな | 2010/08/05 9:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2190
トラックバック