CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「光待つ場所へ」辻村深月 | main | 「プシュケの涙」柴村仁 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「バイバイ、ブラックバード」伊坂幸太郎
JUGEMテーマ:読書


太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。1話が50人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。

5股をかけていた星野一彦は、借金苦に陥り2週間後に<あのバス>と呼ばれるバスに乗せられ、どこか怖ろしい場所へ連れて行かれる事が決まっている。その前に付き合っている女性にお別れを言いたいといった星野。そこでお目付け役の身長180センチ、体重180キロの巨漢女性繭美を偽りの婚約者ということにして、5人の女性たちに別れの挨拶に行くというお話である。

各章、始まりはそれぞれの女性が星野とであったときのこと。そして現在の話は「あれも嘘だったわけね」で始まります。5股もかけちゃうような女性ってどんな男なの?!って思います。「若者らしさと成熟した大人の雰囲気を併せ持つ星野。短い髪に、高い鼻、目と耳が大きく、整っているとは言いがたいものの、個性はある」と一人の女性は語ってます。ひどい男なのかと思えば、単なる優柔不断で、だけど困ってる人を見捨てることが出来ない優しい男なのかな。

星野の婚約者という設定になっている繭美。彼女のすごさったら想像を絶しています。とにかく他人の迷惑なんて全く考えていない。いや、むしろ他人がいやな顔をするのを見るのが繭美の喜びって感じ。話の途中で小箱から出した耳かきで耳掃除をする。「常識」「気遣い」などの言葉を塗りつぶした辞書を持ち歩く繭美。繭美の辞書は書いてある字の方が少ないんじゃないかな。人を食ったような喋り方、


5人の女性との別れですが、哀しいだけじゃなく、なんとなく笑えたり、すごく幸せな気持ちになれたりするのです。最後の話が一番素敵だなって思いました。
「1」
一人でイチゴ狩りに来ていた廣瀬あかりは同じくスーツ姿でイチゴ狩りに来て係りの人に文句を言っていた星野と出会った。
「結婚するから別れて欲しい。実は5股をかけていた」という話におこる廣瀬あかり。繭子は「近所のラーメン屋のジャンボラーメン大食いチャンレンジ。30分で食べきれたら別れろ」と言う。ラーメン屋でチャレンジを始めると、そこには同じようにチャレンジをしている茄子顔の男がいた。その男の目の前には綺麗な女性が。

目の前で食べきれない男性を見ていた星野は女性と繭美がトイレに行ってる隙に自分のラーメンを食べつくして、それを男性のとすりかえるのです。ここですっかり星野に惹かれてしまいました。

「2」
シングルマザーの霜月りさ子は息子と車に乗っているときに道路の真ん中に立っていた星野とであった。「危ないじゃないですか」というりさ子に星野は「フレンチ・コネクションを観たことがありますか」と話し始めた。
いつも「星野さんとあえてラッキーだった」と行ってたりさ子は前日にコニビニで車をあて逃げされたらしい。最後に「1年半楽しかったです。会えて良かったです」といい別れた。それから2人はりさ子が当て逃げされたというコンビニに行き、犯人を捜す。

りさ子と星野が出会ったきっかけは星野が目の前に突然現れた男に「警察だ。車を貸してくれ」と不知火刑事にいわれたからなんだけど、繭美はそんな話はありえない。不知火刑事なんていないと言い張るのです。そして自分達が人の車を奪って当て逃げ犯人を追跡中、不知火刑事に出会っちゃうから面白い。

「3」
出会いは深夜。真っ黒い服を着てロープを肩からかけていた如月ユミに星野が声をかけた事。
星野っちは漫画だらけのユミの部屋に本棚を作った。ユミは「じゃあね、星野っち。私ね、正直それどころじゃない」といい、あっさりと別れた。ユミの部屋でトイレに行った繭美は納戸にあった地図に○印がついていて、部屋番号と暗証番号が書いてあるのを見つけた。カレンダーには明後日の所に丸印がつき「決行!!!」と書いてあった。ユミはそこに泥棒にはいるのでは…2人はそのマンションに行ってみた。

ユミの反応に唖然としました。色々解決した後にもまたロープを持って歩いているし。星野じゃないけど「がんばれよ(汗)」ですね。繭美、態度がでかいだけじゃなく、強いんだ。

「4」
中耳炎の治療で耳鼻科に言った神田那美子は点滴中、カーテンで仕切られた向うから「困りました」という声を聞く。それが星野で、以前付き合っていた女性の父親がやっている耳鼻科に来てしまったので、殺されるかもしれないという。
子どもの頃から算数が隙だった那美子は会計士になった。数字を見ると日本語に訳す癖のある那美子は「一彦君からの電話がかかってきたとき時間が18時18分「1818」だったから、たぶん別れ話だろうと思った」と言う。そんな那美子は乳がんの疑いがあり、検査をしてあさってが検査を聞きに行く日だという。検査の結果が気になった星野は代役を立てて検査を聞きに行く作戦を考えた。

「5」
有須睦子がスポーツドリンクのCM撮影をしていた時、クリエイティブディレクターの友人としてやってきた星野。星野は睦子が女優だということを全く知らなかった。
繭美と結婚するという星野に「私は絶対に別れないよ。別れたくないからね」という睦子。睦子は写真週刊誌に共演男優との写真を撮られてしまい、マンションの下にはマスコミが集まっていた。そのマスコミの注目をひき、睦子たちが車に乗り込みやすくしてあげることになった2人は、一緒に撮影現場に行き、エキストラとして出演することに。

サイボーグのようなマネージャーの佐野さんの存在がいいなぁ。「時代の寵児」と「村田兆治」「磁場」と「地場産業」など、睦子が別れないっていうのも納得だなって思えるようなものがいっぱいの星野と睦子。そして最後に「夢」がパンになることで、私も佐野さんと一緒に涙を流しそうになりました。

「6」
そしてバスに乗る日。最後の日は雪。繭美は「後先を考えないおまえは、目の前で寂しそうにしている人がいたら、とりあえず声をかけちまうんだ」といい「もしわたしが連れ去られたら、たぶん私を助けようと考えるぞ」と言う。そして繭美は連れ去られ、星野は繭美を探そうとする。いよいよ、バスに乗るときが来た。

繭美が人攫いにあってしまったとき、逃げればいいのに助けに行っちゃう星野ってやっぱり星野なんですよね。本当に憎めない人です。最後の最後に繭美がオンボロのオートバイで彼を追いかけようとして、かからないエンジンをキック、キック、キックするのですが、果たしてエンジンはかかったのか?かかることを希望する訳ですが、その後どうなるのか。そんなラストの続きを色々と想像してしまう物語でした。
| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 22:06 | comments(4) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - |
コメント
それぞれの彼女との出会いが、面白かったです。
不知火刑事とか笑ってしまった。
なんだかつかみどころのない男の人でしたね。

後半は泣けるお話が多かったです。
別れることでの涙じゃないのが素敵でした。

最後、かかれ!って応援してしまいます。
| ちきちき | 2010/10/08 9:16 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

そうそう。
色んな出会いがありました。
星野、冴えない男っぽいのになんでもてるんだろう?

有須睦子の昔の思い出の人が星野だった時には
ちょっと鳥肌が立ちました。

ラストは応援したくなりますよね。
| なな | 2010/10/09 9:48 PM |
「オー!ファーザー」に続いて、なんともありえない設定のお話でしたね。
なんですか、繭美って。なんですか<あのバス>って。(笑)いったいどこへ連れて行かれちゃうんですかね。不可解なのに、すっかり星野一彦と繭美に慣れてしまって。(苦笑)

絶対にエンジンかかりましたよね!
| じゃじゃまま | 2011/03/08 1:58 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。
そうそう、繭美の不細工さも星野のもてっぷりも
まるで信じられないんだけど、気がついたら
そんなもんか…ってすっかり小説の世界に入り込んでました。

エンジン、かかりました!ね。
| なな | 2011/03/10 9:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2187
トラックバック
バイバイ、ブラックバード
なんだか不思議な企画物らしいです。 伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」です。 全6話の連作短編のうち、前から5話までは 「ゆうびん小説」として、それぞれ50名の方に届けられる という趣向が行われ、最終話は書き下ろしです。 つまり、ほとんどの人にとっ
| 雑読日記 | 2010/08/11 8:29 PM |
バイバイ、ブラックバード
「バイバイ、ブラックバード」 2010年 カンフル評価 4.5点(5点満点) 作者 伊坂幸太郎 双葉社 作品名は、マイルス・デイビスの曲名...
| H-KのカンフルDaze(デイズ) | 2010/09/15 10:34 PM |
バイバイ、ブラックバード
JUGEMテーマ:読書&nbsp; 一話が50人だけのために書かれ、自宅に届けられた「ゆうびん小説」が、書き下ろしの最終話が加えられ、遂に単行本化。自分も誰かに贈りたくなるような連作短編集。 双葉社HPよりあれ、全然内容がわかんないですね。借金のせいで、二週
| ぼちぼち | 2010/10/08 9:27 PM |
バイバイ、ブラックバード / 伊坂幸太郎
ポスタルノベル、郵便小説というものらしい。50人限定の読者に届けられていたもの。だからかな、すごくのんびり(話の内容は物騒だけど)というか、のびのびした感じがする。 で、まず五股と聞いて思い出したのが「オー!ファーザー」。どうやったら5人と付き合
| たかこの記憶領域 | 2010/11/23 5:34 PM |
バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎著
伊坂幸太郎の「バイバイ、ブラックバード」を読んでみました。 本作は太宰治の未完の遺稿となった「グッドバイ」のオマージュ作品。 太宰治の「グッドバイ」は、女にだらしない編集長が、妻子との生活を立て直そうと決意して、10人くらいいる愛人とお別れするお話。
| 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ | 2011/01/19 8:13 PM |
バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎著。
≪★★☆≫ 星野一彦はなにか大きなミスを犯してしまい、&lt;あのバス&gt;に乗り、一度行ってしまったら人間として戻って来られないようなところへ連れて行かれるらしい。 そして&lt;あのバス&gt;に乗せるために監視役として派遣されてきた繭美と共に
| じゃじゃままブックレビュー | 2011/03/08 1:56 PM |
6編の別れ話
小説「バイバイ、ブラックバード」を読みました。 著者は 伊坂 幸太郎 5股した男の5人の女性との別れ話 6編から連作短編 伊坂作品らしい軽妙さ やはり面白い どの短編も同じような構成で しかし どの話 飽きさせなくて 何より繭美の存在 キャラが立っていて 笑
| 笑う学生の生活 | 2011/05/21 2:32 PM |