CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦 | main | 下田 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ふたりの距離の概算」米澤穂信
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2010-06-26)

JUGEMテーマ:読書


春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理する!

待ってました!「古典部シリーズ」の第五弾。

ホータローたち古典部のメンバーは2年生になり、5月の神山高校星ヶ谷杯。古典部は4月に新入生・大日向友子が仮入部していたのだけれど、マラソン大会前日に急にやめると告げた。20kmのマラソンを走り終えるまでに大日向が入部を取りやめた原因を推理しなくてはならない。前日、部室にいたのはホータロー、えると大日向の3人だった。大日向は帰りがけに摩耶花と会い、入部を辞めることを告げたというのだ。他人に興味のない省エネ主義のホータローは、大日向の入部とりやめは突然の事のように感じられるのだが、前日の部室で千反田と大日向の間に何かしらあったのか?仮入部してからこの日までの間の出来事が積もり積もって内心思うことがあったのでは?と考える。しかし、いかんせん情報が少なすぎる。20キロのマラソン大会中に後から出発する千反田えると伊原摩耶花に接触し、そのご大日向からも話を聞かなくては…
20キロ走る間に、4月からの色々な出来事を検証し、推理し、後ろから走ってくる伊原、千反田、大日向と話をするホータロー。タイトルの「ふたりの距離の概算」は後ろから走ってくる人との距離のであり、心の距離でもあるんだなって思いました。

スタートして1キロ過ぎたとき、まず会ったのは福部里志。彼は総務委員なのでマウンテンバイクに乗ってコース全体を監督している。里志は前日、伊原摩耶花が大日向から聞いた事「千反田さんは仏様みたいな人だから」と言う言葉をホータローに伝えた。

そしてホータローは新勧祭で初めて大日向に会った時のことを考える。あの日、千反田と一緒に古典部に割り当てられたテーブルに座っていたホータロー。2人は向いの広めのテーブルでクッキーと紅茶を振る舞いながら派手に新入生を勧誘していた製菓研究会を見ていた。そこで出た千反田の「わたし、気になります」の一言。長いテーブルの片方に置かれている大きなカボチャ、反対側にある卓上コンロ。そしてクッキーと魔法瓶に入っている紅茶の謎。

伊原がやって来た。彼女から聞いた大日向が言ったのは「千反田先輩は菩薩みたいな人だ」だったという事実。菩薩とは…

そしてホータローは27日前。5月のホータローの誕生日に古典部のメンバーがケーキを持って古典部を訪ねてきた時のことを考えた。その時、ホータローは招き猫とジャムが気がかりだった。

里志と又会った。里志に「外見が菩薩に見えるなら、内心はなんだ?」と聞いてみる。帰ってきた答えは「外面は菩薩の如くなら、内心は決まっている…夜叉さ」

そして13日前、大日向の従兄が新しく始める喫茶店のモニター客になるために出かけた古典部のメンバー。ブレンドを飲み、スコーンを出してもらった。千反田は家の用事があり、途中から参加した。漢字3文字の喫茶店の名前は?

千反田を待つ間、思い出していたのは前日、部室に行こうとした時に見た空き教室のドアにぶら下がる大日向。2人で部室に入っていくと千反田がいた。本に集中していたホータローは千反田の「はい」という声で気持ちが教室に戻る。そこに大日向はいなかった。そして暫くした時伊原が入ってきて、大日向が入部しないと告げたのだ。

大日向と話をする前に千反田と話をするホータロー。大日向さんがやめたのは自分のせいだという千反田。そんな千反田に「大日向は携帯電話は覗かれたからって怒っているわけではない」というホータロー。

そして最後に大日向とわき道にそれて話をする。大日向が入部しないと決めた理由は全くの勘違いだった訳で、大日向はすごくいい古典部部員になれたと思うんだけど…ちょっと残念。でも、古典部は4人でいいのか。
| 本:や行(米澤穂信) | 20:04 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:04 | - | - |
コメント
古典部シリーズって、もう5作目だったんですね…

今回構成が面白かったですね。
走りながら、あとから追いかけてくる人たちの話を聞いて推理…ってのはへええ、って感じでした。

古典部、4人でいい気がすごくするんですが、後輩がひとりくらいいても、それはそれで楽しそうだったので、大日向のことは残念でした。
| ちきちき | 2010/09/07 7:53 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

5作目だけど2年生の春。
まだまだいっぱい楽しめそうですね。

本当に走りながら、後ろの人を持って話をして
推理してと構成が面白かったでうs。

大日向、残念でしたね。
| なな | 2010/09/08 8:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2183
トラックバック
ふたりの距離の概算
JUGEMテーマ:読書 米澤穂信、青春ミステリーの傑作シリーズ〈古典部〉最新作!春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の
| ぼちぼち | 2010/09/07 7:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/12/07 8:58 PM |