CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「はじめまして、本棚荘」紺野キリフキ | main | 「民王」池井戸潤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「和菓子のアン」坂木司
JUGEMテーマ:読書


やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれ、お客さんの謎めいた言動に振り回される、忙しくも心温まる日々。あなたも、しぶ~い日本茶と一緒にいかがですか。

面白かったです。そして、コレは大変キケンな物語。和菓子が食べたくなります。デパ地下に走って行きたくなります。

梅本杏子、十八歳。身長150センチ、体重57キロ。男性が少し苦手。やりたいことも見つからないまま高校を卒業した杏子は、ニートにならないためにアルバイトを決意する。選んだバイト先は、デパ地下にある和菓子屋さん「みつ屋」。しかし、みつ屋には個性的な面々が揃っている。アンちゃんと同僚が遭遇する日常の謎。
みつ屋で働く人達がとても個性的。店長の椿さんは仕入れも上手だし、とても優しい。ところがバックヤードでは「来い!来いったら!」と怒鳴っている。どうやら仕事の合間に株を見るのが趣味らしい。イケメンの立花くんは和菓子職人見習い中。すごくかっこいいのに中身は乙女。杏子より少し前に入った大学生のアルバイト・桜井さんは元ヤン。言葉がついつい乱れがち。

お客さんや他のお店のちょっと不思議だなって思うことを椿店長が見事に解明するのです。すごく素敵な椿店長。でも、過去はちょっと哀しいのです。

そして四季折々の和菓子!!!想像はするんだけど、やっぱり実物を見たい。食べたい。お茶を習っていた時にも季節の和菓子って楽しみでした。炉開きの時には亥の子餅なんてすっかり忘れていました。

「和菓子のアン」
和菓子屋でバイトを始めた杏子。OLっぽい服装の女性が上生菓子を買いに来た。「兜」と「おとし文」を勧めた店長。そして5月の最終日にもう一度そのOLが買いに来た。今度は兜が9つとおとし文が1つ。なぜ1つだけおとし文?6月になり、例のOLが新作を買いに来た。今度は「水無月」を9つ。その理由とは。

「一年に一度のデート」
お中元の時期、デパ地下も忙しくなる。七夕のお菓子「星合」を買い求めた女性は旧暦の七夕にもお菓子が出ると聞いて喜んだ。黄色のサマーセーターと白いスカートをはいたおばあちゃん。彼女は必ず上生菓子を二つと「松風」を買って帰る。

「萩と牡丹」
秋。店にサングラスをかけ、派手なセーターを着たいかにもその道の人がやって来た。アン相手に「菓子がないてる」「腹切り」「こなし」に「半殺し」と訳のわからない事ばかりを言う。

「甘露家」
クリスマスシーズン。桜井さんの学校の都合で、遅番になったアン。閉店も近くなり、各店ともセールが始まる。その日のみつ屋の売れ残りの生菓子はお団子が3つ。日付や天気などで次の日の注文をする店長の腕の見せ所だ。ある日、閉店後の総菜売り場でボヤ騒ぎがあり、アンは無事火を消し止めた。洋菓子店の女性が売れ残ったケーキを大量に箱に入れて持ち帰っているのを見て、声をかけてみると「兄ですよ」との答え。

「辻占の行方」
年があけ、二日から仕事に入ったアン。今年はフォーチュンクッキーの元になった辻占を売り出したところ、よく売れた。ある日、中に白紙の辻占が入っていたとのクレームがあり、調べたところ工場の手違いだったということがわかった。それから数日後、今度は辻占の意味がわからないという女性がやって来た。それは暗号のような絵が描いてあった。
| 本:さ行(坂木司) | 23:05 | comments(4) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
コメント
こんばんわ。TBさせていただきました。
この本は危険ですよね。私も和菓子を食べたくてしょうがなくなりました。
あと、和菓子の歴史も知りたくなったので、図書館で予約しました^^
人がいいですよね。杏子ちゃんはもちろん、椿さんも立花君も桜井さんも。
坂木さんの書かれる人はみんな大好きです^^
読み終わるのがもったいなかったです。
| 苗坊 | 2010/07/17 12:00 AM |
苗坊さん、こんにちは。

本当にキケンな本でした。
夏だから、それ程アンコ物は欲しくならなかったけど
冬に読んだからデパ地下に走っていたに違いない(笑


登場人物、全員素敵でした。
| なな | 2010/07/18 10:18 AM |
初めまして。
以前からブログは拝見していたのですが、書き込むタイミングを逸しておりました。
今後ともよろしくお願いします。

「和菓子のアン」あたたかい気持ちにさせてくれるお話でしたね。
私も和菓子が食べたくなりました。

#私のブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
| たかこ | 2010/08/29 12:12 AM |
たかこさん、はじめまして。
コメントとTBありがとうございました。

坂木さんの描く物語はやさしくていいですよね。

リンク、もちろん大丈夫です。
私もさせていただきます。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
| なな | 2010/08/29 10:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2177
トラックバック
和菓子のアン 坂木司
和菓子のアンクチコミを見る オススメ! 「和菓子のアン」 梅本杏子は高校を卒業後の事を何も考えられずにいた。職探しをしていたデパートで、和菓子屋さん「みつ屋」で働く事に決める。まだ仕事に慣れていないある日、OLが和菓子を求めてやってきた。椿店長はそのOL
| 苗坊の徒然日記 | 2010/07/16 11:59 PM |
和菓子のアン / 坂木司
ちょっとぽっちゃりの女の子。デパートの求人情報を見て、和菓子屋にアルバイトに行くことに…。タイトルの和菓子のアンは、和菓子の餡、和菓子屋の杏子ちゃんの意味かな。面白くってかわいい話だった。でも、一応ミステリーらしい(笑)。 和菓子の歴史、和菓子の
| たかこの記憶領域 | 2010/08/29 12:06 AM |
「和菓子のアン」坂木司
「和菓子のアン」(坂木司)は、デパ地下の和菓子売場が舞台の青春小説。 ミステリというか謎解きのようなところも出てきますから、米澤穂信...
| 心に残る本 | 2010/09/22 10:58 PM |
坂木司 和菓子のアン
やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれ、お客さんの謎めいた言動に振り回され
| マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2011/08/30 1:51 PM |
和菓子のアン
著者名:坂木 司 感想: 坂本司さんの作品、久しぶりです。 『和菓子のアン』はデパ地下の和菓子屋を舞台にした日常系ミステリ。 食べることが大好き、ちょっと太めなアンちゃんが ...
| どくしょ。るーむ。 | 2012/07/17 10:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/09/10 12:21 PM |