CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「聖☆おにいさん」中村光 | main | 「オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン」小路幸也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「恋する空港―あぽやん2」新野剛志
JUGEMテーマ:読書


空港=airportを略してAPO。国内最後の水際であらゆるトラブルに対応する空港のプロフェッショナルをかつて旅行会社・大航ツーリストでは「あぽやん」と呼んだ―成田空港所勤務2年目を迎えた遠藤慶太は新人教育に恋のライバル登場に悪戦苦闘。しかも、親会社・大日本航空の経営悪化の煽りを受けて空港所閉鎖の噂が!?立派な「あぽやん」目指して今日も走る遠藤の運命やいかに?爽快お仕事小説。

空港を舞台にした物語。台風で飛行機の出発時間が遅れたり、機械トラブルで飛行機が戻ってきたり、子供がいなくなたりと色々な事件が起こって先が気になり、どんどん読んでしまいました。

が、前作「あぽやん」の内容を忘れていたので遠藤を指導した今泉だの以前告白した女の子だの、全然覚えていませんでした。イギリスに留学しちゃった女の子にプロポーズしていたのに、その後森尾が気になりだしたのか?

グアムから移動になった枝元をスーパーバイザーにするために指導をしている話と同時進行で、ハマ・コウの知り合いの番田さんの物語、森尾への恋なども語られます。
「テロリストとアイランダー」
遠藤はグアム支店の現地スタッフだった枝元をスーパーバイザーにするための教育係。枝元は南のアイランドリゾート駐在ですっかり島ぼけしてしまったアイランダー。覚えは悪いし、ミスが多く、いつになったら一人前のスーパーバイアーになれるのやら…もうすぐ梅雨が明けるという7月、隣に事務所を構える千葉県警国際捜査課分室の男がやってきて、テロリストのハマ・コウと同姓同名の人間が大航775便でケアンズに行くので、テロリストと別人かどうか確認出来るまで、チェックインを引き伸ばして欲しいと言った。そして問題のハマ・コウがやってきた。警察からの連絡はなく、チェックインの時間は迫る…

「空港ベイビー」
枝元のセンディング最終試験はグアム便。パスポートチェックのヘルプに入った遠藤にいたずらをする小学生の男の子がいた。一月以上先に出産予定のお母さんとおねえちゃんと3人でグアムに旅立つ予定の男の子だった。体調が悪そうな母親がトイレに行った隙に男の子がいなくなってしまった。

「ランチ戦争」
センディングのOJTを終えて、本格的なスーパーバイザーのOJTに入った枝元。最初の事とはセンダーに担当ツアーを振り分けるツアーアサインだ。沢山いるセンダーに同じように仕事を振り分け、前日と同じ場所にならないようにしなければいけない、なかなか気を使う仕事だ。枝元が担当して二日目、昨日ランチを一人で食べたのに、今日も一人で第一ターミナルだからランチを一人で食べなければいけないと泣き出した。「食事くらいのことで泣くことはない」と言った遠藤に反感をもったセンダーたち。ある日、枝元がレイト・ショウの客の名前を呼び間違えた。間違えて呼ばれた男は静岡のローカル局の昼の番組の司会をする男で、今日は浮気相手と旅行に行くつもりだが、名前を呼ばれた事で奥さんに尾行をされてしまった。ついては浮気相手の女性に奥さんがいるから気をつけて欲しいと伝えて欲しいと言うのだ。

「台風ゲーム」
台風が房総半島に上陸することになり、お休みの遠藤と枝元も空港で待機することになった。いよいよ上陸が近くなり、電車が止まり、空港も閉鎖。クレームを言う客の対応をしたり、閉鎖解除となって慌しくなったカウンターを手伝ったり。そんな時、東京市店の須永が預かっていた団体のパスポートを1つ紛失してしまったという。所長の荒木と枝元ななにやら走り回っている。

「恋する空港(アポ)」
空港所が近い将来閉鎖になると聞かされ、枝元は採用しないと所長から告げられた。森尾が警察官にストーカー行為を受けて困っていると相談され、自分が森尾に対して感じている気持ちに気付く遠藤。台風がソウル直撃になりそうで、ソウル便の出発が微妙な状態に。今日のソウル便は同じような格好をした女性ばかり。その中で40代の一人の女性が攻撃的な発言をした。


「マイ・スイート・ホームあぽ」
遠藤に縁談話が持ち上がった。相手は大航が取引をしている銀行の融資部の担当役員の娘ミホで、以前レイト・ショウをしたミホの鞄を遠藤が持ってゲートまでアテンドしたのが気に入ったらしいのだ。ミホとの縁談がうまく行けば、融資話も進み、空港所は閉鎖されないのではとにわかに喜び期待する社員達。遠藤は森尾への気持ちを抱えたまま、ミホと会う。
| 本:さ行(その他の作家) | 22:05 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - |
コメント
確か、前作で、この先森尾さんとなにかあるかもって予感はありました。でも前作はあんまり面白くなった、って印象だったんですけど、今回は結構面白かったです。
ほとんどの人物忘れてましたけどね。(苦笑)
あの令嬢、ああいうお嬢は嫌いです。(爆)
| じゃじゃまま | 2010/09/14 9:57 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。

森尾との…私が鈍感だったのかしら。
いやいや、きっと忘れちゃったのよね。

令嬢、嫌ですね〜
住む世界が違うから実際にあったことはないけど
いそうですよね。
| なな | 2010/09/16 12:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
恋する空港 あぽやん2 新野剛志著。
≪★★★≫ 空港内でのあらゆるトラブルを解決し、お客様に気持ちよく旅立っていただく仕事、大航ツーリストの成田空港所で勤務する遠藤。 確か、前作はこう言っちゃなんだけど、あんまり面白くなかった。 あぽやん、そんな仕事がさほど魅力的に描かれておらず、それも
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/09/14 9:51 PM |