CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「つやのよる」井上荒野 | main | 「プロムナード」道尾秀介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「明日の空」貫井徳郎
貫井 徳郎
集英社
(2010-05-26)

JUGEMテーマ:読書


両親は日本人ながらアメリカで生まれ育った栄美は、高校3年にして初めて日本で暮らすことに。「日本は集団を重んじる社会。極力目立つな」と父に言われ不安だったが、クラスメイトは明るく親切で、栄美は新しい生活を楽しみ始める。だが一つ奇妙なことが。気になる男子と距離が縮まり、デートの約束をするようになるが、なぜかいつも横槍が入ってすれ違いになるのだ。一体どうして―?栄美は、すべてが終わったあとに真相を知ることになる。

2時間くらいかな。あっという間に読めました。主人公のエイミーと一緒に「えぇ!?!?」っと驚き、もう一度最初から読んでみたら「あぁ、なるほどね」って思える部分がいっぱい。読んだ後、ある人物の想いを考えるとジーンとします。

第一章は主人公の栄美(エイミー)が高校生の時の物語。日本人ながらアメリカ生まれのアメリカ育ちのエイミー。父親の仕事の都合で高校三年から日本で暮らすことに。父親から「日本は集団を重んじる社会。極力目立つな」と言われたエイミーは緊張しながら始業式の日を迎えます。ところが、みんな積極的に声をかけてくれ、何の問題もなくクラスになじんで行った。やがてエイミーはクラスで一番頭がよくて容姿端麗の飛鳥部君と急接近。とうとうデートに誘われた。その週の木曜日、体育の授業中に「クロウ」と呼ばれみんなから避けられている小金井志郎君という男子が、飛鳥部君の机の辺りにいるのを見た。そして飛鳥部君とのデートの当日、突然キャンセルのメールが。だが飛鳥部君はメールをしていなかったという。その後も約束をするたびになぜか妨害が入る。何度かデートを重ねた後、飛鳥部君はエイミーに興味を失ったのか、連絡も来なくなった。そんな物語。


第二章は六本木で道行く外国人に声をかけ、レストランに案内したり困った事を解決してあげてはチップをもらう「おれ」の物語。ある日、アンディと名乗る黒人が声をかけてきた。アンディは子猫を拾ったが、自分は飼えないので買える人を一緒に探して欲しいと言う。猫の引き取り先は見つかったけど、気の合うアンディとはつるむようになった。アンディは時々訳のわからない行動に出ることがあった。突然「用がある」といなくなったり、コンビニでおれにナンパをしろと言ったり、ラブホテル街をダッシュしたり。

第三章はまたエイミーに戻ります。エイミーは大学生になります。入学式の日に見知らぬ人に「前に会った事があったっけ?」と聞かれた。帰国子女の友だちもできて、どのサークルに入ろうか迷っていた時に、以前あった男の人が「そのサークルはキケンだからやめた方がいい」といわれた。入部したサークルの飲み会のあと、先輩に付回された時にもその男の人が助けてくれた。そしてどうしてエイミーを助けてくれるのかを話し始めた。

高校生のエイミー。誰が妨害をしているのか?デートの前に飛鳥部くんの机の前をウロウロしていたクロウこと小金井君が怪しいとは思うんだけど、小金井君は飛鳥部君と仲良くなることを「あんまりお薦めしない」と言う。でも理由は言わない。デートの妨害は小金井君だとは思うんだけど、全くわからないまま突然飛鳥部君はエイミーへの興味を失うのです。エイミーは「楽しい高校時代の終わり」って思い、ベッドでなくのです。

そうかと思ったら第二章は全く違う男の子の物語。最初は飛鳥部君なのかと思ったんだけど、そうでもなさそう。全く関係のない物語なんです。

そして第三章で二つの物語がつながります。(以下ネタバレなので反転してます)それにしても飛鳥部くん、見かけとは違ってずいぶんダークな一面を持った男の子でした。高校生のエイミーがバレーボールの授業中に座っている男の子に向って飛んでいくボールを見て思わず「危ない!」じゃなくて”Watch out”って言葉が出そうになって、自分でボールをはじくのですが、”Watch out”って言ってたら、私の見方も違っていたのかな。あぁ、小金井君!!!どうしていなくなっちゃったの。

 
| 本:な行(貫井徳郎) | 22:24 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |
コメント
こんばんわ。TBさせていただきました。
貫井さんの作品は久しぶりで、学園もので、しかもページが短い事に驚いていました。
そして、最後の章を読んで、「え、え!?」と思い、読み返しました^^;
最後は悲しかったですけど、前向きなラストが好きです。
| 苗坊 | 2010/07/13 9:00 PM |
苗坊さん、こんばんは。

本当に最終章で「え?え!」ですよね。
ラスト、彼の想いを考えると哀しいけどとてもあたたかい気持ちになれました。
| なな | 2010/07/14 8:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2161
トラックバック
明日の空 貫井徳郎
明日の空クチコミを見る 両親は日本人ながらアメリカで生まれ育った栄美は、高校3年にして初めて日本で暮らすことに。「日本は集団を重んじる社会。 極力目立つな」と父に言われ不安だったが、クラスメイトは明るく親切で、栄美は新しい生活を楽しみ始める。 だが一
| 苗坊の徒然日記 | 2010/07/13 8:51 PM |