CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 次男はロールケーキ | main | 「団地の女学生」伏見憲明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
厨房で逢いましょう
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,170
(2008-04-23)

JUGEMテーマ:映画


原題: EDEN
製作年度: 2006年
監督: ミヒャエル・ホーフマン
上映時間: 98分
出演: デーヴィト・シュトリーゾフ, シャルロット・ロシュ, ヨーゼフ・オステンドルフ, マックス・リュートリンガー

料理の腕は一流だが、人付き合いが苦手な天才シェフ、グレゴア。彼が南ドイツの保養地で営む小さなレストランの看板メニューは、食通たちも唸らせる官能料理こと“エロチック・キュイジーヌ”。そんなグレゴアは、休憩時間に訪れるカフェのウェイトレス、エデンに恋していた。彼女は夫クサヴァーとダウン症の娘とこの町に暮らす平凡な主婦。ふとしたきっかけから、グレゴアのつくったプラリネを口にしたエデンは、すっかり彼の料理の虜になってしまう。いつしか彼女は、夫が家を空ける毎週火曜日に娘を連れてグレゴアの厨房を訪れるようになる。グレゴアもエデンを喜ばせようと、ますます料理の腕に磨きがかかっていくのだったが…。
妊娠中の母親の大きなお腹に憧れていて、自分もいつかなるんだと思っていたグレコア。そんなグレコアは休憩中にカフェのウエイトレスを見るのがすき。それがエデン。

娘のお誕生日にもらったプラリネを食べたエデンは彼の料理に魅了されます。夫のいない火曜日ごとにグレコアの厨房に通うエデンはあまりにも我儘すぎる。グレコアはエデンのことを好きなのに、エデンはグレコアの感応料理を食べて夫の元に帰って行くんですから。

それにしても夫の嫉妬心、すごかったです。妻を信じる気持ちよりも、世間体って事でしょうか。大きなお腹のグレコアが故意でないにしてもしちゃったこと。天罰ですよね。
| 見る:洋画(た行) | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2140
トラックバック