CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「赤ちゃんをさがせ」青井夏海 | main | 「てのひらの迷路」石田衣良 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「猫泥棒と木曜日のキッチン」橋本紡
猫泥棒と木曜日のキッチン
猫泥棒と木曜日のキッチン
橋本 紡


母が家を出て行き、5歳の弟コウくんと二人で生活する17歳のみずき。母がいなくなってから近所で車に轢かれた子猫の死骸を庭に埋め始める。5匹目の轢かれた猫をダンボールに入れようとしたときに出会った健一。木曜日には健一君と一緒に夕食を食べる。

みずき。最初の父は病死、2番目の父親は蒸発。そして恋多き母も家出をした。5歳の弟の面倒を見て、スーパーの特売品を買い、しっかりと主婦をする高校生。突然いなくなってしまう家族を「人生ってそんなもん」と心を閉ざしている。すごく強い。高校の先生に憧れ、楽しく話が出来たら幸せ。自転車のチェーンに油をさしてもらって軽くなったから嬉しい。そんな高校生っぽい姿も「懐かしさ」というより、「へぇー」と新鮮に読んでしまう私って随分年を取ったのでしょうか?

一方健一は母がおこした追突事故でたまたま左足の靭帯断裂。大好きだったサッカーをやめなければいけなかった。「現実をうけいれた」つもりではいるが、周りの同情が気になる。足の事をまったく気にせずに接してくれるみずきの事を好きになる。

そんな二人のがんばる姿がなんだかすごく悲しかった。あとがきに「子供って、そんなに弱いかな?」ってありました。確かに子供=弱者じゃないとは思うけど、このみずきの母親ってどうなんだろう?自分の恋愛の為に子供を放り出す?又戻ってくる?

健一とコウくんのサッカー。三人で食べる夕食など、あたたかな雰囲気です。が、みずきの家庭環境「不幸」のオンパレードがやりすぎなんじゃないかって思いました。
| 本:は行(その他の作家) | 20:11 | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 20:11 | - | - |
コメント
ななさんのこちらの文章を読んで,主人公のみずきが小さな幸せを抱き締めるようにして生きてたことを思い出しました。周りがちゃんとした大人じゃないと,子どもは早く成長してしまうけど,どこかしらにゆがみみたいなのが出ますよね。みずきのあの諦め加減がそれだったのかな,と思います。大人にならざるをえなかった子どもは見てて哀しいです。
| まみみっくす | 2006/04/23 7:16 AM |
まみみっくすさん、こんばんは。

そうですよね。やっぱり子供は沢山愛情を注いであげないといけないんです。それがこの世に新しい命を誕生させた人の使命なんです。ずっとおこちゃまも困りますが、大人にならざるをえなかった子供、そんな環境を作っちゃいけないんですよね。
| なな | 2006/04/23 9:24 PM |
読了しても、何が言いたかったのか分かりませんでした。
最後に母親が帰ってきて余計にパニックです。
だけど上のやり取りで、そうだったのかと目からウロコ。
| しんちゃん | 2008/01/04 11:36 AM |
しんちゃん、こんばんは。
みずき、かわいそうな境遇でした。
お母さん、いまさら…って感じでした。
| なな | 2008/01/05 9:12 PM |
そう、なぜ母がいまさら、これで余計に分からなくなりました。

ななさんの、他の作品を読んいない、の発言で再び登場です。

「彩乃ちゃんのお告げ」
これはお薦めです。機会があればぜひ!
| しんちゃん | 2008/01/05 10:35 PM |
しんちゃん、ありがとうございます。
「彩乃ちゃんのお告げ」ですね。
お薦め嬉しいです!
| なな | 2008/01/05 11:25 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
みずきはとってもいい子なんですけど、読んでいてずっと何かが足りないと思いながら読んでいました。
無邪気さがなくて、何だか諦めているような感じが全然若く感じなかったです。
可哀相ですよね。
子供は親に可愛がられる権利があります。
確かに不幸ばっかりだなぁと思います。
でも、小さな幸せをちゃんと分かっているって言うのはいいことなのかなと思います。
私はきっと見逃している幸せがあるのかも・・・
なんて、読んでいて思いました。
| 苗坊 | 2009/10/09 10:12 PM |
苗坊さん、こんばんは。
みずき、まだ子供って言ってもいい年齢なのに
無邪気さがなかったですね。
本当にかわいそう。
| なな | 2009/10/10 8:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「猫泥棒と木曜日のキッチン」 橋本紡
猫泥棒と木曜日のキッチンposted with 簡単リンクくん at 2006. 4.21橋本 紡著メディアワークス (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/04/23 7:10 AM |
「猫泥棒と木曜日のキッチン」橋本紡
迪ォ豕・譽偵→譛ィ譖懈律縺ョ繧ュ繝絅痳ウ讖区悽 邏。 (2005/08)繝。繝紊ュ「繝ッ繝シ繧ッ繧ケ 縺薙育臈痳ョ隧ウ邏ー繧定ヲ九k 縺頑ッ阪&繧薙′螳カ蜃コ縺励◆縲ょ漕繧後怨疥紜≦發紜医ョ縲√o縺溘@縺溘■縺ッ縺昴医...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/04 11:30 AM |
猫泥棒と木曜日のキッチン 橋本紡
猫泥棒と木曜日のキッチンクチコミを見る お母さんが家出した、わたしたちを置いて。 お父さんはずっと前にいなくなった。 けれどもわたしは大丈夫。弟のコウちゃんと二人で生きていく。 友だちの健一君だって応援してくれる。 そんなある日、わたしは道ばたで「絶
| 苗坊の徒然日記 | 2009/10/09 10:09 PM |