CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< アルゼンチンババア | main | 「叫びと祈り」梓崎優 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ロスト・シンボル」ダン・ブラウン
ダン・ブラウン
角川書店
(2010-03-03)

ダン・ブラウン
角川書店
(2010-03-03)

JUGEMテーマ:読書


キリストの聖杯をめぐる事件から数年が経ち、ハーヴァード大で 教鞭を執る静かな生活を送っていたラングドンに、旧友から連絡が入る。フリーメイソン最高位の資格を持つスミソニアン協会会長ピーター・ソロモンからで、 急遽講演の代役を頼みたいという。会場である連邦議会議事堂に駆けつけるが、そこにピーターの姿はなく、切断された右手首が……薬指には見覚えのある金の 指輪。フリーメイソンの紋章をあしらったその指輪は、ピーターのものに間違いない。ピーターを人質に取ったというマラーク(悪霊)と名乗る謎の男は、ラン グドンに“古の門”を探せと命じる。ピーターの右手の指先に施された独特の刺青が“古の門”の先にある“古の神秘”を指し示す図像であることにラングドン は気付く。誘拐犯マラークの目的は、この恐るべき力を持つとされる“古の秘密”を手に入れることにあるのは明らかだった。ラングドンは駆けつけたCIA警 備局長サトウと共に、まずは、“古の門”の捜索に乗り出すのだが……。

ラングドンが活躍するシリーズの第三弾。今度の舞台はワシントンDCだそうです。ワシントンDC、行った事あります。もう20年近く前かもしれない…スミソニアンとかリンカーン記念館とか行きましたが、風景は全然目に浮かんでこなかった。
最初の50ページくらい、なかなか物語りに入っていけなくて眠くなりました。でも、後から面白くなるのはわかっていたので、がまん。がまん。

今回も異常者が一人。全身に刺青をしていて、周りをまんまと騙します。ラングドンだって騙されてワシントンDCまで飛んできたのです。騙されたとわかったところで友人ピーターの右手が、血が滴った状態で発見されるのです。そしてマラークと名乗る犯人に「古の門」を探し出せと言われるのです。そしてCIAのサトウが登場。以前ピーターに預かった箱を持ってきていることに気がついた。

一方ピーターの妹キャサリンは日曜日の朝から兄と連絡が取れなくて困っている。兄と自分しか知らないスミソニアン博物館支援センターのポッド5にある研究室で純粋知性科学の研究をしている。兄の主治医だという男から連絡があり、予約していた兄が現れないという。その男がマラークで、ポッド5まで進入してくるのです。

ラングドンが持っている箱の中身を奪おうとするサトウ。フリーメイソンのメンバーの手によってピーターから預かった箱の中に入ってたピラミッドと一緒に逃げるラングドンとキャサリン。サトウはCIAの持つ最新の道具で追い詰めます。閉じた鍵を開けるためだけの爆弾とか、人がいなくなった後の熱の痕跡を映し出すことだ出来るサーマルゴーグルとか。すごいです。

その後もお棺のような入れ物に閉じ込められて窒息死したかと思ったら…とか、EMPガンなるものとか。色々な道具が出てきます。

今回も本当なのか作り話なのか、ラングドンが薀蓄を沢山語ります。魔法陣だとか「」の由来だとか。でも、一番不思議だったのはキャサリンが研究する「純粋知性科学」そんな分野、本当にあるのかしら。
| 本:海外の作家 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『ロスト・シンボル』 ダン・ブラウン
『天使と悪魔』、『ダ・ヴィンチ・コード』に続く、待望のロバート・ラングドン教授シリーズ第3弾! 発売早々に購入したのだけれども、色々あって遅々として進まず(1/4ぐらいまで行った時に、最初から読み直す羽目になったりして)、今になってようやっと読了。 早く
| 【徒然なるままに・・・】 | 2010/05/24 10:14 PM |