CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「真昼なのに昏い部屋」江国香織 | main | 「もう二度と食べたくないあまいもの」井上荒野 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
潜水服は蝶の夢を見る
JUGEMテーマ:映画


原題: LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY
製作年度: 2007年
監督: ジュリアン・シュナーベル
上映時間: 112分
出演: マチュー・アマルリック, エマニュエル・セニエ, マリ=ジョゼ・クローズ, アンヌ・コンシニ, パトリック・シュネ

雑誌ELLEの名編集長として人生を謳歌していたジャン=ドミニク・ボビーは、42歳の時、ドライブ中に突然脳梗塞で倒れてしまう。その後、病室で目覚めた彼は、身体全体の自由を奪われた“ロックト・イン・シンドローム(閉じ込め症候群)”となっていた。それはまるで重い潜水服を着せられたような状態だった。意識は鮮明なのにそのことを伝える術がなかった。絶望にうちひしがれるジャン=ドミニクだったが、やがて言語療法士アンリエットや理学療法士マリーらの協力で、左目の瞬きでコミュニケーションをとる方法を会得する。また一方で、今まで仕事にかこつけて顧みなかった家族の大切さを改めて思い知るのだった。そしてある日、彼は自伝を書こうと決意、編集者クロードの代筆でこれまでの帰らぬ日々や思い出をしたためていく。
実話なんですね。

気がついてみたら体の自由が奪われていた。喋ることさえ出来ない。そんなジャン=ドミニクが唯一動かせる左目の瞬きを使ってコミュニケーションをとる。フランス語で使われる頻度の多い順にアルファベッドを並べ、それを読み上げてもらい自分が伝えたい言葉のつづりを瞬きを使って伝える。本人も、代筆する人にもとてもとても根気の要る作業です。

たとえ体の自由は奪われていても自分には「記憶」と「想像力」がある。それらを使って表現し創造することが出来ると前向きに自伝を書こうと決意するんですからすごいです。

ジャンの左目から見える世界が面白いです。言語療法士のアンリエットや理学療法士のマリーなど、とても魅力的なじょせいばかりなのですが、スカートの裾だったり胸の谷間だったりをギュギュギュっと見ているのです。想像力の世界でもちゃんと女の人と戯れている。男って…

お父さんからの電話のシーン。お父さんが「自分は階段を下りれないから部屋に閉じ込められ、おまえは体の中に閉じ込められ…会いたいのに会えない。普通に話も出来ないなんて」と泣くのです。その姿が切なかった。

そしてジャンには愛人がいて、お誕生日に電話をかけてくるのです。そこにいたのは妻。「他の人に代わってほしい」という愛人に「今日は誰もいないから、私が取り次ぐしかない」と言う妻。それでも愛人は「少しだけ席を外して欲しい」というのです。拒否する妻にジャンが「1分だけ」と伝えるのです。そして妻は数分間退室する。妻が戻った後に「私に会いに来て欲しい?」という愛人。ジャンは妻の声で「毎日待っている」というようなことを言うのです。アルファベットを読み上げながら涙する妻があまりにもかわいそうで。なんで「こないでくれ」とか言ってあげなかったんだろうか?
| 見る:洋画(さ行) | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2113
トラックバック