CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< Sweet Rain 死神の精度 | main | 「真昼なのに昏い部屋」江国香織 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「マドンナ・ヴェルデ」海堂尊
JUGEMテーマ:読書


「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは、実の孫。奇妙な状況を受け入れたみどりの胸に、やがて疑念が芽生えはじめる。「今の社会のルールでは代理母が本当の母親で、それはこのあたし」

「ジーン・ワルツ」主人公の女医、曽根崎理恵が行なった代理母出産を、出産をした理恵子の母・みどりの側から描いた話。そして「医学のたまご」に続いていく物語です。

所々文章がわかりにくくて読み返してしまいました。なんでだろう?


娘・理恵に言われるままに代理母となったみどり。代理母は秘密。理恵が働いているクリニックで極秘のうちに行われ、赤ちゃんは理恵が産んだこととして処理される。お腹を貸し、娘夫婦の子ども・孫を産むと思っていた。理恵がなんでも勝手に決めてしまうのを見て「コノ娘はイッタイ、アタシノコトヲ何ダト思ッテイルノカ」と思うのです。そのカタカナで書かれたみどりの気持ちが怖い。

妊娠途中で理恵と伸一郎が離婚した事を知る。双子の赤ちゃんは理恵が育てると聞き、伸一郎に親権を主張するようにお願いするみどり。みどりは理恵に「子どもを渡す訳にはいかない」「ただお腹の子どもが幸せになればいい」と考えるのです。そんな時、日本での代理母の考え方が問題になるのです。生物学的には卵子の提供者たちの子供なのに、日本の今の法律では実際に出産した代理母が母親となる。考えてみたらおかしな話ではあります。

対立するみどりと理恵に対して解決策を投げかけたのが二十歳のユミ。生まれた双子の男の子は「かおる」と名づけられ伸一郎がひきとり、みどりがシッターとして育てる。女の子は「しのぶ」と名づけられ理恵が育てる。中学生になったかおると伸一郎、シッターの役目をきっちりとこなしているみどりの様子はわかりますが、理恵としのぶはその後どうなるのかな。

それにしても理恵先生。3つの受精卵を母親であるみどりの子宮に入れますが、そのうちの一つは自分の卵子と清川の精子から出来たものだという。みどりは双子を妊娠するので、もしかしたらそのうちの一人は理恵と清川の子どもかもしれないというのです。そしてさらに、将来その子どもを使って産婦人科の窮地と代理出産について社会に提起したいというのです。子どもは道具じゃないんだから…母親としての心を持っていない理恵にみどりは腹を立てるのですが、さらに驚いたのは、不妊治療していてラストチャンスだという女性にも自分と清川の受精卵を入れるのです。ありえないって!
| 本:か行(海堂尊) | 20:27 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 20:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2111
トラックバック
【マドンナ・ヴェルデ】 海堂尊 著
ママ、私の子どもを産んでくれない?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】正義のために、良心を捨てた女。海堂史上最強の魔女、ふたたび降臨! 桜宮市に暮らす平凡な主婦、山咲みどりのもとをある日一人娘で産婦人科医の曾根崎理恵が
| じゅずじの旦那 | 2010/06/29 6:05 PM |
「マドンナ・ヴェルデ」その2
前に書いた記事が字数制限のため、ここで続ける。マドンナ・ヴェルデ価格:1,575円(税込、送料別)理恵は大学で発生学を学生たちに教えている。そのくだりは「ジーンワルツ」に出て...
| りゅうちゃんミストラル | 2010/10/08 11:33 AM |
◎読書記録◎ 「マドンナ・ヴェルデ」 海堂尊 2011.01.04
正義のために、良心を捨てた女。海堂史上最強の魔女、ふたたび降臨!
| The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから | 2011/01/12 1:02 AM |
『マドンナ・ヴェルデ』 海堂尊
また海堂作品が溜まってきてしまいました。気合を入れて一気に読むか! ・・・まあ、無理だろうけど。 それはさておきこの作品、これまでとはちょっと趣が違います。 というのも実はこの『マドンナ・ヴェルデ』は、『ジーン・ワルツ』のアナザー・ストーリー。 「
| 【徒然なるままに・・・】 | 2012/02/26 11:49 AM |