CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「甘栗と戦車とシロノワール」太田忠司 | main | 「マドンナ・ヴェルデ」海堂尊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Sweet Rain 死神の精度
JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2007年
監督: 筧昌也
上映時間: 113分
出演: 金城武, 小西真奈美, 富司純子, 光石研, 石田卓也

不慮の死が予定されている人間のもとに現われ、行動を共にして7日後に、“実行=死”か“見送り=生かす”かを決める死神。その一人、千葉は“ミュージック”をこよなく愛する一風変わった死神。そんな千葉の今回のターゲットは電器メーカーに勤める苦情処理係のOL、藤木一恵。愛する人がいつも早死にしてしまう薄幸の彼女だったが、それでも懸命に生きていた。とはいえ、いつも“実行”の判定ばかりをしている千葉にとっては、今回もそれは既定の事実のはずだったが…。

伊坂さんの原作「死神の精度」は伊坂さんの小説の中でもダイスキって思う本です。その映画化。どうだろう…って思っていたのですが、結構よかったです。小説の6つの短編の中の「死神の精度」「死神と藤田」「死神対老女」の3話が描かれていました。

原作には登場しなかった黒い犬。千葉とテレパシーで会話をするのですが、字幕が出ていました。この犬はなかなかよかった。

1話目は婚約者が交通事故死し失意のなか自殺も試みた女性・一恵(小西真奈美)電機メーカーでクレームを聞く仕事をしていますが、クレーマーにストーカーされます。2話目は、ヤクザの兄貴分(光石研)をかくまう舎弟・伸二(石田卓也)を軸にしたヤクザ抗争の現場。そして最後の話は富司純子演じる海辺の理容院の女性が千葉に子どもの客を沢山連れてきて欲しいと言うのです。

年代が1985年、2007年、2028年なんですが、1885年の肩パットががっちり入った洋服が懐かしかった。死神・千葉の服装や髪型もそれぞれの年代・相手などによってちゃんとかわっていて、そこらへんが映像でみる面白さだなって思いました。
| 見る(邦画) | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2107
トラックバック