CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「君がいなくても平気」石持浅海 | main | 「逆に14歳」前田司郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
キング・コング
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
(2006-05-25)

JUGEMテーマ:映画


原題: KING KONG
製作年度: 2005年
監督: ピーター・ジャクソン
上映時間: 188分
出演: ナオミ・ワッツ, ジャック・ブラック, エイドリアン・ブロディ, トーマス・クレッチマン

1930年代初頭のニューヨーク。野心家で大胆不敵な映画監督カール・デナムは、かつてない冒険映画を撮ろうと、誠実な脚本家ジャック・ドリスコルと美しい女優アン・ダロウを加えた撮影クルーを率い危険な航海に乗り出す。そして、ついに幻の孤島“髑髏島(スカル・アイランド)”へと辿り着いた一行。カールはさっそく撮影を開始するが、やがてアンが原住民にさらわれてしまう。救出に向かったクルーたちだったが、彼らはそこで想像を絶する世界を目の当たりにするのだった…。
リメイクだというのは知っていたのですが、オリジナルは1933年でアン役にフェイ・レイだったんですね。私が知っているのは1976年の「キングコング」ジェシカ・ラングがアン役のものでした。

とはいえ、そちらもちゃんと観たことはなく、エンパイアステイトビルディングの上で怒り狂うキングコングの手の中にアンがって言うイメージだけでしかない。なので、前半部分、いやいや2時間近くを割くスカル・アイランドでのシーンに驚きました。とりあえずは皺だらけの原住民。すごく弱腰なのかと思ったら、突然船のクルー達を襲います。そしてアンは捕らえられてしまう。

アンはキング・コングの生け贄に。アン、アンを探しに来た映画クルーと船のクルー達はそれぞれ恐竜や巨大な虫などに襲われます。大きなバッタみたいなのに食いつかれたり、巨大みみず(?)3匹に両手と頭から飲み込まれてしまう人など、それはそれは気持ちが悪いのです。アンはキング・コングが近くにいて助けてくれるから安心なのですが、クルーたちは誰がどこで死んでしまうのか?とドキドキでした。


| 見る:洋画(か行) | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:08 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2106
トラックバック