CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 伊坂幸太郎マイベスト3 | main | パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「小生物語」乙一
小生物語
小生物語
乙一


乙一さんがHPで公開していた日記をまとめたもの。

日記といっても、登場人物の「小生」と乙一さん本人ではなく、日記を書くにあたって「小生」というキャラクターを作ったと書いてあった。多分「渋谷に行った」とか「漫画喫茶に泊まった」とか「映画を見に行った」などは実際にした事で、それを「小生」から見ると…って事なんだと思う。

それにしても、すごいです。独特のユーモアにずっとニヤニヤしっぱなし。どれくらい可笑しいかっていうと
「2月14日 …とある編集者からチョコレートが送られてきた。箱が素敵だったので捨てずに宝石箱か何かにしようと思った。しかしぼくは宝石など持っていないので、コレクションしている「切ったつめ」を入れた」
「3月5日 今日もまた「こんなことしている場合じゃないのに」の練習をした。いつにもまして熱のこもった「こんなことしている場合じゃないのに」だった。それからひさしぶりに「少しだけの仮眠のはずだったのに」をやろうとしが。90分の仮眠をとろうとしたらうっかり8時間も眠った。自分もなかなか「少しだけの仮眠のはずだったのに」が上達したなと思った。」
ずっとこんな調子なのです。それなのにまえがきで「この本を読んでも良いことはひとつもな。この本に時間とお金を割くのはやめたほうがいい。」って書いてます。乙一さん遠慮深いわ。

力の抜けた文章。時々見せる本心(って勝手に解釈)。本になるときに付け加えた欄外の注釈でもいい味出してます。

「バリー・ユアグローの「ケータイ・ストーリーズ」を思い出しました。短い文章の中にある不思議な世界もそうなんだけど、挿絵が似てる。この本の挿絵は華鼓という方が書いているみたいです。「ケータイ・ストーリー」の挿絵も素敵でした。調べてみないと。

今年の夏は乙一フェアー開催中
| 本:あ行(乙一) | 23:24 | comments(6) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - |
コメント
これだから乙一は面白いですよね。
あとがきと小説の内容のギャップにいつも笑っていたのだけど、それが集結してる感じ。
どこまで本気なんだ?!ってのが声出して笑っちゃうくらいでした。
また小説も楽しみですね。
| うー | 2006/06/23 12:23 AM |
うーさん、こんばんは。
そうそう、小説とあとがきのギャップがおもしろいんですよね。本を読むときに「あとがき」を先に読みたい誘惑と戦うの結構大変な作家さんです。
乙一さんだとどこまでも本気なような気がしなくもないです…

| なな | 2006/06/23 8:26 PM |
こんばんわ^^
凄いですよね、乙一さん。
独特ですね〜。
乙一さんの小説は、こういう思ったことが原点になっているんですね。
う〜ん。凄い。
たまに、ぶはっと笑っちゃう所がありました^^
面白かったですね。
これからの作品も期待大です。
| 苗坊 | 2006/11/30 12:16 AM |
苗坊さん、こんばんは。

最近漫画喫茶に行くんですけど、
こんなところに泊まってたのか〜って
しみじみ見回してしまいます。

乙一さんの頭の中、すごいですよね。
これは電車の中で読むのはまずい本ですよね。
| なな | 2006/11/30 9:18 PM |
これを読まれてた当時は乙一祭開催中だったんですね。作品とご本人にギャップのある方の日記だったからか、より一層楽しめた気がします^^
文庫版のみ収録の部分もあるようですので、もし興味があったらそちらも読んでみてください!!
| まみみ | 2007/04/26 7:25 PM |
まみみさん、そうなんです。
確か一昨年の夏です。一人乙一祭りやってました(笑)

文庫版のみ収録!?!?
それは読んでみなくちゃです。
図書館、入れてくれるかなぁ…
| なな | 2007/04/26 10:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/209
トラックバック
『小生物語』乙一
乙一というとかなりグロテスクなホラー小説のイメージが強いのですが、これは初エッセイというかWEBで公開していたらしい日記を集めたもの。 普通文庫本にあとがきとか書評があるのはよくあるのだけど、乙一はハードカバーでもあとがきがあることが多くて、その内容が
| うーうーにっき | 2006/06/23 12:25 AM |
小生物語 乙一
小生物語 ホームページ連載中から、そのあまりの面白さで、多数の熱狂と興奮を喚んだ伝説の日記が一冊に! 小生≒乙一が綴る、虚構と現実と夢とギャグが入り乱れた、前代未聞の奇書。 ついに刊行! (esbooksより引用) 始めにの部分で、この本にお金と時間をか
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/30 12:15 AM |
小生物語 乙一
小生物語 ■やぎっちょ書評 最近「銃とチョコレート」を読んで、乙一さんには白と黒だけではなく、チョコもあるのかともんどりうっておりました。次は白か黒か、はたまたまたチョコかと楽しみにこの本を開くと、どうも様相が異なっています。 なんとネット上に公開し
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/06 1:31 PM |
「小生物語」乙一
【プリンはプルい!のだ】 乙一の書き綴った「小生物語」 嘘八百、詐称、架空、フィクション・・・ 乙一(小生)の日常がまるっきりこのようなカタチで垣間見れ、実に誠に素晴らしい作品である。 私は個人的にこの物語が大好きである。 ご本人は、こんな読者を
| 雑板屋 | 2007/04/17 1:57 PM |
「小生物語」 乙一
小生物語posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.24乙一〔著〕幻冬舎 (2007.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/04/26 7:22 PM |
小生物語
これを読むときに困るのは、何が本当で何が嘘なのか分からないところがある、ということです。これ非常に困ります。普段乙一さんがどんな生活しているのか分からないじゃないですか。まぁ、一つの「お話」として読めば、面白いかも。  それにしても乙一さん、自分を
| 本を読もう | 2007/05/08 9:28 AM |