CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 上野動物園 | main | BIRTHDAYカード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「笑う招き猫」山本幸久
笑う招き猫
笑う招き猫
山本 幸久


駆け出しの女性漫才師コンビ「アカコとヒトミ」舞台に立った途端にあがって、失敗ばかりだけど「生涯舞台で漫才をやる。目指せカーネギーホール」を目標に稽古の日々。「いくよ、アカコ」「合点、ヒトミ」の掛け声とともに今日も舞台に上がります。


「幸福ロケット」にちょっと出てきてたんです。それで気になっていました。時々、誰が語ってるのかちょっとわからなくなってしまったのですが、暴力あり、喧嘩あり、恋愛ざたあり。最初から最後までテンポがよくて面白かった。

アカコは身長150センチ、体重60キロ。見かけの割りに運動神経はいい。用賀の大きな一軒家に血のつながっていない祖母と住んでいる。ヒトミは身長180センチ、3年間のОL生活をアカコの一言であっさりとやめ、今はバイトで食いつなぐ貧乏生活。電車賃をケチって10年間乗っている愛車レットバロンで都内をかけまわる。おおらかなアカコと気の小さいヒトミ。お互いが相手の事を思いやる素敵な関係。

マネージャーのデブナガこと永吉。芸を見るときにはメモ帳片手にちょっとも笑わない。そして的確なアドバイスをする。元アイドルのユキユメノ。アカコは昔からのファンで踊りつきで歌を歌える。ユキユメノの夫のピン芸人。ユキユメノに出て行かれ、一人娘、3歳のエリを育てながら今日も笑えない芸を披露する。アカコの血のつながっていない祖母・頼子。元ホステス。ぴんと背筋の伸びたおばあさん。自衛隊出身、しまった体にタンクトップ。おねえ言葉メーキャップアーティスト白縫ジュン。周りのみんなもすごく魅力的。

所々で「アカコとヒトミ」のやる漫才が書いてあります。アカコの物真似見てみたい。そしてアカコが歌う歌が面白い。誰か曲つけて歌ってくれないかなぁ。この本をドラマ化したら…と「勝手に配役」を決めて暫く楽しんでしまいました。アカコとヒトミは北陽でお願いしたい。
| 本:や行(山本幸久) | 22:25 | comments(16) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |
コメント
あー,あたしもななさんと同じく「映像化するなら北陽で!」と思ってました。2人の体型の感じ似てますよね。もしかしてこの作品のモデルになってるのかな…?
今まで読んだ山本さん作品では,あたしもこれが1,2を争うくらい好きです。これがデビュー作ってすごいですよね。ほんとであえてよかったです。いつも罵倒してるけどamazonに感謝♪(笑)
| mamimix | 2006/03/26 10:52 PM |
TBありがとうございます。やっぱり北陽ですかねぇ(笑)。でも、あのふたりコントで勝負してますかねぇ?
この作品がお好みなら、「落語娘」永田俊也もオススメです。なんせmamimixさんのお墨をいただきましたから、自信を持ってオススメできます。
| すの | 2006/03/27 8:19 AM |
TBありがとうございました。
北陽・・・ではないかもしれないけど、
ドラマ化か、映画化は、いつかしてくれそうな気がします。
好きな本の映像化には、たいてい嫌なんですけど、
これはぜひしてもらいたいなあと思いました。
やっぱり、歌が聞きたいです(笑)
| ゆうき | 2006/03/27 10:10 PM |
>mamimixさん
やっぱり北陽をイメージしますよね。
そう、体型の感じも二人がお互いを愛してる所も似てるんです。
amazonお勧めの本だったのですね。
なかなかやるじゃない!って感じですね。

>すのさん
どちらかと言えば、北陽はテレビタイプかもしれないですね。一度ライブを見ましたが、なんとなく「すべっちゃうんじゃないか」って心配しながら見ていました。がんばれ!がんばれ!って。
「落語娘」予約しました。楽しみ。

>ゆうきさん
北陽、ダメですか…
私も本の映像化はあんまり好きじゃないんです。
本は読んだ人それぞれが自分で勝手に想像してる世界があるので、それを壊して欲しくない。
だけど、これは見てみたい。
お笑いの人沢山登場させて、オンバトもやるの。
そうなるとNHKに製作してもらうしかないですね。
歌、聴きたいです。
| なな | 2006/03/28 1:50 PM |
私も「北陽」って思いながら読んだクチです。
いや、別に伊藤ちゃんが豆タンクだって意味じゃなくてですねっ!!(汗)

「幸福ロケット」→「笑う招き猫」の順番が私と同じでちょっとうれしかったです♪
| chiekoa | 2006/04/05 4:34 PM |
chiekoaさん、昔よく見てた「跳ねるのトビラ」ってテレビに出ていた伊藤ちゃんが「ユメコ」ってネットアイドルをやっていたのですが、それを思い出してしまって…
もう、これは北陽しかないなぁと。

「幸福ロケット」読んでから3ヶ月たちました。
二人が出てくる場面全然覚えていません。
ラジオの深夜放送を聴いてるコウモリが「好きなんだ」って言うんでしたっけ???
| なな | 2006/04/05 9:37 PM |
ななちゃん!北陽はダメよ!
伊藤ちゃんにアカコは出来ないって!
虻ちゃんはボケだし。

アカコは、28歳当時の一番良かったころの田上よしえにしてください!
ヒトミは身長を考えると静ちゃんだけど、ボケだからなー。
難しいところだ。

お笑いライブを観に行きたくなったよ。
| ゆうき☆ | 2006/06/06 8:59 AM |
ゆうき、北陽じゃだめ?
伊藤ちゃんが「ゆめこどぅぇっす」ってやってるイメージとダブったのよ。
田上よしえもそういえばそういうイメージあるね。

来年はお笑いライブ見に行きたいね。
あっゆうきが微妙か…
| なな | 2006/06/07 10:44 AM |
私はあまりお笑い詳しくないのですが、せいぜいエンタ見るぐらいで・・・。
アカコのその似ているという物まね、見てみたいですね。
私はこの作品の本筋よりも、頼子さんの鍋食べたい!!と逸れたところばかりに注目してしまいました。
乙さんの餃子も食べたい!!
| じゃじゃまま | 2006/06/16 9:05 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
私もここ数年お笑いは遠ざかってまして…
たぶんお笑いスキな友人「ゆうき」がダメというんだから
ダメなんだと思います。
鍋美味しそうでしたね。
| なな | 2006/06/16 9:50 PM |
こんばんは!
とっても楽しく読みました。
アカコとヒトミいいですね〜
駆け出しなのに、漫才に対するポリシーを持っていて、お笑いには詳しくないのですが、TV出演に対する考え方などはなるほどね〜と感心してしまいました。
それにしても、アカコとヒトミの歌は是非メロディ付きで聞いてみたいです♪
| エビノート | 2006/08/07 11:13 PM |
エビノートさん、こんばんは。

自転車に二人乗りして走る二人がとてもかわいいなって思いました。
歌、メロディーつきで聴きたいですよね。
映像化してくれたら面白そうなのに…
| なな | 2006/08/08 9:38 PM |
『幸福ロケット』を読んだ後に読んだんですが、
『幸福ロケット』でちょこっとでてましたね、アカコとヒトミ。
読んでる最中から皆さん言われているように
『北陽』がイメージされました。
実際のモデルは文庫本解説の『ラーメンズ』らしいですが。
でも、ほんと面白い作品でした。
| す〜さん | 2006/08/30 8:39 PM |
す〜さん、こんばんは。

私も「幸福ロケット」のあとにこの本を読んだのです。
確かコウモリが深夜ラジオを聴いているんですよね。

実際のモデルがラーメンズ?
へぇー
文庫本の解説をしているんですか?
へぇー
文庫本立ち読みしてきます!
| なな | 2006/08/30 9:17 PM |
これ、ドラマ化してもおもしろそうですよね。
「北陽」以外のななさんのキャスティングが、気になります♪
| june | 2006/08/31 12:00 PM |
juneさん、こんばんは。

ドラマ化よさそうですよね。
歌を聴いてみたいものです。
読んでいたときには勝手にキャスティングしていたんですけどね…忘れてしまいました(涙)
| なな | 2006/08/31 7:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/206
トラックバック
「笑う招き猫」 山本幸久
笑う招き猫posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.29山本 幸久集英社 (2004.1)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/03/26 10:51 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
「笑う招き猫」山本幸久(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、漫才、女性漫才コンビ、芸能界、青春、第16回すばる新人賞 表紙のイラストで損している。作品の内容はもっとのほほんとしたのんびりムード。ふたりのヒロインも、こんなギスギスした感じで
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/03/27 8:12 AM |
● 笑う招き猫 山本幸久
笑う招き猫山本 幸久 集英社 2003-12by G-Tools 面白かった〜!27歳の女漫才師コンビ・アカコとヒトミの、お笑いに賭ける1年間を描いています。設定はちょっと変わっているけど、別に奇をてらったわけではない、王道の青春小説です。 青春・・・と言っても20
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/27 10:06 PM |
笑う招き猫 [山本幸久]
笑う招き猫山本 幸久 集英社 2006-01-20 駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸人を殴り倒して大目玉。今はぜんぜんさえないけれど、いつかはきっと大舞台。体に浴びます大爆笑―
| + ChiekoaLibrary + | 2006/04/05 4:32 PM |
笑う招き猫
  『笑う招き猫』 山本幸久 2004年 山本さんの中で一番面白いとlastwaltzさんに教えていただいたので、 早速読んでみました。 うん!面白かった! 若手お笑いが大好きな私にはツボです。   「アカコとヒトミ」。   女漫才師の初舞台からの成長記。
| わすれるまえに | 2006/06/06 9:00 AM |
笑う招き猫 山本幸久著。
読み終わった瞬間の叫び! アカコ!!そんなに佐倉が好きなら結婚しなさい!!相方よりも自分だけの幸せを掴みなさい!! と心の中で叫んだ。 アカコとヒトミ、そりゃいいよ、漫才でずっと舞台に立ち続けたいって夢。人気も出てきたし、実力もあるんでしょうよ。 でも
| じゃじゃままブックレビュー | 2006/06/16 9:02 PM |
笑う招き猫 〔山本幸久〕
笑う招き猫 ≪内容≫ 新しくて懐かしい、国民的お笑い青春小説の誕生! 駆け出しの女漫才コンビがやりたい放題! しゃべって泣いて笑って、ついには唄まで歌いだす。 第16回小説すばる新人賞受賞作。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2006/08/07 11:00 PM |
笑う招き猫      〜山本 幸久〜
女漫才師「ヒトミとアカコ」のお話。 読んでいて、どうしても「北陽」がイメージされました。 読めば読むほど「ヒトミとアカコ」が「北陽」にしか見えてこなくて 困りましたが・・・。 ひょんなことからコン
| My Favorite Books | 2006/08/30 8:40 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
笑う招き猫 「今日何読んだ?どうだった??」のまみみっくすさんのオススメということで読んでみました。おもしろかったです!テンポがよくってアカコとヒトミと一緒にへこんだり、すかっとしたり、しんみりしたりしてしまいました。先の見える展開ではあるんですが
| 本のある生活 | 2006/08/31 12:13 PM |
笑う招き猫 山本幸久
笑う招き猫 この本は 「まったり読書日記」のエビノートさん の感想を参考にして読みました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 歌や漫才の設定に最初戸惑いを覚えましたが(はじめての作家さんでもあるし)、慣れてくるとスイスイ読めました。 主
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/10/06 3:10 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
タイトル:笑う招き猫 著者  :山本幸久 出版社 :集英社 読書期間:2006/11/21 - 2006/11/22 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 新しくて懐かしい、国民的お笑い青春小説の誕生!駆け出しの女漫才コンビがやりたい放題!しゃべって泣いて笑
| AOCHAN-Blog | 2006/12/03 6:55 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
笑う招き猫 (集英社文庫)(2006/01/20)山本 幸久商品詳細を見る これで山本幸久さん、コンプです。で、なぜデビュー作が最後まで残っていたのかと...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/19 7:25 PM |