CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「犬はいつも足元にいて」大森兄弟 | main | 「愛は苦手」山本幸久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「あねチャリ」川西蘭
JUGEMテーマ:読書


主人公は女子ケイリンで頂点に立つことを夢見る美少女。恋と友情、闘いと挫折……世界選手権の覇者だけが袖を通せる虹色ジャージをめざして美しく成長していく日々を溌剌と描く、超異色バイシクル・スポーツ小説。

川西さん、初読みです。「セカンドウインド」が気になっていたのですが読んでいません。

手首を故障してバレーボールを諦めた16歳の早坂凛は引きこもりになってしまった。そんな凛を外に出すきっかけとなったのが自転車。ママチャリで川沿いをサイクリングしていた凛が偶然出合ったのは元競輪選手の瀧口。凛は自転車の世界へと嵌っていく。
競輪の世界に女子はいない。たしかにそうだ。そして現在ケイリンという競技があるらしい。オリンピックの競技にもなっているとか。へぇ〜。

とにかく「爽快」な物語。主人公の凛が真っ直ぐなんです。辛いトレーニングも全然苦じゃない、自転車に乗って走っている時が幸せっていうのが伝わってきます。

成瀬亮との峠勝負が凛が競技ケイリンの世界へと深く入り込むきっかけとなってます。なんで泣くんだろう?って思ってしまったのですが、まぁ16歳の女の子ですからね。

たんぽぽ荘の管理人となってバン爺や小百合さん、亮と一緒に生活をするのですが、お嬢様のような小百合さんとのやり取りが面白かった。競輪選手で、当初凜を疎ましく思っていたシーサーこと志井さんもあとからは心強い応援団になってます。

ロードバイクやピストがどういうのか、違いは何なのかはわからなかったけど、それでも十分に楽しめました。
| 本:か行(その他の作家) | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック