CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「としょかんライオン」ミシェル・ヌードセン | main | 「あたしはビー玉」山崎ナオコーラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「トワイライト 4」ステファニー・メイヤー
ステファニー ・メイヤー
ヴィレッジブックス
(2009-11-11)

ステファニー ・メイヤー
ヴィレッジブックス
(2009-11-11)

JUGEMテーマ:読書


「ぼくたちは結婚します。この世のなによりベラを愛している…」エドワードとベラの婚礼の日がやってきた。古風なウェディングドレスに身を包みヴァージンロードを進むベラを、エドワードの優しい微笑みが迎える。あらゆる壁を乗り越えて愛をつらぬいた二人はついに結ばれた。花嫁となったベラは吸血鬼への転生を待つのみ。しかし新婚旅行で訪れた南の島で、だれにも予想できない出来事が襲う。永遠の愛を目前にして、二人の魂は引き裂かれてしまうのか…。禁断の恋から生まれた究極の純愛ストーリー。このヴァンパイア・ラブのゆくえは―。

とうとう「4」です。夢中になって読んでしまうのはわかっていたので、電車の中では読まないようにしました。でも、仕事に行く前の5分間だけ!って思って読んでいて、うっかり電車に乗り遅れそうになった。

それにしても上巻の薄さにビックリしましたよ。そしてこれで最後まで…って思ってたら「トワイライト検〆能章に続く」って書いてあってさらにビックリ。最終章はまだ出ていないんですね。慌てて「トワイライト12」「13」を予約しました。

上巻は結婚式とハネムーン。すごく豪華で素敵な結婚式の後に待っていたハネムーン。リオデジャネイロから船で行くエズミ島ってなんですか?この家族、どれだけお金持ちなんだろう。でも南の島で冷たいエドワードと一緒。すごく快適そうです。そして、その素敵なエズミ島でベラが待ち望んでいた初めての日。羽毛枕を引きちぎるだの、ベッドのヘッドボードから木の塊りを削り取るだの。エドワードのパワーってやっぱりすごいのね。幸せな日々って思っていたら、ベラの異常な食欲や吐き気など…妊娠??処置をしようと慌てて帰ろうとするエドワード。だけどベラには母性が目覚め…ってところで終わりました。

下巻に入ったら語っているのはジェイコブ。ベラが帰ってきたのに調子が悪いとチャーリーも会わせてもらえない。様子を見に行ったジェイコブが見たのは、目の下にくっきりとしたくまを作りやせ細っているベラ。ものすごい勢いで育っているベラの中の赤ちゃんがベラの命を奪おうとしている。ベラはロザリーに頼んでお腹の中の子どもをなんとしてでも守ろうとしている。エドワードはジェイコブにベラを説得してくれるようにお願いする。ラプッシュではサムを中心とする群がベラのお腹の中の子が危険な存在だといい、カレン家を襲撃するという。ジェイコブはボスであるサムの命令に背き、一人でベラとカレン家を守ろうとする。セスとリアがジェイコブについてきた。ベラのお腹の子はどんどん大きくなり、ベラは衰弱していく。ベラに残された時間はあと数日…

今回はエドワードが情けない。衰弱しながらも自分の意思を通すベラを苦悩しながら見ていることしか出来ない。とにかく赤ちゃんが大切なロザリーがいて、何も出来ないって感じです。

お腹の中の子は堅いからに守られいてエコーで見ることも出来ない。お腹の中から蹴られたら痣になったり、骨にヒビが入ったり。その出産シーンは本当に血なまぐさかったです。

ベラが産んだ女の子レネズミ(レネとエズミをあわせてらしいけど、日本語にしたらどうしたって「ねずみ」を想像してしまうんだけど…)を殺そうとしたジェイコブがレネズミを見た途端に感じた気持ちって「刻印」なのかしら?そして心臓が止まり、エドワードが一生懸命処置しているベラは希望通り吸血鬼になったってことだよね??

続きが気になります。

| 本:海外の作家 | 20:59 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |
コメント
分かります〜!
私も図書館で13巻予約したましたもん。(笑)
4部作なんて言いながらも4部の続きの最終章まで引っ張るところが商魂逞しい日本人らしいですよね〜!!
いつになったら最終章出るんでしょうか。

レネズミは、やっぱりネズミですよね。(爆)

それにしても上巻、何度も何度も読み返しましたよね。ああ〜〜〜、いいなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。(笑)
| じゃじゃまま | 2010/03/23 8:00 PM |
じゃじゃままさん、ですよね!
こんな中途半端なのはナシにして欲しいです。
上巻はものすごく楽しめますが
上下巻を1冊にしたっていけたような気がします。

上巻はドキドキしますよね。
目がハートになりっぱなしでした。
| なな | 2010/03/23 9:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
トワイライト? BREAKING DAWN ステファニー・メイヤー著。
≪★★★★★≫ すでに(まさかこの歳で)トワイライターズの私にとって、トワイライト関連はすべて五つ星になってしまう〜〜。 映画【ニュームーン】では不満がふつふつと煮えたぎっておりますが、それはさておき、一応完結篇になるはずの小説。 なのに!これで終わら
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/03/23 7:52 PM |