CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「俺、リフレ」ヒキタクニオ | main | 「空色メモリ」越谷オサム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「シアター!」有川浩
JUGEMテーマ:読書


小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

今回は小劇団の世界。小劇団のあれこれがわかって面白かったです。役者さんは自分の劇団からはギャラが出なかったり、人気があるのに収入がなかったり、舞台監督や照明などの技術を持った専門家が必要な事など。へぇ〜って何度も思いました。

300万の借金を肩代わりし、2年間の条件をつけながら劇団に深く関わる司と、その弟で劇団主宰の巧、そして人気声優だけど「シアターフラッグ」に入団した羽田千歳などを中心に劇団員達の奮闘振りが描かれています。

声優として有名な千歳の子どもの頃からのコンプレックス。巧のことをひそかに想い、自分が巧をかえるきっかけにならなかったことを悔やんでいる牧子。牧子のことを一途に思う石丸。巧の気持ち。それぞれがすごく面白いのです。

でも、なんと言っても司です。弟の巧が父親と同じ演劇の道に進んだことを「よし」と思っていない。だけど、いじめられっ子だった巧を救ったが演劇だったということもわかっている。借金が300万あると泣きついてきた巧に「300万貸すから、2年で返済しろ。出来ないなら「シアターフラッグ」は解散」と言い渡すのです。そしてそんな厳しいことを言いながらも、社会人の視点でシアターフラッグの次の公演に向けていかにして利益を出すかを考えるのです。劇団メンバーに影で「黒幕・鉄拳宰相」と呼ばれ、知名度の高い羽田千歳を前面に出し恨まれもするのですが、劇団に対する愛を感じることが出来るんですよ。

雑誌のインタビューでへこんだ千歳の元に慌てて飛んできたと思ったら、吐き出すだけ吐き出させて優しい言葉はかけない。だけどして欲しいことはしてくれる。有川さんの描く男の人って本当にかっこいいです。そして怒ると「吊るすぞ」なんて言葉を言うところが、これまた有川さんが描く男の人っぽいんだよね。

司のあの手この手の戦略により、初めての公演は完売の日も出るほどの盛況ぶり。最終日はちょっと残念でしたが、この先シアターフラッグはやってくれるんだろうなっていう終わり方がよかった。

| 本:あ行(有川浩) | 22:56 | comments(11) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |
コメント
ベタ甘はなかったけれど面白かったです!

私の友達も小劇団でずっと活動をしていて、下北沢に観にいった事があります。
物静かな彼女が別人のように舞台で立ち回るのを見て演劇ってすごい魅力(魔力?)があるのかも‥って感じました。

司、良かったですね〜
クールなのに弟想いな所が特に良い!
司、巧、千歳は三角関係?なのかな??
あ、牧子も絡むともっと複雑?
スピンオフ作品期待です。
| たまま | 2010/03/18 9:11 AM |
こんばんわ。
TBさせていただきました。
私は小劇団の舞台って観た事がないので、新鮮でした。
やっぱりなかなかお金にならないんですね〜

司が1番まともで、カッコイイなと思いました。
やはり社会人ですから、厳しいってみんな言いますけど、当たり前だなと思いましたし。
三角関係なんですかね^m^
ぜひとも続編を出してほしいものです。
| 苗坊 | 2010/03/18 9:50 PM |
☆たままさんへ

そうそう、ベタ甘じゃないけどやっぱり有川さんはいいですよね。
登場人物の背筋がピンと伸びてるって感じ。

司、巧、千歳はやっぱり三角関係?
千歳はどちらに魅力を感じるのか???
この後の展開が気になりますよね。

高校の同級生が演劇の世界に嵌ってましたが
高校の頃から「魔力」に取り付かれてた様な気がします。

☆苗坊さんへ

小劇団の舞台、私も観た事がないです。
イメージとしては難解な感じ。
「シアターフラッグ」のような感じだったら
観てみたいです。

司のかっこよさって有川さんらしいかっこよさですよね。
厳しくて優しい。
続編、読みたいですね。
| なな | 2010/03/18 9:57 PM |
これは続編期待したい作品でした。
自分も良く舞台を観にいくんですけど、
なんか、舞台に立ってる人が
羨ましくなるときもあります。
それだけ魅力のある世界なんだろうな、と。
この作品でまた有川さんのことも
舞台のことも好きになりましたよ。
| す〜さん | 2010/03/20 10:27 PM |
す〜さん、こんにちは。

す〜さんは舞台を観にいらっしゃるんですね。
あっち側に混ざりたくなる気持ちってわかるような
気がします。
| なな | 2010/03/21 10:05 AM |
ななさん、こんばんは。
一気に幕開けからカーテンコールまで
駆け抜けた感じであっという間に読んでしまいました。
兄の司が光っていましたね〜。
もういまや彼も立派なシアターフラッグの一員ですね。
続きがあるのでしょうか?楽しみです。
| Spica | 2010/03/30 9:55 PM |
Spicaさん、こんばんは。

面白い本はあっという間に読み終わってしまって
あぁ、もっと世界にひたっていたかったなぁって
思いますよね。

いつか続編でみんなに出会えたらいいですね。
| なな | 2010/03/31 8:27 PM |
ななさん、こんにちは。
有川さんにしちゃ〜ベタな恋愛部分が控えめでしたが、とても面白く読めました。
続編、私も是非読みたいです。
もし続編があるとしたら、今度は2組くらいの恋愛部分も書いてくれそうな予感です。
| latifa | 2010/04/12 3:16 PM |
latifaさん、こんばんは。
ベタ甘はなかったですけど、司なんて有川さんが書く
素敵な男子そのものでしたよね。
続編、私は春川兄弟の間で揺れる千歳って展開があるんじゃないかなって期待してます。
| なな | 2010/04/12 9:52 PM |
ベタ甘がなくてちょっと物足りない感じです。(笑)
私個人としては芸能界で頑張ってる千歳は、価値観的には巧の方に近いけど、男性としての魅力は司に軍配で、司とくっついて欲しいですね。(笑)

続編読みたいですね。
いい歳して兄に甘えまくってる巧、イラッときます。(爆)
| じゃじゃまま | 2010/07/12 12:32 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

ベタ甘はなかったけど、司が有川さんが書く「男の人」っぽくて、私が司にほれました。

続編、きっといつか読めるはずと信じてます。
| なな | 2010/07/12 10:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2044
トラックバック
シアター! 有川浩
シアター! (メディアワークス文庫)クチコミを見る オススメ! 小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた… そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円! 悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。 司は巧にお金を貸す代わりに「2年
| 苗坊の徒然日記 | 2010/03/18 9:48 PM |
シアター   〜有川 浩〜
舞台観賞が趣味になってしまった自分には まさしく素晴らしい小説でした。 小劇団ならでは悲哀。 小劇団の舞台を見に行くと 観客の中に...
| My Favorite Things | 2010/03/20 10:27 PM |
「シアター! 」有川浩
年末に読んだ本の感想、ぼちぼち書いていきます。 まずは、有川浩「シアター!」から。 夜中の仕事で寝不足だったのですが、読み始めたら途...
| 心に残る本 | 2010/03/22 9:29 AM |
有川浩 「シアター!」
シアター! (メディアワークス文庫)(2009/12/16)有川 浩商品詳細を見る 有川さんが描く弱小劇団物語と聞いては買いに走るしかありません! 祝メデ...
| ホシノ図書館 (本と映画の部屋) | 2010/03/30 9:55 PM |
「シアター」有川浩 感想
面白かったです。劇団とかってあまり興味が無いので、大丈夫かなあ・・・と思ったのですが、劇団の裏事情などが解ったりして、面白く読めました。
| ポコアポコヤ | 2010/04/12 3:14 PM |
「シアター!」 有川 浩
借金だらけの小劇団・シアターフラッグの存亡をかけた挑戦が始まる。劇団主宰の弟・巧に泣きつかれ、まっとうな社会人の兄・司が出した条件は借金の肩代わりの変わりに、2年で返済すること。それができなければ劇団を解散させるというものだった。 泣き虫で末っ子気
| 日々の書付 | 2010/04/21 12:51 AM |
「シアター」有川浩
「シアター」有川浩(2009)☆☆☆☆★[2010030] ※[913]、国内、現代、小説、アマチュア劇団、兄弟、ブラコン、声優 人見知りの激しい引っ込み思案の三つ年下の弟、巧は物心ついた頃からずっといじめられっ子だった。そんな巧が唯一気兼ねなく遊べるのは、古びた戦
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2010/04/21 9:00 AM |
シアター! 有川浩著。
≪★★★☆≫ 文句なしで面白いし、読みやすかった。 有川氏なので、ついついベタ甘を期待してしまっていたので、それが少なめで正直がっかり。 でも、読みやすくて、劇団事情など面白く読めた。 いじめられっ子だった弟が劇団に入ったことにより人生の転機を迎える。
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/07/12 12:29 PM |
本 「シアター!」
お正月休みなので、読書も進みます。 さて今日ご紹介するのは、有川浩さんの最新作「
| はらやんの映画徒然草 | 2010/10/10 10:38 PM |
「シアター!」 有川 浩
シアター! (メディアワークス文庫)/有川 浩 ¥641 解散の危機が迫る小劇団「シアターフラッグ」 そこそこ人気はあるが、何せお金がない。積もり積もった負債はなんと、300万円。 巧は兄に泣きつき、貸してもらえることになった。しかし・・・ 「2年
| じぶんを たいせつに。 | 2012/03/26 11:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2015/02/25 6:19 PM |