CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「死神の精度」伊坂幸太郎 | main | 「黄色い目の魚」佐藤多佳子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「世界中が雨だったら」市川拓司
世界中が雨だったら
世界中が雨だったら
市川 拓司


本の帯に「ここにいるのはもうひとりの僕です。」「ここにあるのは、僕の永遠のテーマです。」って書いてあります。3つの短編。今まで読んだ物とはちょっと違う印象。
「琥珀の中に」
「世界中が雨だったら」
「循環不安」

3つの話はそれぞれ設定は違っているけど、世の中にうまく溶け込む事が出来なくて、そして愛を切望している。市川さんのブログを読んでいたからなのかもしれないけど、何となく市川さんの経験した、つらい気持ちがいろんな所にちりばめられているんだろうなって思いました。

誰にも助けを求めず、求められず、取り返しのつかない所に一歩一歩進んでいく。一瞬「ちょっと待って」と立ち止まろうとするんだけど、すぐにあきらめてしまう。「誰か、助けてあげて下さい」ってお願いしたくなります。救いのない話だけど、その中にもホッとする場面もありました。

「世界中が雨だったら」は市川さんが昔HPで発表した作品らしい。よくお邪魔するHPやブログには小説を書いていらっしゃる方が沢山います。その人達の作品もいつか本になったら素敵なのにって思いました。
| 本:あ行(市川拓司) | 23:29 | comments(8) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 23:29 | - | - |
コメント
こんばんは。
帯文の「震えがくるほど 切なく、悲しく、やるせない。」
とありましたが、私には、やるせないと言う思いだけが残りました。次回を期待します。
| モンガ | 2006/03/26 12:17 AM |
モンガさん、こんばんは。
どこにも逃げ場のない、追い詰められた気持ち。
私は甘い市川さんも好きですが、こういう物語もきらいじゃないです。
| なな | 2006/03/26 10:46 PM |
ななさん、こんにちは ^^
この本は、綺麗な装丁と内容のギャップが大きくて驚きました。
「世界中が雨だったら」のいじめられっこの気持ちには
共感できる部分もありましたが・・・
| tamayuraxx | 2006/04/12 8:46 PM |
tamayuraxxさん、こんばんは。
市川さんは初期から読んでいるのですが、
これはびっくりしました。
そして私は嫌いではないです。
| なな | 2006/04/12 11:29 PM |
ななさん
こんばんは〜。やぎっちょです。
TBはらせていただきました!
市川さんのような方でも昔は細々?とHPに公開していたのですね〜感慨深いなぁ★
| やぎっちょ | 2006/06/24 10:41 PM |
やぎっちょさん、こんにちは。
そうなんです。市川さんHPで小説を公開していたようです。そうやって有名になっていく方っていらっしゃるんですよね。
| なな | 2006/06/25 3:53 PM |
表題作の「世界中が雨だったら」の少年の選択が悲しくて・・・。両親にもクラスメートにも受け入れられない、そんなことがあっていいのかと、暗くなってしまいました。
| じゃじゃまま | 2006/12/13 9:47 AM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

「世界中が雨だったら」は悲しかったですね。
誰か助けてあげて!って。
| なな | 2006/12/14 7:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/204
トラックバック
世界中が雨だったら
64 ★★☆☆☆ 【世界中が雨だったら】 市川拓司 著  新潮社 《この本に作家自体満足しているのだろうか》 帯文の『ここにいるのはもうひとりの僕です。』と出ているが、今までの本の内容と違っていた。私には、ちょっとこれーなーにと言った感じでした。作
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/03/25 11:56 PM |
[本]市川拓司「世界中が雨だったら」
世界中が雨だったら 市川 拓司 / 新潮社「琥珀の中に」「世界中が雨だったら」「循環不安」の3編を収録。 「いま、会いにゆきます」(実は未読・・・)と同じ著者の本ですが、 かなりイメージと違う内容で驚き。 「琥珀の中に」 高校のクラスで男子に一目置か
| Four Seasons | 2006/04/12 8:35 PM |
世界中が雨だったら 市川拓司
世界中が雨だったら ■やぎっちょ評価コメント 短編3話からなる物語です。市川さんといえば、何といっても「いま、会いにゆきます」と「恋愛寫眞」だなと思うのです。ので、ちょっと特別なルールのある恋愛。 でもこの小説はひとつめの短編「琥珀の中に」を除くと恋
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/06/24 10:52 PM |
世界中が雨だったら 市川拓司著。
今までの市川氏を想像していたので、ミステリなの?とびっくりしてしまった。サスペンスというべき? もっと温かなしんみりと染みるような恋愛を想像していたので、これって「世にも奇妙な物語」とかなりそうじゃない? 「琥珀の中に」は、学校の男の子の憧れのシンボル
| じゃじゃままブックレビュー | 2006/12/13 9:46 AM |
世界中が雨だったら(市川拓司/著)
久々市川 拓司氏の新作、登場です…
| 活字中毒のブックレビュー | 2007/05/28 4:20 PM |