CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ミート・ザ・ビート」羽田圭介 | main | 「お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣」金子由紀子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「カッコウの卵は誰のもの」東野圭吾
JUGEMテーマ:読書

 
スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そんななか、緋田父子の遺伝子についてスポーツ医学的研究の要請が……。さらに、風美の競技出場を妨害する脅迫状が届く。複雑にもつれた殺意……。初出バーサス2004年10月〜、小説宝石2006年12月〜2008年2月号。

とにかく面白くて、あっという間に読み終わりました。

主人公の緋田は元社会人スキー選手だったが、現役時代の成績はまずまずと言った所。現在はスポーツクラブで働いている。娘の風美は父親と同じようにスキー選手となり、今後が期待されている。

風美が所属する新世開発のスポーツ科学研究所の副所長の柚木は遺伝子からスポーツに向いてる人間を発掘し早期に最適な指導をして優秀な選手を育てるための研究をし、元登山家の息子鳥越伸吾をスカウトし、クロスカントリー選手にするために日々トレーニングをしている。

鳥越伸吾は高校に入ったらギターを買いたかった。アーティストになりたかったのだ。だが、職のない父のため自分の為にクロスカントリーをするしかなかった。

柚木は緋田と風美に遺伝子検査をして欲しいとお願いしている。ところが柚木には遺伝子検査を受けることが出来ない理由があったのだ。

そして新世開発に風美をワールドカップに出場させるなとの脅迫状が届く。
緋田の妻は風美が2歳の時に自殺をしている。そして最近、妻の荷物の中から妻の実家・長岡の19年前の新聞の切抜きが見つかった。「乳児連れ去り」の文字を読んだ緋田はもしかしたら…と思い、妻が出産したと言ってた病院に問い合わせたところ、妻は出産などしていないことがわかった。自分がヨーロッパ遠征に言ってる間に流産していたらしいのだ。だからこそ柚木の依頼を受ける訳にはいかない。そんな時、新潟から一人の男が話があるとやってきた。その男上条こそ風美の父親だと思われるが、上条は持って来た血判の血と風美の遺伝子を鑑定して欲しいと言う。風美の元を訪れた上条は乗っていたバスが事故にあい、意識不明の渋滞に。自分のファンだといってくれた上条の様態を気にする風美。上条には病気の息子がいるという。

緋田が風美に対して思う親心。妻がした事を知った時点で警察に届けなければいけなかったのに、妻を犯罪者にすること、風美を失うことが怖くて出来なかったということ。上条がやってきて焦る気持ちもわかります。上条の妻と風美が似ていないってわかった時点で、じゃあ風美は愛人の子じゃないかしら?って言うのは想像できました。

鳥越のクロスカントリーに対する気持ち。スキーの才能があるって言われても、才能はなくても自分の好きな事をするほうが幸せなんじゃないかなって思ったのですが、合宿所を去り際に「スキーは嫌いではなかった。人生を決められたことに抵抗があったのだ」って言ってました。コーチなんかがもっとちゃんと話していればよかったんじゃないかしらね???

上条の息子も絡んできてのラスト。まぁ、予想通りではありましたが面白かったです。
| 本:は行(東野圭吾) | 21:11 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |
コメント
面白かったけれど、途中から先がよめてしまったところが残念。

最後まで読み終えると、緋田の妻の自殺の動機が弱くなってしまったような気もしました。
上条親子も悲しい‥

鳥越くんが自分の意思でスキーをまたやりたくなるといいな〜
| たまま | 2010/03/15 9:24 AM |
たままさん、こんばんは。

そう、私にでさえ先が読めちゃうんだから
物足りなさを感じる人は多かったのかも。

そうそ。緋田の妻、最後まで読むと
どうして自殺する必要があったのか?って考えちゃいます。

鳥越くん、スキーを始めたらすごい選手になるんでしょうね。
| なな | 2010/03/15 9:18 PM |
伊豆は楽しかったですか?

伸吾は決められたのが嫌だったんですよね、なんか分かるな〜。いつか自分の意思で始めてくれるといいですね。
緋田の妻、みなさんの同じように感じてたってことが分かって嬉しいです。
ちょっと強引ですよね。
| じゃじゃまま | 2010/07/31 12:47 AM |
じゃじゃままさん、おはようございます。
夏休みはイベントが多く、伊豆も遠い過去(笑)

伸吾、いつか自分で始められたらいいなって感じですよね。才能は十分持っているんだから。
| なな | 2010/08/01 9:57 AM |
こんばんは。ようやく読めました。
面白かったです。
読む手が止まりませんでした。
ただ、ななさんもおっしゃるように緋田の奥さんは自殺する必要があったのかとか、ちょいちょい気になる部分はありました。
でも、最後が前向きでよかったかなと思います。
伸吾がまた自分からスキーがやりたいと思ってくれたらいいですよね^^
| 苗坊 | 2011/05/16 9:59 PM |
苗坊さん、こんにちは。
テンポよく物語が進み、面白かったですね。
伸吾、才能があるのはわかっているんだから
後は気持ちだけですもんね。
| なな | 2011/05/18 12:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2036
トラックバック
カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾著。
≪★★★☆≫ 才能は遺伝なのか。 トップアスリートの遺伝子を受け継げば、カエルの子はカエルで運動能力が高いのではないか。 そのために新世開発スポーツ科学研究所の副所長である柚木は、元オリンピック選手を父に持つ緋田風美の遺伝子の組み合わせに興味を持ち、そ
| じゃじゃままブックレビュー | 2010/07/31 12:43 AM |
カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾
カッコウの卵は誰のもの著者:東野 圭吾光文社(2010-01-20)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2 ...
| 苗坊の徒然日記 | 2011/05/16 9:51 PM |
カッコウの卵は誰のもの  東野 圭吾
カッコウの卵は誰のもの 父親はスキーの元日本代表、 彼には同じスキーヤーである、 風美という娘がいる。 彼女の母親、智代は、 風美が2歳になる前に 自ら命を断っていた。 父親である緋田は風美の母、 智代の遺品から、 風美の出生の秘密を知ってしまう。 そん
| 花ごよみ | 2012/09/11 9:13 PM |