CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ホノカアボーイ | main | 「ミート・ザ・ビート」羽田圭介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「太陽の村」朱川湊人
朱川 湊人
小学館
(2010-01-28)

JUGEMテーマ:読書


ハワイ帰りの飛行機事故。目が覚めると、そこはド田舎の村。電気・ガス・水道なし。金太郎、桃太郎に仮面の男。田おこし、年貢、人身御供に仇討ち!?本当にどうする俺?フリーターが遭遇した究極の問い。著者新境地のノンストップ・エンタテインメント。

読んでる途中で「あれ?朱川さんの本だよね???」って思って確認してしまうくらい、朱川さんっぽくない物語です。どちらかと言うと奥田英朗さんっぽいって思ってしまったのは「オイアウエ漂流記」を思い出したからかしら。

主人公はオタク系のデブ・坂木龍馬。いやいやながら参加した父親の退職記念ハワイ旅行の帰りの飛行機が事故にあい、気がついたときには海岸に打ち上げられていた。そこは電気もガスも水道もなく、村人たちはみんな映画『七人の侍』のエキストラみたいな格好をしていて、言葉は通じても話が通じない。これはもしかしたらタイムスリップしてしまったか?と焦る龍馬。引きこもりのオタクだった龍馬が田起こしをし、地頭に命を狙われ、村長を助けるために地頭の城に乗り込む!
ドタバタと漫画のような雰囲気で物語りは進みます。小ネタ満載で、龍馬が村人達にツッコミを入れるところが面白くて、ニヤニヤと読みました。そこら辺が楽しめたらこの本は楽しめるだろうけど、「つまらない」って思ったら全然魅力のない本になりそう。

とにかく変わった村なのです。地頭の佐宗八百万(やおろず)に二人の弟、気が荒いの此世介(このよのすけ)と仮面を被り神秘の邪術を弄する阿世介(あのよのすけ)村の子どもは桃太郎、金太郎に寝太郎。桃太郎の師匠・辺子谷流星丸は龍馬が子どもの頃見ていた特撮番組を思い出させる顔。

江戸よりも前の時代にタイムスリップしてしまったのでは?と思う龍馬。「走れメロスのような心境で」と言ったところで相手には通じません。そして龍馬は語り部となって村人達を喜ばすのです。ところが地頭がどうみても外人だったり、山小屋の近くで煙草の吸殻を見つけてしまうのです。何が起きてるのか?ここはどこなのか?どんな結末が待っているのかとワクワクするのですが、最後がちょっと急ぎすぎって感じはしました。あまりにもとんとん拍子に進んでいったので、読み終わった後「そんなバカな!!!」ってツッコミを入れたくなりました。

あっという間にネタを明かされ、「さぁ、どうするのか?」と選択を迫られる龍馬。124キロあった体重は粗食と田起こしで多分痩せたし(鏡がないから確認は出来ないらしい)浦さんの存在も気になる。最後の最後に龍馬がくだした決断は…
| 本:さ行(朱川湊人) | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/2034
トラックバック
『太陽の村』
 朱川 湊人  小学館  どんだけオタクなんだこの人。 「アンデレスホリゾント」から(つかウルトラマンメビウスの「怪獣使いの遺産」「ひとりの楽園」から)入った俺は、こういう人なんだと思っていたが、いくつかブログを見て回ったところでは、氏の作品の中では珍
| blog mr | 2010/07/08 7:43 AM |