CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「黄色い目の魚」佐藤多佳子 | main | 「ひみつの植物」 藤田 雅矢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「さくら」西加奈子
さくら
さくら
西 加奈子


東京で下宿している大学生、22歳の長谷川薫。3年間家を出ていた父親から手紙が来て年末に帰省する事にした。実家に帰った薫。ぎこちない家族。薫が3歳の時、美貴が生まれたときからの長谷川家の歴史を辿ってゆく。かっこよくてみんなの注目を集める兄の一。きれいなのに乱暴な妹の美貴。愛し合ってる両親。そこにいつもいる犬のさくら。

とても温かな家族。成長してゆく過程で経験する、色々な事、親の喧嘩、初恋、初体験などが沢山描いてある。温かなんだけど、暗い影もある。兄の事故以降、幸せだった家族がバラバラになってしまい、それを誰も止められない。

きれいなのにそんな事に全然興味がない美貴。大晦日、具合の悪いさくらを病院に連れて行く時に美貴が言った言葉はジーンときます。犬が尻尾を振って喜ぶシーンが何度も出てくる。あとがきを読んで、著者の飼い犬に対する愛情が理解でき、さくらが尻尾を振って喜ぶシーンが何度も出てきた訳がわかった。

これは多分私の文章読解力のせいなんだと思うけど、時々意味がわからない文章があったり、犬のさくらが普通に話してるのに違和感がありました。文章の一つひとつは共感できたり、すごいうまい表現だって思える所が沢山あったのに、全体を通して考えると、長い事図書館の予約待ちをした割には…と言う本でした。犬が好きな人には又違う印象なのかしらね。
| 本:な行(その他の作家) | 22:22 | comments(4) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |
コメント
こんにちは。
サクラがとってもかわいかったですね^^
こんな犬がほしいなぁとも思います。
家族に関しては、特徴がありすぎてついていけない部分があって、好きになれませんでした。。。
兄弟の小さいころのシーンは好きなんですけどね。かわいくて^^
| 苗坊 | 2006/09/15 3:20 PM |
苗坊さん、こんばんは。

途中からドドーンと暗くなりましたよね。
子どもの頃の兄弟はかわいいですね。
さくらと出会うシーンは大好きで、今でも覚えてます。
こんなに物忘れの激しい私が覚えているんだから驚きです。
| なな | 2006/09/15 10:35 PM |
犬好きですが・・・
あんまり好きにはなれない話でしたね。
さくらが喋らなければ
さくらとのシーンはぼくも好きです。
| す〜さん | 2006/09/16 10:07 AM |
す〜さん、おはようございます。

この本は雑誌や本屋さんで大絶賛ですよね。
図書館で予約してから随分長い事待ちました。
その割には…だったのです。

さくら、かわいいんですけどね。
さくらの喋りが唐突で「誰?」なんて思っていました。
| なな | 2006/09/17 8:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/203
トラックバック
さくら 西加奈子
さくら 長谷川薫は22歳。家族と離れて東京で暮らしている。 その家族から、手紙が来た。 「年末に帰る」という父の手紙。 薫は2年ぶりに、実家に帰る事になった。 実家に帰ると、12歳のおばあちゃんになった犬のサクラが待っていた。 サクラを散歩しながら、兄弟
| 苗坊の読書日記 | 2006/09/15 3:21 PM |
さくら    〜西 加奈子〜
う〜〜ん散漫、ってのが感想です。 感動できる!なんて書評があったり、周りの人間も これ感動するよ!なんて言い合っていましたが、 正直「どこが?」って聞き返したくなるような作品でした。 いや、面白くない
| My Favorite Books | 2006/09/16 10:07 AM |
「さくら」西加奈子
さくら西 加奈子 (2005/02)小学館 この商品の詳細を見る 僕こと薫、もてもてでヒーローだったお兄ちゃん、きれいで暴力的な妹、両親。 そして犬のさくらを加えた長谷川家。お兄ちゃんの恋、僕の初恋、妹の変わった友達。 そ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/16 5:29 PM |
さくら<西加奈子>−(本:2007年48冊目)−
出版社: 小学館 (2005/02) ISBN-10: 4093861471 評価:90点 なんだかもの凄くかっこいいけれど、もの凄く悲しい家族の物語。 でも、もの凄くあったかくて、それでいてもの凄く切ない。 最高にかっこよくて学校でモテまくりだった自慢の兄ちゃん。 誰もが振
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/05/11 10:42 PM |
「さくら」西加奈子
「さくら」西加奈子(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、家族、青春、犬 ※少しネタバレあり。未読者は注意願います。 この一、二年名前を見かけるようになった作家、西加奈子のデビュー作「あおい」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/49519550.
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/10/04 1:04 PM |
西加奈子「さくら」 愛のある嘘。
最近、 真実はどうでもいい(しつこい) にしえみですが、 またしても とても気になる一文をみつけました。 はい、 読書の秋です。 物思いにふける秋ですよ。 「さくら」西加奈子 絵にかいたような幸せな家族+犬(サクラ)が とあることで 絵に
| 末っ子長女にしえみのイラスト日記 | 2007/11/19 9:29 PM |
さくら 西加奈子
さくら ■やぎっちょ書評 ちょうど本屋さんで文庫本を見つけました。図書館で単行本を借りた後だったので、全く説明のできない「なんとなく」気分で損した気になりました。。。 以前から表紙とタイトルがなんか気になっていたのですけど、なかなか触手が伸びませんで
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/12/23 7:25 PM |
さくら/西加奈子
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/3/25〜2008/3/27 [BOOKデータベースより] ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四か月で死んだ。超美形の妹・美貴は、内に篭もった。母は肥満化し、酒に溺れた。僕も実家を離れ、東京の大学に入った。あとは、見つけてきたとき
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/04/05 12:23 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/01/26 3:45 PM |